だんじり、布団太鼓、やぐら…、南海本線住民の荒っぽい気性と過大な地元意識。そのキーワードは「祭り」【関西鉄道路線周辺曼荼羅 vol.2】歯黒猛夫の画像001
岡部家5万3000石の居城だった岸和田城。泉州におけるシンボルの1つだが、現在の天守は1954年に建造された模擬天守。江戸時代に焼失した天守は3層ではなく5層であったとされる。(1/6)
だんじり、布団太鼓、やぐら…、南海本線住民の荒っぽい気性と過大な地元意識。そのキーワードは「祭り」【関西鉄道路線周辺曼荼羅 vol.2】歯黒猛夫の画像002
岸和田だんじり祭りの様子。岸和田型のだんじりは「下だんじり」といわれ、大阪市内や泉大津市などの「上だんじり」とは区別される。(2/6)
だんじり、布団太鼓、やぐら…、南海本線住民の荒っぽい気性と過大な地元意識。そのキーワードは「祭り」【関西鉄道路線周辺曼荼羅 vol.2】歯黒猛夫の画像003
貝塚市感田神社の夏祭りで行われる「貝塚宮太鼓台祭」の布団太鼓。「太鼓台」とも呼ばれ、神輿のように担いで地域を練り歩く。大阪府内だけでなく、西日本全域で見ることができる。(3/6)
だんじり、布団太鼓、やぐら…、南海本線住民の荒っぽい気性と過大な地元意識。そのキーワードは「祭り」【関西鉄道路線周辺曼荼羅 vol.2】歯黒猛夫の画像004
泉南市茅渟神社の祭礼で曳き出されるやぐら。だんじりのような4輪ではなく2輪で、貴族の乗った御所車のような大きな車輪が特徴。大阪府内でも、泉州南部でしか見ることができない。(4/6)
だんじり、布団太鼓、やぐら…、南海本線住民の荒っぽい気性と過大な地元意識。そのキーワードは「祭り」【関西鉄道路線周辺曼荼羅 vol.2】歯黒猛夫の画像005
南海本線の一般的な車両。「各駅停車」もしくは「各停」でなく、「普通」と表示されているのは 「今宮戎駅」と「萩ノ茶屋駅」には停車しないため。(5/6)
だんじり、布団太鼓、やぐら…、南海本線住民の荒っぽい気性と過大な地元意識。そのキーワードは「祭り」【関西鉄道路線周辺曼荼羅 vol.2】歯黒猛夫の画像006
南海本線のターミナル「難波駅」。正式名称は漢字だが表記はひらがなの「なんば」。高島屋も入居する南海ビルディングは国の登録有形文化財に登録されている。(6/6)
だんじり、布団太鼓、やぐら…、南海本線住民の荒っぽい気性と過大な地元意識。そのキーワードは「祭り」【関西鉄道路線周辺曼荼羅 vol.2】歯黒猛夫の画像001
だんじり、布団太鼓、やぐら…、南海本線住民の荒っぽい気性と過大な地元意識。そのキーワードは「祭り」【関西鉄道路線周辺曼荼羅 vol.2】歯黒猛夫の画像002
だんじり、布団太鼓、やぐら…、南海本線住民の荒っぽい気性と過大な地元意識。そのキーワードは「祭り」【関西鉄道路線周辺曼荼羅 vol.2】歯黒猛夫の画像003
だんじり、布団太鼓、やぐら…、南海本線住民の荒っぽい気性と過大な地元意識。そのキーワードは「祭り」【関西鉄道路線周辺曼荼羅 vol.2】歯黒猛夫の画像004
だんじり、布団太鼓、やぐら…、南海本線住民の荒っぽい気性と過大な地元意識。そのキーワードは「祭り」【関西鉄道路線周辺曼荼羅 vol.2】歯黒猛夫の画像005
だんじり、布団太鼓、やぐら…、南海本線住民の荒っぽい気性と過大な地元意識。そのキーワードは「祭り」【関西鉄道路線周辺曼荼羅 vol.2】歯黒猛夫の画像006