チョン・ウンスク チョン・ウンスク

チョン・ウンスク
チョン・ウンスクちょん・うんすく
紀行作家。1967年、韓国江原道の山奥生まれ、ソウル育ち。世宗大学院・観光経営学修士課程修了後、日本に留学。現在はソウルの下町在住。韓国テウォン大学・講師。著書に『美味しい韓国 ほろ酔い紀行』『うまい、安い、あったかい 韓国の人情食堂』『港町、ほろ酔い散歩 釜山の人情食堂』『馬を食べる日本人 犬を食べる韓国人』『韓国酒場紀行』『マッコルリの旅』『韓国の美味しい町』『韓国の「昭和」を歩く』『韓国・下町人情紀行』『本当はどうなの? 今の韓国』『旅と酒とコリアシネマ』など、編著に『北朝鮮の楽しい歩き方』、訳著に『サムスングループ 李健煕の言葉』『宮廷女官チャングムの誓いのすべて』『家庭で作れる「チャングム」の宮廷料理』など。NHKBSプレミアム『世界入りにくい居酒屋』釜山編コーディネート担当。
Twitter:@Manchuria7
Instagram:Manchuria7
株式会社キーワード:www.k-word.co.jp
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#137「コリアシネマ劇中飲食(3)〈マッコリ〉続編」】マッコリ本来の魅力を描いた映画『鯨とり』
2021.10.8
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#137「コリアシネマ劇中飲食(3)〈マッコリ〉続編」】マッコリ本来の魅力を描いた映画『鯨とり』
文/チョン・ウンスク  2009年に韓国でマッコリブームが起きる前まで、マッコリは焼肉店にも居酒屋にも置かれていないマイナーな酒、時代遅れの酒だった。 今でこそ健康志向で若い女性にも愛され、地域ごと…
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#136「コリアシネマ劇中飲食(2)〈マッコリ〉編」】マッコリ好きな人にお薦めする韓国映画は?
2021.9.24
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#136「コリアシネマ劇中飲食(2)〈マッコリ〉編」】マッコリ好きな人にお薦めする韓国映画は?
文/チョン・ウンスク  2009年に韓国でマッコリブームが起き、日本では「どぶろく」と呼ばれる時代遅れの酒が脚光を浴びた。一時的なブームと見る人も少なくなかったが、今ではスーパーやコンビニにプラスチ…
醤油系のタレにつけて食べると格別! 淡白で具だくさん、日本人の口にも合う北の味付け。亡き母が作ってくれた思い出のマンドゥ(韓国餃子)【リレーエッセイ「餃子編」vol.3】チョン・ウンスク
2021.9.17
醤油系のタレにつけて食べると格別! 淡白で具だくさん、日本人の口にも合う北の味付け。亡き母が作ってくれた思い出のマンドゥ(韓国餃子)【リレーエッセイ「餃子編」vol.3】チョン・ウンスク
日本で言う餃子を韓国ではマンドゥ(饅頭)と呼ぶ。日本の餃子は半月型がほとんどだと聞くが、韓国のマンドゥは半月の両端をくっつけたもの、しわのあるまんじゅう型など、いくつかのパターンがある。いずれも日本…
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#135「コリアシネマ劇中飲食(1)〈チャジャンミョン〉編】「韓国式ジャージャー麺を巡る人間模様」男女の距離を縮める小道具⁉ 意外と知らない韓国映画に出てくるチャジャンミョンの役割
2021.9.10
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#135「コリアシネマ劇中飲食(1)〈チャジャンミョン〉編】「韓国式ジャージャー麺を巡る人間模様」男女の距離を縮める小道具⁉ 意外と知らない韓国映画に出てくるチャジャンミョンの役割
文/チョン・ウンスク  映画である以上、登場人物が食べるものにはなんらかの意味がある。 そんな視点でいつも劇中の飲食場面に注目しているのだが、韓国人にとってはきわめて日常的な食べ物、チャジャンミョン…
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#134「コリアシネマ撮影地巡礼(3)〈ソウル楽園商街・地下市場〉編」】『ユ・ヨルの音楽アルバム』の舞台
2021.8.27
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#134「コリアシネマ撮影地巡礼(3)〈ソウル楽園商街・地下市場〉編」】『ユ・ヨルの音楽アルバム』の舞台
文/チョン・ウンスク  私が好んで歩くような場所は映画の撮影地にはなりにくいのでは? と常々思っていたのだが、最近はそうでもないようだ。韓国ではここ数年、古いもののなかに洗練を見出そうとする傾向があ…
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#133「コリアシネマ撮影地巡礼(2)〈芽項(モハン)〉編」】ホン・サンス監督作品『3人のアンヌ』の舞台、全羅北道の旅
2021.8.13
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#133「コリアシネマ撮影地巡礼(2)〈芽項(モハン)〉編」】ホン・サンス監督作品『3人のアンヌ』の舞台、全羅北道の旅
文/チョン・ウンスク  多くの韓国映画の撮影地を旅してきたが、日本で上映中の『逃げた女』のホン・サンス監督作品『3人のアンヌ』(2012年)の舞台、全羅北道の芽項(モハン)の旅は忘れられない。 今回…
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#115「韓国ロスのみなさんへ(10)」】約20年前のソウルの写真から。2002年の日韓ワールドカップ頃まではソウルでもふつうに見られた、私が追い求めている“韓国らしさ”
2020.9.4
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#115「韓国ロスのみなさんへ(10)」】約20年前のソウルの写真から。2002年の日韓ワールドカップ頃まではソウルでもふつうに見られた、私が追い求めている“韓国らしさ”
文/チョン・ウンスク  私が追い求めている“韓国らしさ”。つまり、おおらかな人間関係やストレートな愛情表現などがソウルなどの大都市でもふつうに見ることができたのは、2002年の日韓ワールドカップ頃ま…
  1. チョン・ウンスクの2ページへ
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. チョン・ウンスクの4ページへ