チョン・ウンスク チョン・ウンスク

チョン・ウンスク
チョン・ウンスクちょん・うんすく
紀行作家。1967年、韓国江原道の山奥生まれ、ソウル育ち。世宗大学院・観光経営学修士課程修了後、日本に留学。現在はソウルの下町在住。韓国テウォン大学・講師。著書に『美味しい韓国 ほろ酔い紀行』『うまい、安い、あったかい 韓国の人情食堂』『港町、ほろ酔い散歩 釜山の人情食堂』『馬を食べる日本人 犬を食べる韓国人』『韓国酒場紀行』『マッコルリの旅』『韓国の美味しい町』『韓国の「昭和」を歩く』『韓国・下町人情紀行』『本当はどうなの? 今の韓国』『旅と酒とコリアシネマ』など、編著に『北朝鮮の楽しい歩き方』、訳著に『サムスングループ 李健煕の言葉』『宮廷女官チャングムの誓いのすべて』『家庭で作れる「チャングム」の宮廷料理』など。NHKBSプレミアム『世界入りにくい居酒屋』釜山編コーディネート担当。
Twitter:@Manchuria7
Instagram:Manchuria7
株式会社キーワード:www.k-word.co.jp
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#150「コリアシネマ劇中飲食(15)韓流の萌芽を感じさせる1999年の映画『アタック・ザ・ガス・ステーション!』編】韓国映画史上もっともスタイリッシュなチャジャンミョン場面
2022.4.22
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#150「コリアシネマ劇中飲食(15)韓流の萌芽を感じさせる1999年の映画『アタック・ザ・ガス・ステーション!』編】韓国映画史上もっともスタイリッシュなチャジャンミョン場面
文/チョン・ウンスク  今回は90年代末にのちの韓国エンタメ隆盛を予感させたダイナミックな映画を紹介しよう。 題名は『アタック・ザ・ガス・ステーション!』。物語の舞台はガソリンスタンド。コンビニのカウ…
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#149「コリアシネマ劇中飲食(14)〈山荘の食事〉編】今では不可能な豪華キャスト作!1998年公開の韓国映画『クワイエット・ファミリー』、舞台は山荘だった
2022.4.8
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#149「コリアシネマ劇中飲食(14)〈山荘の食事〉編】今では不可能な豪華キャスト作!1998年公開の韓国映画『クワイエット・ファミリー』、舞台は山荘だった
文/チョン・ウンスク  日本に韓流熱風が吹き始めてから20余年。90年代まで我が国の俳優の名前など日本ではほとんど知られていなかったが、今では10人や20人そらんじられる人は珍しくないだろう。 今回は劇場公…
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#148「コリアシネマ劇中飲食(13)〈東海岸シネマ紀行〉後編】江原道・東海岸の村を歩き、映画『春の日は過ぎゆく』撮影地に思いを馳せる。港の市場で観光客に人気の魚は?
2022.3.25
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#148「コリアシネマ劇中飲食(13)〈東海岸シネマ紀行〉後編】江原道・東海岸の村を歩き、映画『春の日は過ぎゆく』撮影地に思いを馳せる。港の市場で観光客に人気の魚は?
文/チョン・ウンスク ♪昨夜見た夢は朝になったら忘れるけれど 一匹の美しい鯨の夢は僕の脳裏に焼き付いて離れない さあ行こう東の海へ 神宿る鯨を獲りに ――映画『バカたちの行進』(1975)のテーマ曲「コ…
「目を見てしまった…!」一生に一度だけどうしても食べられなかった韓国の大衆酒場で出てきた貴重な料理「サロン」とは?【リレーエッセイ~ 旅リスタ★食べリスタ~「食にまつわるハプニング」vol.3】チョン・ウンスク
2022.3.21
「目を見てしまった…!」一生に一度だけどうしても食べられなかった韓国の大衆酒場で出てきた貴重な料理「サロン」とは?【リレーエッセイ~ 旅リスタ★食べリスタ~「食にまつわるハプニング」vol.3】チョン・ウンスク
なんでも美味しく食べる人間である。 誰が言ったか「世界三大悪臭料理」のひとつとされるエイもしょっちゅう食べるし、東京は上野のガード下では魚醤に漬けた魚の干物(くさや)もいただいた。 そんな私だが、一…
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#147「コリアシネマ劇中飲食(12)〈東海岸シネマ紀行〉前編】江原道の東海岸への旅。江陵の市場やお洒落なカフェや海辺を巡り、夜はマッコリ酒場へ
2022.3.11
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#147「コリアシネマ劇中飲食(12)〈東海岸シネマ紀行〉前編】江原道の東海岸への旅。江陵の市場やお洒落なカフェや海辺を巡り、夜はマッコリ酒場へ
文/チョン・ウンスク  冷たい空気の中にわずかに春を感じ始めた2月の終わり。2年半ぶりに江原道の東海岸(江陵、東海)を旅した。今回から2回に渡って旅の様子をお伝えしよう。 平日、東ソウルターミナルから…
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#146「コリアシネマ劇中飲食(11)「酒気帯びロードムービーの傑作『昼間から呑む』に学ぶ韓国一人旅10訓」】韓国で一人旅する前に知っておきたい心構えとは?
2022.2.25
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#146「コリアシネマ劇中飲食(11)「酒気帯びロードムービーの傑作『昼間から呑む』に学ぶ韓国一人旅10訓」】韓国で一人旅する前に知っておきたい心構えとは?
文/チョン・ウンスク  旅と酒をモチーフにした映画『昼間から呑む』が、3月23日(水)までGYAO!で無料配信されている。2008年、100万円にも満たない低予算で撮影された作品だが、見知らぬ土地を旅する者なら「…
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#145「コリアシネマ劇中飲食(10-番外編)「韓国映画の邦題について」】韓国映画が日本で公開される時、タイトルはどんなふうに変わるのか?
2022.2.11
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#145「コリアシネマ劇中飲食(10-番外編)「韓国映画の邦題について」】韓国映画が日本で公開される時、タイトルはどんなふうに変わるのか?
文/チョン・ウンスク  コロナ以前はソウルや釜山で韓国映画を観る日本の旅行者も珍しくなかった。 彼らのあいだでは、「この映画が日本で公開されたらどんなタイトルになるのか」が少なからず関心の的だったよ…
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#144「コリアシネマ劇中飲食(10)〈干潟〉編」】寂寥感ある風景が魅力な全羅道の干潟を舞台にした、お薦め映画3選!
2022.1.28
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#144「コリアシネマ劇中飲食(10)〈干潟〉編」】寂寥感ある風景が魅力な全羅道の干潟を舞台にした、お薦め映画3選!
文/チョン・ウンスク  干潟(ひがた)。韓国語でケッポル。 潮が引くと砂泥が露出し、塩が満ちると海水で覆われる低湿地のことだ。潮干狩りをする場所と言えばピンと来るだろう。干潟には栄養価の高い微生物が…
メニューに表記されることはほとんどない韓国の酒の友「スルクッ」はもう少し飲みたい…そんな時に重宝する汁物【リレーエッセイ~ 旅リスタ★食べリスタ~「鍋料理編」vol.1】チョン・ウンスク
2022.1.21
メニューに表記されることはほとんどない韓国の酒の友「スルクッ」はもう少し飲みたい…そんな時に重宝する汁物【リレーエッセイ~ 旅リスタ★食べリスタ~「鍋料理編」vol.1】チョン・ウンスク
どれだけ重ね着をしても服の隙間から冷気が忍び込んでくる夜、大きな鍋を4~5人で囲む。赤い汁がポグルポグル(ぐつぐつ)煮立つのを待つのももどかしい。具が浮きつ沈みつしている汁から漂う湯気だけでソジュが飲…
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#143「コリアシネマ劇中飲食(9)〈済州(チェジュ)〉編(2)】韓国映画『恋風恋歌』の舞台、済州島。観光客で賑わう東門市場の夜市、島の情緒が残る在来市場を歩く
2022.1.14
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#143「コリアシネマ劇中飲食(9)〈済州(チェジュ)〉編(2)】韓国映画『恋風恋歌』の舞台、済州島。観光客で賑わう東門市場の夜市、島の情緒が残る在来市場を歩く
文/チョン・ウンスク  どこの国であろうが、旅先でかならず行くところがある。在来市場だ。 済州には大小の常設市場があるが、その代表が南側の済州市の東門在来市場、そして北側にある西帰浦市の毎日オルレ市…
韓国人紀行作家のチョン・ウンスクさんによる寄稿ルポ「写真で語る、奥松島・石巻の魅力<後編>」宮城オルレ、人情酒場、酒造見学、石巻焼きそば…【石巻・牡鹿半島 ~絶景・美食・縄文~ アーカイブ vol.12】ー東日本大震災から11年ー
2022.1.14
韓国人紀行作家のチョン・ウンスクさんによる寄稿ルポ「写真で語る、奥松島・石巻の魅力<後編>」宮城オルレ、人情酒場、酒造見学、石巻焼きそば…【石巻・牡鹿半島 ~絶景・美食・縄文~ アーカイブ vol.12】ー東日本大震災から11年ー
「石巻・牡鹿半島」シリーズ 。今回は、当サイト「TABILISTA」で『韓国の旅と酒場とグルメ横丁』を連載していただいている韓国人紀行作家のチョン・ウンスクさんによる2019年の寄稿ルポ(後編)をお届けする。ソウ…
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#142「コリアシネマ劇中飲食(8)〈済州(チェジュ)〉編(1)】韓国映画『初恋のアルバム~人魚姫のいた島~』の舞台を歩く 
2021.12.24
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#142「コリアシネマ劇中飲食(8)〈済州(チェジュ)〉編(1)】韓国映画『初恋のアルバム~人魚姫のいた島~』の舞台を歩く 
文/チョン・ウンスク  済州(チェジュ)の東に牛が横たわっているような形の島、その名も牛島がある。 一周17キロの小さな島だが、もっとも済州らしい風光をもち、済州のなかの済州と呼ばれている。韓国の他の…
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#141「コリアシネマ劇中飲食(7)〈釜山オムク〉編(3)」】釜山旧市街散歩、この2年で市場や店は変わったのだろうか? 
2021.12.10
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#141「コリアシネマ劇中飲食(7)〈釜山オムク〉編(3)」】釜山旧市街散歩、この2年で市場や店は変わったのだろうか? 
文/チョン・ウンスク  2年ぶりの釜山旧市街散歩。3回目はヨンドタリ(影島大橋)から影島に渡り、在来市場を歩いたあと中心部に戻り、国際市場を抜けて瀛州市場(ヨンジュシジャン)方向へ北上した。
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#140「コリアシネマ劇中飲食(6)〈釜山オムク〉編(2)」】釜山の魚市場は旬のサバや太刀魚が豊漁!
2021.11.26
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#140「コリアシネマ劇中飲食(6)〈釜山オムク〉編(2)」】釜山の魚市場は旬のサバや太刀魚が豊漁!
文/チョン・ウンスク  世界を覆うコロナ禍は、1年半以上、人類の身心をむしばんでいる。 しかし、それ以前から人々を疲弊させてきた競争社会がスローダウンし、文明のスクラップ&ビルドのスピードが少し遅く…
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#139「コリアシネマ劇中飲食(5)〈釜山オムク〉編(1)」】韓国版おでん「オムク」を巡る釜山の旅へ
2021.11.12
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#139「コリアシネマ劇中飲食(5)〈釜山オムク〉編(1)」】韓国版おでん「オムク」を巡る釜山の旅へ
文/チョン・ウンスク  2019年の夏、読者さんとの慶州ツアーの帰りに寄って以来、2年ぶりに釜山を訪れた。コロナ以前は年に2回は来ていたから、かなりのブランクである。釜山旧市街も変化はしているが、再…
ほわんと湯気が手招き。寒くなると食べたくなる、韓国おでん「オムク」がいまアツい!ソウルから釜山に飛んだチョン・ウンスクさんのほかほかリポート!!
2021.11.9
ほわんと湯気が手招き。寒くなると食べたくなる、韓国おでん「オムク」がいまアツい!ソウルから釜山に飛んだチョン・ウンスクさんのほかほかリポート!!
■釜山のオムク  文と写真/チョン・ウンスク  世の中には「古くさい」のひとことで切り捨てられ、忘れ去られていくものが少なくないが、かたちを変えながらしぶとく生き残るものもある。 韓国の飲食文化でい…
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#138「コリアシネマ劇中飲食(4)〈アンチグルメ〉編】名優ハ・ジョンウの「食う」場面が魅力的な『哀しき獣』
2021.10.22
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#138「コリアシネマ劇中飲食(4)〈アンチグルメ〉編】名優ハ・ジョンウの「食う」場面が魅力的な『哀しき獣』
文/チョン・ウンスク  このコラムやtwitterで韓国映画の魅力的な飲食場面をよく取り上げているが、今回は「食べる」場面というより、「食う」場面が突き抜けて魅力的な映画を紹介しよう。 ■『哀しき獣』(2…
  1. チョン・ウンスクの1ページへ
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. チョン・ウンスクの3ページへ