「ウズベキスタン・ヒヴァ」 室橋裕和【越えて国境、迷ってアジア アーカイブ(中央アジア編)#71】トルクメニスタンとの国境間近にまで迫るも越境は叶わず、生きている遺跡都市へ!の画像001
ミズダル・ハーン遺跡からトルクメニスタンが広がる方向を望む。運転手の背中が煤けている(1/6)
「ウズベキスタン・ヒヴァ」 室橋裕和【越えて国境、迷ってアジア アーカイブ(中央アジア編)#71】トルクメニスタンとの国境間近にまで迫るも越境は叶わず、生きている遺跡都市へ!の画像002
ヌクスからトルクメニスタン国境沿いに荒野を走る。トイレ休憩では地平線に目標を定める(2/6)
「ウズベキスタン・ヒヴァ」 室橋裕和【越えて国境、迷ってアジア アーカイブ(中央アジア編)#71】トルクメニスタンとの国境間近にまで迫るも越境は叶わず、生きている遺跡都市へ!の画像003
到着した街は中世そのままのたたずまいだった。ここは遺跡でもあり、人が生き、暮らしている現役の街でもある(3/6)
「ウズベキスタン・ヒヴァ」 室橋裕和【越えて国境、迷ってアジア アーカイブ(中央アジア編)#71】トルクメニスタンとの国境間近にまで迫るも越境は叶わず、生きている遺跡都市へ!の画像004
こちらは昼間のパン&雑貨売り婆さん。乳母車がトレードマークだ(4/6)
「ウズベキスタン・ヒヴァ」 室橋裕和【越えて国境、迷ってアジア アーカイブ(中央アジア編)#71】トルクメニスタンとの国境間近にまで迫るも越境は叶わず、生きている遺跡都市へ!の画像005
観光地なので土産物屋も並ぶが、住民のための商店もたくさん。数百年前とあまり変わっていない景色かもしれない(5/6)
「ウズベキスタン・ヒヴァ」 室橋裕和【越えて国境、迷ってアジア アーカイブ(中央アジア編)#71】トルクメニスタンとの国境間近にまで迫るも越境は叶わず、生きている遺跡都市へ!の画像006
高さおよそ50メートル。ミナレット(尖塔)のてっぺんから見下ろすヒヴァ旧市街(6/6)
「ウズベキスタン・ヒヴァ」 室橋裕和【越えて国境、迷ってアジア アーカイブ(中央アジア編)#71】トルクメニスタンとの国境間近にまで迫るも越境は叶わず、生きている遺跡都市へ!の画像001
「ウズベキスタン・ヒヴァ」 室橋裕和【越えて国境、迷ってアジア アーカイブ(中央アジア編)#71】トルクメニスタンとの国境間近にまで迫るも越境は叶わず、生きている遺跡都市へ!の画像002
「ウズベキスタン・ヒヴァ」 室橋裕和【越えて国境、迷ってアジア アーカイブ(中央アジア編)#71】トルクメニスタンとの国境間近にまで迫るも越境は叶わず、生きている遺跡都市へ!の画像003
「ウズベキスタン・ヒヴァ」 室橋裕和【越えて国境、迷ってアジア アーカイブ(中央アジア編)#71】トルクメニスタンとの国境間近にまで迫るも越境は叶わず、生きている遺跡都市へ!の画像004
「ウズベキスタン・ヒヴァ」 室橋裕和【越えて国境、迷ってアジア アーカイブ(中央アジア編)#71】トルクメニスタンとの国境間近にまで迫るも越境は叶わず、生きている遺跡都市へ!の画像005
「ウズベキスタン・ヒヴァ」 室橋裕和【越えて国境、迷ってアジア アーカイブ(中央アジア編)#71】トルクメニスタンとの国境間近にまで迫るも越境は叶わず、生きている遺跡都市へ!の画像006