TABILISTA編集部 TABILISTA編集部

TABILISTA編集部
TABILISTA編集部たびりすたへんしゅうぶ
「どこに行く?」より「何したい?」

「TABILISTA」は総合出版社である双葉社が運営するオウンドメディアです。双葉社はこれまでに旅に関する雑誌や書籍、漫画などを数多く出版してきました。長い間、双葉社の「旅本」を愛読してくださった皆様からのリクエスト、制作の現場スタッフたちからの声、そして旅の達人たちからの熱い企画の数々……。いまこそ本物志向の旅サイトを作ろうと、クリエイターたちが集まって作ったWEBサイトです。年齢、性別、職業などは一切関係なく、自分の好きなこと、やってみたいこと、見てみたいこと……、とことんテーマにこだわったニッチなコンテンツを集めました。かつて多くの旅人たちが、雑誌や書籍で胸を熱くしたように、読んだら旅の気分に浸り、旅に出たくなる、そんなWEBマガジンです。
TABILISTA編集長 更科 登
Twitter:@tabilista
ワイン遍歴30年、積算飲酒量を気にしながらも、現在一番飲んでいるのはコスパが良すぎるカクヤスのワンコインワイン【リレーエッセイ「ワイン編」vol. 5】サバラン昭子
2021.12.1
ワイン遍歴30年、積算飲酒量を気にしながらも、現在一番飲んでいるのはコスパが良すぎるカクヤスのワンコインワイン【リレーエッセイ「ワイン編」vol. 5】サバラン昭子
30年ほどワインに魅せられて、といいたいところだが、「赤」はガツンと重めか、やや軽めか、「白」は頭に「シャ」がついたら大丈夫(シャルドネ、シャブリ)、ちょっとハレなシーンでは「泡」というくらいな判断と…
映画字幕翻訳者・戸田奈津子さん「ワインにまつわる3つのエピソード」パリの400年超えワインセラー、F・F・コッポラ邸近くナパ・ヴァレー「Opus One」のワイナリー、飲み物じゃなく芸術品!食後酒「シャトー・ディケム」【リレーエッセイ「ワイン編」vol. 4】戸田奈津子
2021.11.30
映画字幕翻訳者・戸田奈津子さん「ワインにまつわる3つのエピソード」パリの400年超えワインセラー、F・F・コッポラ邸近くナパ・ヴァレー「Opus One」のワイナリー、飲み物じゃなく芸術品!食後酒「シャトー・ディケム」【リレーエッセイ「ワイン編」vol. 4】戸田奈津子
食いしん坊の私にとって、おいしい食事にワインは欠かせません。とはいえ、日頃はごく庶民的なお値段の物を適当に選んで楽しんでいるのですが、ワインにまつわる思い出のお話しはいくつかあります。  まず、世界…
光瀬憲子vsチョン・ウンスク【台湾 or 韓国 コロナ明けに行くならどっち!?】 オンライントークバトルを開催!! ●12月11日(土) 16:00 START!!  
2021.11.26
光瀬憲子vsチョン・ウンスク【台湾 or 韓国 コロナ明けに行くならどっち!?】 オンライントークバトルを開催!! ●12月11日(土) 16:00 START!!  
本サイトで台湾と韓国の旅を連載する人気作家2名が、それぞれの魅力をプレゼンし合うオンラインイベントを開催することになりました。 台湾歴30年(台北在住7年)の光瀬憲子さんとソウル在住の紀行作家チョン・ウンスクさんが、渡航解禁が待ち遠しい韓国と台湾の魅力をプレゼンし合うトークバトルです。さまざまな視点で両国の魅力を鮮明にします。ぜひご視聴ください!!
【台湾vs韓国 コロナ明けに行くならどっち?】人気作家2人のオンライントークイベントがついに実現! 光瀬憲子さんとチョン・ウンスクさんによる台韓の魅力についてプレゼン対決! 酒好き、食いしん坊は必見です!
2021.11.19
【台湾vs韓国 コロナ明けに行くならどっち?】人気作家2人のオンライントークイベントがついに実現! 光瀬憲子さんとチョン・ウンスクさんによる台韓の魅力についてプレゼン対決! 酒好き、食いしん坊は必見です!
コロナの新規感染者数がかなり減ってきている昨今、久しぶりに知り合いに会ったり、ちょっと遠くの街まで食事に出かけたり、徐々に行動範囲を広げているところではないでしょうか。 そう、このままいけばあの、2…
「チーズタッカルビ」よりアレが食べたい! 韓国通のカリスマ読モ柴田紗希が熱望する韓国ストリートフード、韓国のおでん「オムク」を求めて新大久保へ!! 
2021.11.9
「チーズタッカルビ」よりアレが食べたい! 韓国通のカリスマ読モ柴田紗希が熱望する韓国ストリートフード、韓国のおでん「オムク」を求めて新大久保へ!! 
ナビゲーター/柴田紗希 写真/吉松伸太郎 文/編集部   「韓国に住んでいた時は、しょっちゅう食べてましたね。屋台が最高です。“おでんバー”というんでしょうか、長い串に刺さってるのがポピュラーで、気…
ほわんと湯気が手招き。寒くなると食べたくなる、韓国おでん「オムク」がいまアツい!ソウルから釜山に飛んだチョン・ウンスクさんのほかほかリポート!!
2021.11.9
ほわんと湯気が手招き。寒くなると食べたくなる、韓国おでん「オムク」がいまアツい!ソウルから釜山に飛んだチョン・ウンスクさんのほかほかリポート!!
■釜山のオムク  文と写真/チョン・ウンスク  世の中には「古くさい」のひとことで切り捨てられ、忘れ去られていくものが少なくないが、かたちを変えながらしぶとく生き残るものもある。 韓国の飲食文化でい…
【動画が追加されました!】長期休暇も賞与もあり!? 若き兄弟経営者が挑む新しい農業のカタチ。創業9年で売上高2200%を達成できた理由はSDGs !?【宮崎県都城発】サラリーマンファーマーのススメ   
2021.10.25
【動画が追加されました!】長期休暇も賞与もあり!? 若き兄弟経営者が挑む新しい農業のカタチ。創業9年で売上高2200%を達成できた理由はSDGs !?【宮崎県都城発】サラリーマンファーマーのススメ   
「都会を離れ、自然豊かな環境で働きたい!」 最近、若者たちの間でこんな考えを持つ人が増えてきている。ストレスの多い都会の暮らしから脱出し、できることなら自然に触れあえるような仕事がしたいと思う人も多いだろう。そんな夢を現実にする「農業」の会社があると聞き、本社のある宮崎県を訪ねた。システマティックに収益を上げる持続可能な農業を目指し、定休や保険、通勤手当まで完備させたという…
「行きは天国、帰りは地獄!? 」駅弁6000個を完食した男、櫻井寛が語る成田再入国のドタバタ劇。【コロナ禍の海外出張】自宅待機の前に潜む思わぬ壁とは?
2021.10.1
「行きは天国、帰りは地獄!? 」駅弁6000個を完食した男、櫻井寛が語る成田再入国のドタバタ劇。【コロナ禍の海外出張】自宅待機の前に潜む思わぬ壁とは?
9月29日、漫画『駅弁ひとり旅』の監修者で鉄道フォトジャーナリストの櫻井寛さんが、AKB48岩立沙穂さんとのYouTube対談のために来社。この日、櫻井さんは取材先のスイスから帰国後2週間の自宅待機期間を経て、ようやく自由の身となったばかりでした。今回お伝えするのは駅弁の話ではなく、この撮影時に櫻井さんからお聞きしたコロナ禍の海外取材苦労話です。問題は帰国時に起こりました。
「奇跡を起こした一枚のチラシ」順風満帆だった老舗和菓子店を襲ったコロナの悲劇!でも社長には逆境を跳ね返す秘策があった!【宮崎県延岡市】
2021.9.1
「奇跡を起こした一枚のチラシ」順風満帆だった老舗和菓子店を襲ったコロナの悲劇!でも社長には逆境を跳ね返す秘策があった!【宮崎県延岡市】
文/原田秀司  まずはこのチラシを見ていただきたい。 モーレツにアナログである。 令和の時代に「昭和の香り」がプンプン漂っている。 なにしろ今どき「手書き」である。 しかも、モノクロであり、余計な色…