TABILISTA編集部 TABILISTA編集部

TABILISTA編集部
TABILISTA編集部たびりすたへんしゅうぶ
「どこに行く?」より「何したい?」

「TABILISTA」は総合出版社である双葉社が運営するオウンドメディアです。双葉社はこれまでに旅に関する雑誌や書籍、漫画などを数多く出版してきました。長い間、双葉社の「旅本」を愛読してくださった皆様からのリクエスト、制作の現場スタッフたちからの声、そして旅の達人たちからの熱い企画の数々……。いまこそ本物志向の旅サイトを作ろうと、クリエイターたちが集まって作ったWEBサイトです。年齢、性別、職業などは一切関係なく、自分の好きなこと、やってみたいこと、見てみたいこと……、とことんテーマにこだわったニッチなコンテンツを集めました。かつて多くの旅人たちが、雑誌や書籍で胸を熱くしたように、読んだら旅の気分に浸り、旅に出たくなる、そんなWEBマガジンです。
Twitter:@tabilista
Instagram:@tabilista
節分といえば鬼!『鬼滅の刃』など空前の鬼ブームの中、ガチで鬼伝説が残る激ヤバな京都府福知山市が腰を抜かすほど激アツな「鬼動画」を制作して話題‼ 
2022.2.3
節分といえば鬼!『鬼滅の刃』など空前の鬼ブームの中、ガチで鬼伝説が残る激ヤバな京都府福知山市が腰を抜かすほど激アツな「鬼動画」を制作して話題‼ 
「鬼は~ソトッ! 福は~ウチッ!」  毎年、節分の日になると、どこからともなく子供たちの元気な掛け声が聞こえてきます。 家族で豆まきをする場合は、とりわけお父さんが鬼役で、それを小さな子供たちが追い…
千葉県の花“菜の花”の見頃はもう始まっている!? 千葉県の名物駅弁「菜の花弁当」「さんが焼き弁当」をご紹介! 【駅弁TABILISTA編集部セレクション】
2022.1.27
千葉県の花“菜の花”の見頃はもう始まっている!? 千葉県の名物駅弁「菜の花弁当」「さんが焼き弁当」をご紹介! 【駅弁TABILISTA編集部セレクション】
千葉といえば「菜の花」が有名です。その見頃はじつは1月中旬から3月中旬、つまり今からが旬なのです。いすみ鉄道や菜な畑ロードなど、関東エリアの中でも注目度の高い人気スポットも多数存在し、近隣には観光スポ…
新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。2022年「寅年」の記事初めは、旅人の達人・フーテンの寅について少し。
2022.1.1
新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。2022年「寅年」の記事初めは、旅人の達人・フーテンの寅について少し。
2022年は寅年だ。風の吹くまま気の向くまま、旅を続ける「フーテンの寅」こと車寅次郎を思い浮かべる。言わずと知れた映画『男はつらいよ』の主人公である。自分の大好きな映画だ。「TABILISTA」というサイト名は…
申請締め切り迫る!「ふるさと納税」ワンストップ特例申請は5自治体まで、自治体選びも返礼品選びも悩ましい…けれど楽しい! 佐賀県みやき町、山梨県笛吹市、福岡県直方市、大分県日出町、宮崎県都農町・・・年の瀬に2021年に申し込んだふるさと納税返礼品を振り返ってみた。
2021.12.30
申請締め切り迫る!「ふるさと納税」ワンストップ特例申請は5自治体まで、自治体選びも返礼品選びも悩ましい…けれど楽しい! 佐賀県みやき町、山梨県笛吹市、福岡県直方市、大分県日出町、宮崎県都農町・・・年の瀬に2021年に申し込んだふるさと納税返礼品を振り返ってみた。
文・写真/サバラン昭子(編集部)  年末、何もしてなくてもなんか焦る、というかやらなきゃいけないことはたくさんあるのだが、できていない事を思い出して、また焦る。「まあ、来年でいいか」ということはすぐ…
牛と間違われる⁉ キャンバスをイメージした目にも麗しいジューシーな骨付き猪肉!その世界観に惚れ込む銀座の人気フレンチ「レストラン・エール」【ジビエにこだわる店が至極の一品を紹介!東京特選ジビエ8軒「渾身のひと皿」vol.7】
2021.12.28
牛と間違われる⁉ キャンバスをイメージした目にも麗しいジューシーな骨付き猪肉!その世界観に惚れ込む銀座の人気フレンチ「レストラン・エール」【ジビエにこだわる店が至極の一品を紹介!東京特選ジビエ8軒「渾身のひと皿」vol.7】
恵比寿の「ビストロ 間」が、装いを新たに銀座でオープン。銀座の商業施設で本格フレンチが食べられると話題を呼んでいる。 そしてキャンバスをイメージしてつくる山本英男シェフの料理がその価値をより高めてい…
エゾ鹿の内モモ肉とキノコ、酒粕とアンチョビが一体となって口の中で和とイタリアンの世界が広がる究極の肉料理!北イタリア・ピエモンテ州の郷土料理をベースにした田町の有名イタリアン「リストランテ ラ・チャウ」【ジビエにこだわる店が至極の一品を紹介!東京特選ジビエ8軒「渾身のひと皿」vol.6】
2021.12.27
エゾ鹿の内モモ肉とキノコ、酒粕とアンチョビが一体となって口の中で和とイタリアンの世界が広がる究極の肉料理!北イタリア・ピエモンテ州の郷土料理をベースにした田町の有名イタリアン「リストランテ ラ・チャウ」【ジビエにこだわる店が至極の一品を紹介!東京特選ジビエ8軒「渾身のひと皿」vol.6】
北イタリア・ピエモンテ州の一ツ星レストラン「ラ・チャウ・デ・トルナヴェント」で、4年半修業した馬渡(まわたり)剛シェフが腕をふるう。 メニューはピエモンテ州の郷土料理をベースに季節の食材を使ったシェ…
『新・駅弁ひとり旅~撮り鉄・菜々編~』3巻が本日発売!!  【長崎・熊本・鹿児島・宮崎・大分】名物駅弁と豪華観光列車の旅…九州三部作の完結編!
2021.12.27
『新・駅弁ひとり旅~撮り鉄・菜々編~』3巻が本日発売!!  【長崎・熊本・鹿児島・宮崎・大分】名物駅弁と豪華観光列車の旅…九州三部作の完結編!
本日12月27日『新・駅弁ひとり旅~撮り鉄・菜々編~③』が発売になりました!※一部地域を除く①②巻に引き続き③巻の舞台も九州が中心です。名物駅弁あり、豪華観光列車ありの贅沢な内容となっています。読ん…
西麻布で有名人と囲炉裏を囲んでジビエを食らう⁉ 食通の芸能人やアスリートたちがこぞって通うジャパニーズ・ジビエの先駆け店「またぎ」【ジビエにこだわる店が至極の一品を紹介!東京特選ジビエ8軒「渾身のひと皿」vol.5】
2021.12.26
西麻布で有名人と囲炉裏を囲んでジビエを食らう⁉ 食通の芸能人やアスリートたちがこぞって通うジャパニーズ・ジビエの先駆け店「またぎ」【ジビエにこだわる店が至極の一品を紹介!東京特選ジビエ8軒「渾身のひと皿」vol.5】
「自分がホンモノを食べたいからホンモノを売ろうと思った」 店は店主の大島衛さんが、一般的にジビエを食す文化がなかった時代に、神奈川県三浦郡葉山町で開店。その後、'07年に西麻布へ移転した。 そんな大島…
予約で3年待ち!エゾ雷鳥を使った伝説のジビエ料理に感涙!自らも狩猟免許を持ち、ジビエの解体場並びに食肉製品製造の工場を作ったこだわりのオーナーが提供する究極のフレンチレストラン「マノワ」【ジビエにこだわる店が至極の一品を紹介!東京特選ジビエ8軒「渾身のひと皿」vol.4】
2021.12.25
予約で3年待ち!エゾ雷鳥を使った伝説のジビエ料理に感涙!自らも狩猟免許を持ち、ジビエの解体場並びに食肉製品製造の工場を作ったこだわりのオーナーが提供する究極のフレンチレストラン「マノワ」【ジビエにこだわる店が至極の一品を紹介!東京特選ジビエ8軒「渾身のひと皿」vol.4】
店名の「マノワ」は、フランス語で「館」や「家」の意味。肩肘を張らずくつろげるという思いが込められている。カウンター席は1日1組、テーブル席は7組14名しか入れないのがその証拠だ。 オーナーソムリエの中…
エゾ鹿の一頭買いを実現させ、4種類の調理法で各部位の魅力を引き出した華麗なるエゾ鹿肉の料理!北海道出身のシェフが北海道のジビエを使ったフレンチを提供する南青山の「ルメルシマン・オカモト」【ジビエにこだわる店が至極の一品を紹介!東京特選ジビエ8軒「渾身のひと皿」vol.3】
2021.12.24
エゾ鹿の一頭買いを実現させ、4種類の調理法で各部位の魅力を引き出した華麗なるエゾ鹿肉の料理!北海道出身のシェフが北海道のジビエを使ったフレンチを提供する南青山の「ルメルシマン・オカモト」【ジビエにこだわる店が至極の一品を紹介!東京特選ジビエ8軒「渾身のひと皿」vol.3】
北海道出身の岡本英樹シェフが、得意の野菜料理を中心に地元の食材を使ったフレンチを提供。「北海道の食材を東京で売りたい」と、現地で生産者との信頼関係を構築。他店ではなかなか真似できないエゾ鹿の1頭買い…
ミシュランの二ツ星を獲得している伝説の名店「ル・マンジュ・トゥー」で使用するのは信頼第一で仕入れる名人たちのエゾ鹿、鹿肉、青首などのジビエ肉【ジビエにこだわる店が至極の一品を紹介!東京特選ジビエ8軒「渾身のひと皿」vol.2】
2021.12.23
ミシュランの二ツ星を獲得している伝説の名店「ル・マンジュ・トゥー」で使用するのは信頼第一で仕入れる名人たちのエゾ鹿、鹿肉、青首などのジビエ肉【ジビエにこだわる店が至極の一品を紹介!東京特選ジビエ8軒「渾身のひと皿」vol.2】
連続でミシュランの二ツ星を獲得しているフレンチの名店。「技術は素材を超えられない。いい素材を集めることが大事」と語るのはオーナーシェフの谷昇さん。  料理に使われる素材は全国から直送。釧路から仕入れ…
猪と里芋が白ワインで絶品フレンチに様変わり!シェフ自らが狩猟した猪や鹿肉を独自のソースでふるまう東銀座のフレンチ「カイラダ」【ジビエにこだわる店が至極の一品を紹介!東京特選ジビエ8軒「渾身のひと皿」vol.1】
2021.12.22
猪と里芋が白ワインで絶品フレンチに様変わり!シェフ自らが狩猟した猪や鹿肉を独自のソースでふるまう東銀座のフレンチ「カイラダ」【ジビエにこだわる店が至極の一品を紹介!東京特選ジビエ8軒「渾身のひと皿」vol.1】
銀座2丁目の裏通りに構えるフレンチレストラン。シェフの皆良田光輝さんは、日本にジビエを広めたといわれる高橋徳男シェフに師事。当時、高橋シェフが総料理長を務める有楽町「アピシウス」にいた皆良田シェフは…
若手コーラスダンサーは如何にして歴史的ミュージカル映画『ウエストサイド物語』のベルナルド役をゲットしたのか!? ジョージ・チャキリスがアメリカで出版した不朽の名作誕生秘話を戸田奈津子が翻訳! 
2021.12.7
若手コーラスダンサーは如何にして歴史的ミュージカル映画『ウエストサイド物語』のベルナルド役をゲットしたのか!? ジョージ・チャキリスがアメリカで出版した不朽の名作誕生秘話を戸田奈津子が翻訳! 
『わたしのウエストサイド物語』が本日発売!! 60年前に世界の女性を熱狂させたジョージ・チャキリスの自伝を字幕翻訳の戸田奈津子が翻訳。360ページにも及ぶハードカバー豪華本。
ワイン遍歴30年、積算飲酒量を気にしながらも、現在一番飲んでいるのはコスパが良すぎるカクヤスのワンコインワイン【リレーエッセイ「ワイン編」vol. 5】サバラン昭子
2021.12.1
ワイン遍歴30年、積算飲酒量を気にしながらも、現在一番飲んでいるのはコスパが良すぎるカクヤスのワンコインワイン【リレーエッセイ「ワイン編」vol. 5】サバラン昭子
30年ほどワインに魅せられて、といいたいところだが、「赤」はガツンと重めか、やや軽めか、「白」は頭に「シャ」がついたら大丈夫(シャルドネ、シャブリ)、ちょっとハレなシーンでは「泡」というくらいな判断と…
  1. TABILISTA編集部の5ページへ
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. TABILISTA編集部の7ページへ