藤井 誠二 藤井 誠二

藤井 誠二
藤井 誠二ふじい せいじ
1965年名古屋生れ。ノンフィクションライター。2006年から沖縄県那覇市の中心部に仕事場を構え、東京都世田谷区と二拠点生活を送っている。著作は50冊以上。沖縄関係の著作は『沖縄アンダーグラウンド  売春街を生きた者たち』(講談社)、作家の仲村清司氏と建築家の普久原朝充氏との共著で『沖縄オトナの社会見学R18』(亜紀書房)、『肉の王国 沖縄で愉しむ肉グルメ』(双葉社)がある。『沖縄アンダーグラウンド  売春街を生きた者たち』は、2018年に第5回「沖縄書店大賞」沖縄部門で大賞、2021年にはインターネット上で発表された報道記事やコラムの中から、とくにすぐれた記事を表彰する第1回「PEPジャーナリズム大賞」の「現場」部門賞を受賞。
Twitter:@seijifujii1965
Instagram:fujiiseiji
那覇と東京で生活するノンフィクションライター藤井誠二【沖縄にも暮らす二拠点生活の日記 vol.20(10/15~26)】久しぶりに常連のセンベロ寿司も解禁!
2021.10.29
那覇と東京で生活するノンフィクションライター藤井誠二【沖縄にも暮らす二拠点生活の日記 vol.20(10/15~26)】久しぶりに常連のセンベロ寿司も解禁!
文と写真/藤井誠二  10月15日 [FRI]  名古屋での仕事を終えて早朝の沖縄行きのフライトに備えて、ホテルで早く床についていたところ二時すぎに携帯が鳴った。目を覚まして出てみると、ある地方に住む女性の友…
那覇と東京で生活するノンフィクションライター藤井誠二【沖縄にも暮らす二拠点生活の日記vol.19(9/16~9/29)】インタビューは文字おこしをなるべく自分でやるようにしている。やーぐまい。文字起こし仕事をひたすら続ける日々。
2021.9.30
那覇と東京で生活するノンフィクションライター藤井誠二【沖縄にも暮らす二拠点生活の日記vol.19(9/16~9/29)】インタビューは文字おこしをなるべく自分でやるようにしている。やーぐまい。文字起こし仕事をひたすら続ける日々。
文と写真/藤井誠二  9月16日 [THU] 羽田空港の「うちのたまご 直売所」でたまげかけご飯を二杯かっこんで、フライトまで朝日新聞を読む。朝日新聞の「社会批評」に東畑開人さんの論考が出ていて頷かされた。彼…
中毒者の間で「餃子の中身は何だろう論争」で盛り上がった名古屋の「呑助飯店」の餃子は、唯一無二の美味さ【リレーエッセイ「餃子編」vol.7】藤井誠二
2021.9.21
中毒者の間で「餃子の中身は何だろう論争」で盛り上がった名古屋の「呑助飯店」の餃子は、唯一無二の美味さ【リレーエッセイ「餃子編」vol.7】藤井誠二
高校時代から通った名古屋市今池の「呑助飯店」の餃子は、すでに食いしん坊界隈では有名だと思うが ━ここの重油のような色と光沢をたたえるスープ、焼いた豚骨を炊く独特の"豚骨臭"を放つラーメンのほうが有名か…
那覇と東京で生活するノンフィクションライター藤井誠二【沖縄にも暮らす二拠点生活の日記 vol.18(8/8~8/26)】ほぼ、やーぐまい。緊急事態宣言下の沖縄で。
2021.8.30
那覇と東京で生活するノンフィクションライター藤井誠二【沖縄にも暮らす二拠点生活の日記 vol.18(8/8~8/26)】ほぼ、やーぐまい。緊急事態宣言下の沖縄で。
文と写真/藤井誠二  8月8日 [SUN] 夜、那覇着。新型コロナ対応のワクチン二回目を接種して一週間経った。PCR検査も何度かおこなってきたが、すべて陰性。目まぐるしい日々を一カ月半ほど過ごしてきたので ─非…