グルメ グルメ

東京からわざわざ行く価値のある日本一のラーメン激戦区大阪!「くそオヤジ最後のひとふり」「鶏 soba 座銀 にぼし店」「麺や 福はら」「極汁美麺 umami」驚きの一杯。わざわざ飛行機に乗って、大阪に麺を食べに行ってきます。【飛行機で麺の旅2019 vol.20(大阪編)/前編】高山コジロー
2021.10.18
東京からわざわざ行く価値のある日本一のラーメン激戦区大阪!「くそオヤジ最後のひとふり」「鶏 soba 座銀 にぼし店」「麺や 福はら」「極汁美麺 umami」驚きの一杯。わざわざ飛行機に乗って、大阪に麺を食べに行ってきます。【飛行機で麺の旅2019 vol.20(大阪編)/前編】高山コジロー
わざわざ飛行機に乗って、大阪に麺を食べに行ってきました。 知り合いの食通に言わせると、「大阪に旨いものなし!」 味覚って難しく、好き嫌い、好みも人それぞれだ。 そもそも関東と関西では、出汁も違えば、鮨…
沖縄全島でNO.1だと思う久米島の「もやしそば」と、那覇の自家製麺・無化調の「沖縄そば」。わざわざ飛行機に乗って、久米島に麺を食べに行ってきます。【飛行機で麺の旅2019 vol.19(久米島編)】高山コジロー
2021.10.12
沖縄全島でNO.1だと思う久米島の「もやしそば」と、那覇の自家製麺・無化調の「沖縄そば」。わざわざ飛行機に乗って、久米島に麺を食べに行ってきます。【飛行機で麺の旅2019 vol.19(久米島編)】高山コジロー
わざわざ飛行機に乗って、沖縄 久米島に麺を食べに行ってきました。 沖縄の離島といえば、宮古島、石垣島を中心とした八重山諸島が人気だが、沖縄本島から一番近い島といえば、久米島。以前は期間限定で羽田から…
羽田からラス・パルマス・グラン・カナリーへ サラーム海上【スペイン・カナリア諸島「WOMEX」取材記〈1〉】[レシピ]アボカドと枝豆のホモス風ペースト
2021.10.5
羽田からラス・パルマス・グラン・カナリーへ サラーム海上【スペイン・カナリア諸島「WOMEX」取材記〈1〉】[レシピ]アボカドと枝豆のホモス風ペースト
文と写真/サラーム海上  今月(2021年10月)下旬、ついに海外出張に行く目処が立った。前回は昨年3月のコートジボワール・アビジャン(記事参照)だったので、一年7ヶ月ぶりとなる。今回は二年ぶりに開催され…
チョン・ウンスク『美味しい韓国 ほろ酔い紀行』写真館〈4〉乙支路3街と4街の間に建つ巨大雑居ビル「世運商街(セウンサンガ)」周辺を陽の高いうちから一杯ひっかけながら歩く!
2021.10.2
チョン・ウンスク『美味しい韓国 ほろ酔い紀行』写真館〈4〉乙支路3街と4街の間に建つ巨大雑居ビル「世運商街(セウンサンガ)」周辺を陽の高いうちから一杯ひっかけながら歩く!
文/チョン・ウンスク  前回は「ニュートロ(ニュー・レトロ)」最前線といえる乙支路3街と4街の間に建つ巨大雑居ビル『世運商街(セウンサンガ)』そのものについて書いたが、今回はこのビル周辺を陽の高いうち…
チョン・ウンスク『美味しい韓国 ほろ酔い紀行』写真館〈1〉平昌(ピョンチャン)→束草(ソクチョ)→江陵(カンヌン)→三陟(サムチョク)
2021.9.29
チョン・ウンスク『美味しい韓国 ほろ酔い紀行』写真館〈1〉平昌(ピョンチャン)→束草(ソクチョ)→江陵(カンヌン)→三陟(サムチョク)
『美味しい韓国 ほろ酔い紀行』(双葉文庫)ではここ数年こだわり続けている「ソウル回帰」を軸にしつつ、これまで朝鮮半島の西側(全羅道)偏重だった反省もあって、東側(江原道や慶尚道)の縦断旅行を敢行している。本連載では今回から、ページの都合でボツにせざるをえなかった写真、あるいは本当はカラーで掲載したかった写真を見ながら、取材の思い出を数回に渡って語っていきたい。
ラーメン屋の9割がトンコツ!という本場・小倉で、中華そば、味噌ラーメン、ちゃんぽん、鶏白湯そば。わざわざ飛行機に乗って、小倉に麺を食べに行ってきます。【飛行機で麺の旅2019 vol.18(小倉編)/後編 】高山コジロー
2021.9.26
ラーメン屋の9割がトンコツ!という本場・小倉で、中華そば、味噌ラーメン、ちゃんぽん、鶏白湯そば。わざわざ飛行機に乗って、小倉に麺を食べに行ってきます。【飛行機で麺の旅2019 vol.18(小倉編)/後編 】高山コジロー
お腹も膨れたので小倉駅方面にぶらぶらと歩く。旦野駅が見えてくると、そこはもう小倉の大きな商店街の一角だった。せっかくだからそのまま商店街を歩いてホテルまで戻ることに。まだ明るい時間なのだか、飲み屋が…
朝7時半からビールと蕎麦のモーニング!締めはやっぱり信州味噌ラーメン。 わざわざ飛行機に乗って、長野県松本に麺を食べに行ってきます。【飛行機で麺の旅2019 vol.17(松本編)/後編 】
2021.9.23
朝7時半からビールと蕎麦のモーニング!締めはやっぱり信州味噌ラーメン。 わざわざ飛行機に乗って、長野県松本に麺を食べに行ってきます。【飛行機で麺の旅2019 vol.17(松本編)/後編 】
わざわざ飛行機に乗って、長野県松本に麺を食べに行ってきました。「飛行機で松本に?」もちろん東京から飛行機で松本には行けません。東京からなら「特急あずさ」でしょ。そもそも、長野県に空港が存在することが…
「飛行機で松本に?」蕎麦の名店を巡る旅は、伊丹から裏技の期間限定便で! わざわざ飛行機に乗って、長野県松本に麺を食べに行ってきます。【飛行機で麺の旅2019 vol.17(松本編)/前編 】
2021.9.23
「飛行機で松本に?」蕎麦の名店を巡る旅は、伊丹から裏技の期間限定便で! わざわざ飛行機に乗って、長野県松本に麺を食べに行ってきます。【飛行機で麺の旅2019 vol.17(松本編)/前編 】
わざわざ飛行機に乗って、長野県松本に麺を食べに行ってきました。「飛行機で松本に?」もちろん東京から飛行機で松本には行けません。東京からなら、「特急あずさ」でしょ。そもそも、長野県に空港が存在すること…
関東の人には馴染みがない⁉ もっちり皮の餃子を味噌ダレで食べるのが神戸流! 南京町の餃子専門店「元祖ぎょうざ苑」【リレーエッセイ「餃子編」vol.8】カワノアユミ
2021.9.22
関東の人には馴染みがない⁉ もっちり皮の餃子を味噌ダレで食べるのが神戸流! 南京町の餃子専門店「元祖ぎょうざ苑」【リレーエッセイ「餃子編」vol.8】カワノアユミ
コロナ禍のお取り寄せブームが続き、お手軽に楽しめる餃子が人気になっているようだ。とはいえ、横丁ライターとして飲み歩く筆者の暮らす関西には様々な特色を放つ餃子屋があり、どうしてもお店で食したくなるとこ…
中毒者の間で「餃子の中身は何だろう論争」で盛り上がった名古屋の「呑助飯店」の餃子は、唯一無二の美味さ【リレーエッセイ「餃子編」vol.7】藤井誠二
2021.9.21
中毒者の間で「餃子の中身は何だろう論争」で盛り上がった名古屋の「呑助飯店」の餃子は、唯一無二の美味さ【リレーエッセイ「餃子編」vol.7】藤井誠二
高校時代から通った名古屋市今池の「呑助飯店」の餃子は、すでに食いしん坊界隈では有名だと思うが ━ここの重油のような色と光沢をたたえるスープ、焼いた豚骨を炊く独特の"豚骨臭"を放つラーメンのほうが有名か…
肉たっぷりのケバブサンドと地中海のビーチの夕日! サラーム海上【イスラエル・テルアビブ取材記〈8〉】[レシピ]超簡単なメゼ!キュウリとミントのヨーグルトサラダ
2021.9.21
肉たっぷりのケバブサンドと地中海のビーチの夕日! サラーム海上【イスラエル・テルアビブ取材記〈8〉】[レシピ]超簡単なメゼ!キュウリとミントのヨーグルトサラダ
文と写真・サラーム海上 ■イケてる町、ヤッフォにある音楽スタジオ訪問 2019年11月25日月曜正午、テルアビブのカルメル市場から宿の部屋へと戻った僕は、大量に買い込んだオリーブやバブカ(チョコレートやポピ…
本格的な餃子を作る中国出身女性も認めた、日本の「餃子の皮」。その〝底ぢから〟にあっぱれ! で、今では我が家の冷蔵庫の常備品(簡単レシピ付き)【リレーエッセイ「餃子編」vol.5】佐藤美由紀
2021.9.19
本格的な餃子を作る中国出身女性も認めた、日本の「餃子の皮」。その〝底ぢから〟にあっぱれ! で、今では我が家の冷蔵庫の常備品(簡単レシピ付き)【リレーエッセイ「餃子編」vol.5】佐藤美由紀
その昔、中国大陸にハマっていて、バックパックで1か月間の放浪を2度経験した。その後も、今よりずっと素朴で、でも、当時の中国のどの都市よりも洗練された感のあった上海に惚れ込んで、何度も通った。青島ビー…
みんみん、香蘭、宇都宮餃子館。“餃子王国宇都宮”を目指して北北東に進路をとれ! 僕等の「スタンド・バイ・ミー」物語【リレーエッセイ「餃子編」vol.4】コージー中嶋(編集部)
2021.9.18
みんみん、香蘭、宇都宮餃子館。“餃子王国宇都宮”を目指して北北東に進路をとれ! 僕等の「スタンド・バイ・ミー」物語【リレーエッセイ「餃子編」vol.4】コージー中嶋(編集部)
「腹減ったなぁ、餃子が食べたいな」親友J(ジェイ)のそんな何気ないひと言から僕等の旅は始まった。かなり昔、餃子にまつわるエトセトラ。 その日僕とJは、いつものように僕の家に集合し、夏特有の気だるい空気…
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. グルメの2ページへ