おでん おでん

【元バンコクNo.1キャバ嬢が行く!「呑んだくれ横丁探訪」vol.2】 高級店ばかりが京都ではない…ディープな庶民的酒場が集まる四条大宮のアツイ夜
2021.11.10
【元バンコクNo.1キャバ嬢が行く!「呑んだくれ横丁探訪」vol.2】 高級店ばかりが京都ではない…ディープな庶民的酒場が集まる四条大宮のアツイ夜
文と写真/カワノアユミ  ■京都の飲み屋は高級店ばかり?  京都の飲み屋街といえば、どのようなイメージを浮かべるだろうか? 舞妓はんがいるお座敷遊びや高級クラブが多く立ち並ぶ祇園、割烹や小料理屋が有…
「チーズタッカルビ」よりアレが食べたい! 韓国通のカリスマ読モ柴田紗希が熱望する韓国ストリートフード、韓国のおでん「オムク」を求めて新大久保へ!! 
2021.11.9
「チーズタッカルビ」よりアレが食べたい! 韓国通のカリスマ読モ柴田紗希が熱望する韓国ストリートフード、韓国のおでん「オムク」を求めて新大久保へ!! 
ナビゲーター/柴田紗希 写真/吉松伸太郎 文/編集部   「韓国に住んでいた時は、しょっちゅう食べてましたね。屋台が最高です。“おでんバー”というんでしょうか、長い串に刺さってるのがポピュラーで、気…
ほわんと湯気が手招き。寒くなると食べたくなる、韓国おでん「オムク」がいまアツい!ソウルから釜山に飛んだチョン・ウンスクさんのほかほかリポート!!
2021.11.9
ほわんと湯気が手招き。寒くなると食べたくなる、韓国おでん「オムク」がいまアツい!ソウルから釜山に飛んだチョン・ウンスクさんのほかほかリポート!!
■釜山のオムク  文と写真/チョン・ウンスク  世の中には「古くさい」のひとことで切り捨てられ、忘れ去られていくものが少なくないが、かたちを変えながらしぶとく生き残るものもある。 韓国の飲食文化でい…
12年ぶりに訪れたマレーシア、日本に帰った途端にマレーシア・ロス症状に襲われて…【サラーム海上「旅とメイハネと音楽と 」vol.72】「マレーシアの街歩き&食べ歩き旅」 
2021.9.2
12年ぶりに訪れたマレーシア、日本に帰った途端にマレーシア・ロス症状に襲われて…【サラーム海上「旅とメイハネと音楽と 」vol.72】「マレーシアの街歩き&食べ歩き旅」 
文と写真/サラーム海上 ■マレーシア・ロスで再び現地へ  2018年7月に『レインフォレストワールドミュージックフェスティバル』の取材のため、12年ぶりに3日間マレーシアを訪れた僕は、日本に帰った途端、マ…
旅するフランス人茶商がお茶の聖地で日本茶のルーツを探り、茶問屋でブランド茶を試飲、最後は静岡おでんと緑茶ハイで旅をふり返る。【ステファン・ダントンの挑戦】静岡メディアツアー(後編)
2021.8.24
旅するフランス人茶商がお茶の聖地で日本茶のルーツを探り、茶問屋でブランド茶を試飲、最後は静岡おでんと緑茶ハイで旅をふり返る。【ステファン・ダントンの挑戦】静岡メディアツアー(後編)
文/ステファン・ダントン   2020年2月、静岡県が県内の日本茶産業を紹介するために主催するメディアツアーに参加することになった私は、フラットな視点で静岡の茶産業の現状を見てみたいと思った。前回は静岡…