光瀬憲子【台湾の人情食堂#96「知られざる台湾の保存食文化」】台湾では保存食がどんなふうに食べられている? 旧暦の正月に食べることが多い酸菜は、ひと月ほど漬けた後、旧正月のごちそうに添えられる。 の画像001
旧正月の前、迪化街で売られる大量の乾物(干しイカ)(1/6)
光瀬憲子【台湾の人情食堂#96「知られざる台湾の保存食文化」】台湾では保存食がどんなふうに食べられている? 旧暦の正月に食べることが多い酸菜は、ひと月ほど漬けた後、旧正月のごちそうに添えられる。 の画像002
蘭嶼島でトビウオ漁に使われる先住民のタタラ舟。ヤミ族のシンボルでもある(2/6)
光瀬憲子【台湾の人情食堂#96「知られざる台湾の保存食文化」】台湾では保存食がどんなふうに食べられている? 旧暦の正月に食べることが多い酸菜は、ひと月ほど漬けた後、旧正月のごちそうに添えられる。 の画像003
トビウオ漁は3月から6月。漁を終えると蘭嶼島のあちこちでトビウオの日干しが見られる(3/6)
光瀬憲子【台湾の人情食堂#96「知られざる台湾の保存食文化」】台湾では保存食がどんなふうに食べられている? 旧暦の正月に食べることが多い酸菜は、ひと月ほど漬けた後、旧正月のごちそうに添えられる。 の画像004
台北市内の市場で見かけた酸菜。大きなカラシナの葉に塩をまぶして作られる(4/6)
光瀬憲子【台湾の人情食堂#96「知られざる台湾の保存食文化」】台湾では保存食がどんなふうに食べられている? 旧暦の正月に食べることが多い酸菜は、ひと月ほど漬けた後、旧正月のごちそうに添えられる。 の画像005
梅干菜とタケノコを煮込んだもの。台湾の弁当などによく使われる(5/6)
光瀬憲子【台湾の人情食堂#96「知られざる台湾の保存食文化」】台湾では保存食がどんなふうに食べられている? 旧暦の正月に食べることが多い酸菜は、ひと月ほど漬けた後、旧正月のごちそうに添えられる。 の画像006
『旅の本屋のまど』(西荻窪)で、台湾の保存食についての講座を行った(左端、サインをする筆者)。2019年12月(6/6)
光瀬憲子【台湾の人情食堂#96「知られざる台湾の保存食文化」】台湾では保存食がどんなふうに食べられている? 旧暦の正月に食べることが多い酸菜は、ひと月ほど漬けた後、旧正月のごちそうに添えられる。 の画像001
光瀬憲子【台湾の人情食堂#96「知られざる台湾の保存食文化」】台湾では保存食がどんなふうに食べられている? 旧暦の正月に食べることが多い酸菜は、ひと月ほど漬けた後、旧正月のごちそうに添えられる。 の画像002
光瀬憲子【台湾の人情食堂#96「知られざる台湾の保存食文化」】台湾では保存食がどんなふうに食べられている? 旧暦の正月に食べることが多い酸菜は、ひと月ほど漬けた後、旧正月のごちそうに添えられる。 の画像003
光瀬憲子【台湾の人情食堂#96「知られざる台湾の保存食文化」】台湾では保存食がどんなふうに食べられている? 旧暦の正月に食べることが多い酸菜は、ひと月ほど漬けた後、旧正月のごちそうに添えられる。 の画像004
光瀬憲子【台湾の人情食堂#96「知られざる台湾の保存食文化」】台湾では保存食がどんなふうに食べられている? 旧暦の正月に食べることが多い酸菜は、ひと月ほど漬けた後、旧正月のごちそうに添えられる。 の画像005
光瀬憲子【台湾の人情食堂#96「知られざる台湾の保存食文化」】台湾では保存食がどんなふうに食べられている? 旧暦の正月に食べることが多い酸菜は、ひと月ほど漬けた後、旧正月のごちそうに添えられる。 の画像006