中央アジア 中央アジア

「ウズベキスタン・ヒヴァ」 室橋裕和【越えて国境、迷ってアジア アーカイブ(中央アジア編)#71】トルクメニスタンとの国境間近にまで迫るも越境は叶わず、生きている遺跡都市へ!
2019.3.13
「ウズベキスタン・ヒヴァ」 室橋裕和【越えて国境、迷ってアジア アーカイブ(中央アジア編)#71】トルクメニスタンとの国境間近にまで迫るも越境は叶わず、生きている遺跡都市へ!
文と写真・室橋裕和砂漠が広がるウズベキスタン南部のオアシス都市。そこにはシルクロードの交易がさかんだった時代の空気が閉じ込められていた。中世の街をそっくりそのまま保存し、いまもそこで人が暮らしている…
「ウズベキスタン・アラル海」室橋裕和【越えて国境、迷ってアジア(中央アジア編)#70】「史上最悪の環境破壊」で消失した海の向こうには国境がある…旧ソ連の乱開発のツケは大きかった
2019.2.26
「ウズベキスタン・アラル海」室橋裕和【越えて国境、迷ってアジア(中央アジア編)#70】「史上最悪の環境破壊」で消失した海の向こうには国境がある…旧ソ連の乱開発のツケは大きかった
文と写真・室橋裕和バックパッカーに人気が高まっているウズベキスタン。その西の果て、砂塵吹き荒れる荒野には、かつて豊かな海があり、そして国境の街があったのだ。しかしいまは「墓場」と呼ばれる場所となって…
「アフガニスタン~パキスタン」室橋裕和【越えて国境、迷ってアジア #19】「僕は半泣きで、その迷宮の中を引き回されていた…」国境ジャーナリストが見た18年前の国際市場「スマグラバザール」
2016.12.28
「アフガニスタン~パキスタン」室橋裕和【越えて国境、迷ってアジア #19】「僕は半泣きで、その迷宮の中を引き回されていた…」国境ジャーナリストが見た18年前の国際市場「スマグラバザール」
文と写真/室橋裕和【戦火のアフガニスタン、銃声の記憶】 アフガニスタンとパキスタンの国境沿いには、どの国の統治も及ばない無政府エリアが広がっている。テロリストの温床ともいわれるその危険地帯には、違法な品々を堂々扱うマーケットがあった。麻薬や銃器があふれる国境デンジャラス市場を探索する。