サラーム海上 サラーム海上

サラーム海上
サラーム海上さらーむ うながみ
1967年生まれ、群馬県高崎市出身。音楽評論家、DJ、講師、料理研究家。明治大学政経学部卒業。中東やインドを定期的に旅し、現地の音楽シーンや周辺カルチャーのフィールドワークをし続けている。著書に『美味すぎる! 世界グルメ巡礼』『おいしい中東 オリエントグルメ旅』『イスタンブルで朝食を オリエントグルメ旅』『MEYHANE TABLE 家メイハネで中東料理パーティー』『プラネット・インディア インド・エキゾ音楽紀行』『エキゾ音楽超特急 完全版』『21世紀中東音楽ジャーナル』他。最新刊『MEYHANE TABLE More! 人がつながる中東料理』好評発売中。『Zine『SouQ』発行。
Twitter:@salamunagami
Instagram:salam_unagami
WEBサイト:「サラームの家」
北欧のサウナでロウリュによる熱さをギリギリまで耐えた後、極寒の湖で冷水浴。フィンランドらしい料理、トナカイのレバーのグリルと煮込み、スモークサーモンのサラダの三皿を注文!「タンペレWOMEX2019 取材記〈5〉」【旅とメイハネと音楽と vol.104】サラーム海上
2021.12.22
北欧のサウナでロウリュによる熱さをギリギリまで耐えた後、極寒の湖で冷水浴。フィンランドらしい料理、トナカイのレバーのグリルと煮込み、スモークサーモンのサラダの三皿を注文!「タンペレWOMEX2019 取材記〈5〉」【旅とメイハネと音楽と vol.104】サラーム海上
文と写真・サラーム海上 ■タンペレの湖畔の公衆サウナ『Rauhaniemi(ラウハニエミ)』へ 2019年10月27日日曜午前8時、僕はタンペレのホテルで短い睡眠から目を覚ました。前夜、部屋に戻ったのは午前3時半。既…
今が旬なのに意外と敬遠されがち!? 健康食品として脚光を浴びる菊芋を取り上げよう! 「菊芋とアーモンドのディップ」サラーム海上【世界のレシピ】
2021.12.21
今が旬なのに意外と敬遠されがち!? 健康食品として脚光を浴びる菊芋を取り上げよう! 「菊芋とアーモンドのディップ」サラーム海上【世界のレシピ】
さて今回は今が旬とばかりに八百屋で並んでいるけれど、意外と敬遠されがちな菊芋を取り上げよう。軽く茹でてシャキシャキ感を残した菊芋と、香りが出るまで乾煎りしたアーモンドをフードプロセッサーにかけて、食…
30年も前から東京のレストランで親しみ、自宅でも作り続けてきたスウェーデン料理「ヤンソンの誘惑」! 超簡単で北欧気分が味わえるのでオススメ! サラーム海上【世界のレシピ】
2021.12.20
30年も前から東京のレストランで親しみ、自宅でも作り続けてきたスウェーデン料理「ヤンソンの誘惑」! 超簡単で北欧気分が味わえるのでオススメ! サラーム海上【世界のレシピ】
■スウェーデン料理「ヤンソンの誘惑」を作ろう さて、今回はノルウェーの隣の国、スウェーデンを代表する料理「ヤンソンの誘惑」を作ろう。僕はスウェーデンを訪れたことはないが、この料理は30年も前から東京の…
年末やクリスマス前にぴったりの鴨料理! 愛媛県特産の高級みかん「恋まどんな」を使ったオレンジソースを合わせて「鴨の胸肉ロースト、恋まどんなソース」サラーム海上【世界のレシピ】
2021.12.19
年末やクリスマス前にぴったりの鴨料理! 愛媛県特産の高級みかん「恋まどんな」を使ったオレンジソースを合わせて「鴨の胸肉ロースト、恋まどんなソース」サラーム海上【世界のレシピ】
鴨肉のロースト、オレンジソースを合わせて今回の料理は年末やクリスマス前にぴったりの鴨料理! 鴨の胸肉ローストに、ちょうどお歳暮に届いた愛媛県特産の高級みかん「恋まどんな」を使ったオレンジソースを合わ…
すばらしくぶっ飛んでいるフィンランドのアーティスト4組のライヴ【動画アリ】と、地元の伝統料理の朝食レポート!「タンペレWOMEX2019 取材記〈3〉」【旅とメイハネと音楽と vol.102】サラーム海上
2021.12.19
すばらしくぶっ飛んでいるフィンランドのアーティスト4組のライヴ【動画アリ】と、地元の伝統料理の朝食レポート!「タンペレWOMEX2019 取材記〈3〉」【旅とメイハネと音楽と vol.102】サラーム海上
■ワールドミュージックの国際見本市WOMEX、開幕初日 2019年10月23日、午前中にタンペレの都市型サウナ『Kuuma』でトトノった後、レストラン『Dabbal』が一階に入ったラップランドホテル・タンペレへと宿を移動し…
12月の日本はちょうどキャベツやカリフラワーが旬。冷蔵庫の野菜室の残りものでぜひトライして!「冬の間、何度でも作りたい! 野菜のピクルス」サラーム海上【世界のレシピ】
2021.12.18
12月の日本はちょうどキャベツやカリフラワーが旬。冷蔵庫の野菜室の残りものでぜひトライして!「冬の間、何度でも作りたい! 野菜のピクルス」サラーム海上【世界のレシピ】
■冬の間、何度でも作りたい! 野菜のピクルス さて今回のレシピは野菜のピクルス。中東でも北欧でもピクルスは大人気。12月の日本はちょうどキャベツやカリフラワーが旬。安いのでまるごと一株買ってみたものの…
フィンランド・タンペレで朝イチ貸し切り状態のスモークサウナを満喫! 郷土料理も堪能!「トナカイのタルタルステーキ」はクリスマスツリーの若芽と一緒に・・・ 「WOMEX(World Music Expo)2019 取材記〈2〉」【旅とメイハネと音楽と vol.101】サラーム海上
2021.12.18
フィンランド・タンペレで朝イチ貸し切り状態のスモークサウナを満喫! 郷土料理も堪能!「トナカイのタルタルステーキ」はクリスマスツリーの若芽と一緒に・・・ 「WOMEX(World Music Expo)2019 取材記〈2〉」【旅とメイハネと音楽と vol.101】サラーム海上
文と写真・サラーム海上 ■世界のサウナの首都、タンペレの最新鋭サウナ『Kuuma』 2019年10月22日夕方、僕はフィンランドが誇る「世界のサウナ首都」ことタンペレに到着した。その晩に訪れたフィンランド料理の…
スウェーデンの残り物メシこと「ピッティパンナ」。冷蔵庫に残っているものを炒めて、最後に目玉焼きをのせただけの料理です!サラーム海上【世界のレシピ】
2021.12.17
スウェーデンの残り物メシこと「ピッティパンナ」。冷蔵庫に残っているものを炒めて、最後に目玉焼きをのせただけの料理です!サラーム海上【世界のレシピ】
■スウェーデン料理、ピッティパンナ さて、今回のレシピはフィンランドの隣国、スウェーデンの残り物メシこと、ピッティパンナ。要はジャガイモ、玉ねぎ、加工肉など、冷蔵庫に残っているものを炒めて、最後に目…
サンタクロースの国、フィンランド。「ムーミン」の里であり、「世界のサウナ首都」と呼ばれるタンペレへ!「WOMEX(World Music Expo)2019 取材記〈1〉」【旅とメイハネと音楽と vol.100】サラーム海上
2021.12.17
サンタクロースの国、フィンランド。「ムーミン」の里であり、「世界のサウナ首都」と呼ばれるタンペレへ!「WOMEX(World Music Expo)2019 取材記〈1〉」【旅とメイハネと音楽と vol.100】サラーム海上
文と写真/サラーム海上 ■初めての北欧。フィンランド第二の街、タンペレへ 2019年10月22日、僕はフィンランドのタンペレへと向かった。 その一月半前の8月下旬に初訪問したポーランドに続き、今度はフィンラ…
PCR検査証明書不備につき、トランジットのフランクフルト空港で羽田便に乗れず!サラーム海上【2021年12月イスラエル帰国&隔離ホテルレポート〈1〉】
2021.12.15
PCR検査証明書不備につき、トランジットのフランクフルト空港で羽田便に乗れず!サラーム海上【2021年12月イスラエル帰国&隔離ホテルレポート〈1〉】
文・写真/サラーム海上  2021年11月29日、日本政府はオミクロン株の水際対策として、外国人の入国を一時禁止し、緩和していた帰国者の検疫措置を再度厳格化することを発表した。 僕はこのニュースをイスラエル…
サラーム海上【世界のレシピ】ポルトガル料理「鰯の炭火焼き」を作ろう! モノトーンな色合いの肉や魚料理を野菜を散らしてカラフルに飾り付けるのが現在の全世界的なトレンド
2021.12.7
サラーム海上【世界のレシピ】ポルトガル料理「鰯の炭火焼き」を作ろう! モノトーンな色合いの肉や魚料理を野菜を散らしてカラフルに飾り付けるのが現在の全世界的なトレンド
レシピ/サラーム海上 ■ポルトガル料理、鰯の炭火焼き さて、今回のレシピは典型的なポルトガル料理の鰯の炭火焼き。 25年前のリスボンで頼んだ時は、平皿の上に炭火で焼いた鰯がシンプルに6~8尾並んでいただ…
サラーム海上【世界のレシピ】茄子と挽き肉、トマトなどを重ねてオーブンで焼いた、要は茄子のムサカ。「パトゥルジャン・オトゥルトゥマ」(トルコ料理)
2021.12.2
サラーム海上【世界のレシピ】茄子と挽き肉、トマトなどを重ねてオーブンで焼いた、要は茄子のムサカ。「パトゥルジャン・オトゥルトゥマ」(トルコ料理)
【レシピ】サラーム海上 今回のレシピは茄子を使ったトルコ料理「パトゥルジャン・オトゥルトゥマ」。茄子と挽き肉、トマトなどを重ねてオーブンで焼いた、要は茄子のムサカだ。サラーム宅ではまだまだ夏の茄子フ…
ワールドワイドに活躍する音楽評論家が語る世界のワイン! トルコ・イスラエル・インド・ギリシャ・フィンランド・ポルトガル…「旅とワインと音楽と」【リレーエッセイ「ワイン編」vol. 3】サラーム海上
2021.11.29
ワールドワイドに活躍する音楽評論家が語る世界のワイン! トルコ・イスラエル・インド・ギリシャ・フィンランド・ポルトガル…「旅とワインと音楽と」【リレーエッセイ「ワイン編」vol. 3】サラーム海上
音楽の取材に加えて料理の取材を行うようになってから、行く先々でワイナリーを訪ねる機会が増えた。 トルコは紀元前4000年頃からワインが作られてきたワインの発祥の地の一つ。現在も1200種類を超えるぶどうが栽…
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. サラーム海上の2ページへ