旅リスタ・食べリスタ ~gourmetリレーエッセイ~の連載記事一覧 旅リスタ・食べリスタ ~gourmetリレーエッセイ~

関東の人には馴染みがない⁉ もっちり皮の餃子を味噌ダレで食べるのが神戸流! 南京町の餃子専門店「元祖ぎょうざ苑」【リレーエッセイ「餃子編」vol.8】カワノアユミ
2021.9.22
関東の人には馴染みがない⁉ もっちり皮の餃子を味噌ダレで食べるのが神戸流! 南京町の餃子専門店「元祖ぎょうざ苑」【リレーエッセイ「餃子編」vol.8】カワノアユミ
コロナ禍のお取り寄せブームが続き、お手軽に楽しめる餃子が人気になっているようだ。とはいえ、横丁ライターとして飲み歩く筆者の暮らす関西には様々な特色を放つ餃子屋があり、どうしてもお店で食したくなるとこ…
中毒者の間で「餃子の中身は何だろう論争」で盛り上がった名古屋の「呑助飯店」の餃子は、唯一無二の美味さ【リレーエッセイ「餃子編」vol.7】藤井誠二
2021.9.21
中毒者の間で「餃子の中身は何だろう論争」で盛り上がった名古屋の「呑助飯店」の餃子は、唯一無二の美味さ【リレーエッセイ「餃子編」vol.7】藤井誠二
高校時代から通った名古屋市今池の「呑助飯店」の餃子は、すでに食いしん坊界隈では有名だと思うが ━ここの重油のような色と光沢をたたえるスープ、焼いた豚骨を炊く独特の"豚骨臭"を放つラーメンのほうが有名か…
本格的な餃子を作る中国出身女性も認めた、日本の「餃子の皮」。その〝底ぢから〟にあっぱれ! で、今では我が家の冷蔵庫の常備品(簡単レシピ付き)【リレーエッセイ「餃子編」vol.5】佐藤美由紀
2021.9.19
本格的な餃子を作る中国出身女性も認めた、日本の「餃子の皮」。その〝底ぢから〟にあっぱれ! で、今では我が家の冷蔵庫の常備品(簡単レシピ付き)【リレーエッセイ「餃子編」vol.5】佐藤美由紀
その昔、中国大陸にハマっていて、バックパックで1か月間の放浪を2度経験した。その後も、今よりずっと素朴で、でも、当時の中国のどの都市よりも洗練された感のあった上海に惚れ込んで、何度も通った。青島ビー…
みんみん、香蘭、宇都宮餃子館。“餃子王国宇都宮”を目指して北北東に進路をとれ! 僕等の「スタンド・バイ・ミー」物語【リレーエッセイ「餃子編」vol.4】コージー中嶋(編集部)
2021.9.18
みんみん、香蘭、宇都宮餃子館。“餃子王国宇都宮”を目指して北北東に進路をとれ! 僕等の「スタンド・バイ・ミー」物語【リレーエッセイ「餃子編」vol.4】コージー中嶋(編集部)
「腹減ったなぁ、餃子が食べたいな」親友J(ジェイ)のそんな何気ないひと言から僕等の旅は始まった。かなり昔、餃子にまつわるエトセトラ。 その日僕とJは、いつものように僕の家に集合し、夏特有の気だるい空気…
醤油系のタレにつけて食べると格別! 淡白で具だくさん、日本人の口にも合う北の味付け。亡き母が作ってくれた思い出のマンドゥ(韓国餃子)【リレーエッセイ「餃子編」vol.3】チョン・ウンスク
2021.9.17
醤油系のタレにつけて食べると格別! 淡白で具だくさん、日本人の口にも合う北の味付け。亡き母が作ってくれた思い出のマンドゥ(韓国餃子)【リレーエッセイ「餃子編」vol.3】チョン・ウンスク
日本で言う餃子を韓国ではマンドゥ(饅頭)と呼ぶ。日本の餃子は半月型がほとんどだと聞くが、韓国のマンドゥは半月の両端をくっつけたもの、しわのあるまんじゅう型など、いくつかのパターンがある。いずれも日本…
わざわざ飛行機に乗って「餃子の旅」もいい。でもランチは近所の「餃子の王将」「大阪王将」「ぎょうざの満州」でのW餃子定食が旨い【リレーエッセイ「餃子編」vol.2】高山コジロー
2021.9.16
わざわざ飛行機に乗って「餃子の旅」もいい。でもランチは近所の「餃子の王将」「大阪王将」「ぎょうざの満州」でのW餃子定食が旨い【リレーエッセイ「餃子編」vol.2】高山コジロー
中華で3大人気といえば、ラーメン、チャーハン、餃子だろう。だから全国には、餃子が自慢のラーメン屋、町中華、専門店、居酒屋が多くある。「わざわざ飛行機に乗って麺の旅(再掲載中)」にて全国の麺を食べ歩い…
人気カレー店「般゜若(パンニャ)」の店主でもあり。カレー偏愛の松尾貴史「もう一度会いたい! 忘れられない思い出のカレーたち」【リレーエッセイ「スパイス・カレー編」vol.11】松尾貴史
2021.8.30
人気カレー店「般゜若(パンニャ)」の店主でもあり。カレー偏愛の松尾貴史「もう一度会いたい! 忘れられない思い出のカレーたち」【リレーエッセイ「スパイス・カレー編」vol.11】松尾貴史
カレーは、私たちがノスタルジーを感じる代表的な料理のひとつではないだろうか。「閉店します」の文字の貼り紙を見て、「なぜもっと通わなかったのか!」という自責と、「たくさん食べて満足しておけばよかった」…
日本で唯一の旅行専門書店店長がバックパッカー時代にタイの楽園・サムイ島で食べた思い出のカレーとは?【リレーエッセイ「スパイス・カレー編」vol.9】川田正和(「旅の本屋のまど」店長)
2021.8.28
日本で唯一の旅行専門書店店長がバックパッカー時代にタイの楽園・サムイ島で食べた思い出のカレーとは?【リレーエッセイ「スパイス・カレー編」vol.9】川田正和(「旅の本屋のまど」店長)
それは忘れられない味だった。 あれから30年経っているが、今も鮮明に舌がその味を覚えていて、サムイ島を思い出す度にそのカレーの記憶が蘇ってくる。     大学を4年で卒業せず、1年留年しモラトリアムな日々…
AKB48さっほーの推し駅弁「有田焼カレー」28種類ものスパイスを用いた芳醇な香りが鼻孔をくすぐる!【リレーエッセイ「スパイス・カレー編」vol.7】岩立沙穂(AKB48)
2021.8.26
AKB48さっほーの推し駅弁「有田焼カレー」28種類ものスパイスを用いた芳醇な香りが鼻孔をくすぐる!【リレーエッセイ「スパイス・カレー編」vol.7】岩立沙穂(AKB48)
駅弁好きで知られるAKB48 teamBキャプテン”さっほー”こと岩立沙穂さんが推し駅弁「有田焼カレー」を紹介してくれました。 初めて食べたのは2019年で、京王百貨店の駅弁大会で購入しました。溶け込んだ具材の甘みとスパイスの刺激が口の中に広がってとても濃厚に感じられ…
「アジアごはん、なにが恋しい?」コロナ禍で旅に出られない今、頭に浮かぶのは——【リレーエッセイ「スパイス・カレー編」vol.4】中田浩資
2021.8.23
「アジアごはん、なにが恋しい?」コロナ禍で旅に出られない今、頭に浮かぶのは——【リレーエッセイ「スパイス・カレー編」vol.4】中田浩資
スパイスや香草を巧みに使うアジア諸国は美食の宝庫だが、シンガポール、マレーシアあたりでは首をかしげることがよくある。例えば、「サテ」。炭火で焼いた鶏肉の串焼きに、ピーナッツベースの甘ったるいソースが…
新大久保スパイスショップ最強買い歩きMAP   【リレーエッセイ「スパイス・カレー編」vol.3】室橋裕和
2021.8.22
新大久保スパイスショップ最強買い歩きMAP 【リレーエッセイ「スパイス・カレー編」vol.3】室橋裕和
 スパイスカレーがブームらしい。エスニック食材店でスパイスを買い込んで自作を楽しむ人も増えているそうだが、考えてみれば僕の住む新大久保は南アジア系食材店の宝庫だ。そこで実地調査を兼ねて街を歩き「新大久保スパイス最強マップ」をつくってみた。
カレーとスケバンの絶妙なハーモニー「あたいらの青春は甘くないよ!」【リレーエッセイ「スパイス・カレー編」vol.2】蛇光院包(編集部)
2021.8.21
カレーとスケバンの絶妙なハーモニー「あたいらの青春は甘くないよ!」【リレーエッセイ「スパイス・カレー編」vol.2】蛇光院包(編集部)
今回のリレーコラムのテーマは「スパイス・カレー」ということですが、昭和40年代生まれ&ド田舎で青春を謳歌していたに記者にとって、そもそもはカレーは家族の絆を深めるものであり、外で食うものではありません…
「絶対に残すんじゃねえぞ」ただならぬプレッシャーをかける者の正体は? @ムンバイのスラム街【リレーエッセイ「スパイス・カレー編」vol.1 】丸山ゴンザレス
2021.8.20
「絶対に残すんじゃねえぞ」ただならぬプレッシャーをかける者の正体は? @ムンバイのスラム街【リレーエッセイ「スパイス・カレー編」vol.1 】丸山ゴンザレス
2015年、インドのムンバイのダラヴィ地区のスラム街を訪れた。映画『スラムドッグ$ミリオネア』の舞台として世界的に有名になり観光客も訪れるようになった。対外的な影響力を考慮した政府は率先して開発するよう…
  1. 1
  2. 2
  3. 旅リスタ・食べリスタ ~gourmetリレーエッセイ~の2ページへ