キレイに整えられた、およそ「大阪らしくない」エリアを走る。北摂のニュータウンをつなぐ「北大阪急行」と「大阪モノレール」【関西鉄道路線周辺曼荼羅#17】歯黒猛夫の画像001
kitaosakakyukou_train 千里中央駅に停車している北大阪急行の車両。阪急の子会社であるためか、シートの色はゴールデンオリーブ(1/8)
キレイに整えられた、およそ「大阪らしくない」エリアを走る。北摂のニュータウンをつなぐ「北大阪急行」と「大阪モノレール」【関西鉄道路線周辺曼荼羅#17】歯黒猛夫の画像002
senricyuou_sta 千里中央駅のホームの様子。1970年2月に仮駅として開業し、当初はターミナルではなく万国博中央口駅までの途中駅だった。(2/8)
キレイに整えられた、およそ「大阪らしくない」エリアを走る。北摂のニュータウンをつなぐ「北大阪急行」と「大阪モノレール」【関西鉄道路線周辺曼荼羅#17】歯黒猛夫の画像003
Senricyuoh 大阪モノレール千里中央駅界隈の様子。タワーマンションが立ち並び、府内でも人気のベッドタウンとなっている。(3/8)
キレイに整えられた、およそ「大阪らしくない」エリアを走る。北摂のニュータウンをつなぐ「北大阪急行」と「大阪モノレール」【関西鉄道路線周辺曼荼羅#17】歯黒猛夫の画像004
osakamonorail_train 大阪モノレールの車両。大阪モノレール線の総路線距離は28キロと全国でもっとも長く、2011年までは世界でも最長。(4/8)
キレイに整えられた、およそ「大阪らしくない」エリアを走る。北摂のニュータウンをつなぐ「北大阪急行」と「大阪モノレール」【関西鉄道路線周辺曼荼羅#17】歯黒猛夫の画像005
osakamonorail_under 大阪モノレール彩都線の車両が運行している様子。軌道桁にまたがって走る跨座式で、2つの路線を持つのは日本国内だと大阪モノレールだけ。(5/8)
キレイに整えられた、およそ「大阪らしくない」エリアを走る。北摂のニュータウンをつなぐ「北大阪急行」と「大阪モノレール」【関西鉄道路線周辺曼荼羅#17】歯黒猛夫の画像006
Taiyonotou 万博記念公園駅付近の車窓から見える太陽の塔。万博の跡地は記念公園となっていて、太陽の塔はそのシンボル的存在。(6/8)
キレイに整えられた、およそ「大阪らしくない」エリアを走る。北摂のニュータウンをつなぐ「北大阪急行」と「大阪モノレール」【関西鉄道路線周辺曼荼羅#17】歯黒猛夫の画像007
taiyonotou_back 彩都線の車窓から見える太陽の塔の背面。(7/8)
キレイに整えられた、およそ「大阪らしくない」エリアを走る。北摂のニュータウンをつなぐ「北大阪急行」と「大阪モノレール」【関西鉄道路線周辺曼荼羅#17】歯黒猛夫の画像008
osaka_univ 国立大阪大学の正門。(8/8)
キレイに整えられた、およそ「大阪らしくない」エリアを走る。北摂のニュータウンをつなぐ「北大阪急行」と「大阪モノレール」【関西鉄道路線周辺曼荼羅#17】歯黒猛夫の画像001
キレイに整えられた、およそ「大阪らしくない」エリアを走る。北摂のニュータウンをつなぐ「北大阪急行」と「大阪モノレール」【関西鉄道路線周辺曼荼羅#17】歯黒猛夫の画像002
キレイに整えられた、およそ「大阪らしくない」エリアを走る。北摂のニュータウンをつなぐ「北大阪急行」と「大阪モノレール」【関西鉄道路線周辺曼荼羅#17】歯黒猛夫の画像003
キレイに整えられた、およそ「大阪らしくない」エリアを走る。北摂のニュータウンをつなぐ「北大阪急行」と「大阪モノレール」【関西鉄道路線周辺曼荼羅#17】歯黒猛夫の画像004
キレイに整えられた、およそ「大阪らしくない」エリアを走る。北摂のニュータウンをつなぐ「北大阪急行」と「大阪モノレール」【関西鉄道路線周辺曼荼羅#17】歯黒猛夫の画像005
キレイに整えられた、およそ「大阪らしくない」エリアを走る。北摂のニュータウンをつなぐ「北大阪急行」と「大阪モノレール」【関西鉄道路線周辺曼荼羅#17】歯黒猛夫の画像006
キレイに整えられた、およそ「大阪らしくない」エリアを走る。北摂のニュータウンをつなぐ「北大阪急行」と「大阪モノレール」【関西鉄道路線周辺曼荼羅#17】歯黒猛夫の画像007
キレイに整えられた、およそ「大阪らしくない」エリアを走る。北摂のニュータウンをつなぐ「北大阪急行」と「大阪モノレール」【関西鉄道路線周辺曼荼羅#17】歯黒猛夫の画像008