丸山ゴンザレス 丸山ゴンザレス

丸山ゴンザレス【埼玉県「吉見百穴」レポート with 麻美ゆま】(動画)
2021.7.22
丸山ゴンザレス【埼玉県「吉見百穴」レポート with 麻美ゆま】(動画)
YouTubeのチャンネル登録者数が50万人超!今や人気ユーチューバーの仲間入りを果たした丸山ゴンザレス氏。だが、海外のスラム街や麻薬組織に潜入取材を敢行する「危険地帯ジャーナリスト」の彼が「考古学者」という別の顔を持つことは意外と知られていない。実は丸山氏、大学・大学院で考古学を専攻し、修士号を取得した、まぎれもない学者なのだ。日本最大級の横穴群の遺跡である埼玉県比企郡吉見町の「吉見百穴」をタレントの麻美ゆまちゃんと巡る動画をお届けする。
丸山ゴンザレス【サスカッチを探して】ハイブリッド考古学~アメリカ編~
2021.7.20
丸山ゴンザレス【サスカッチを探して】ハイブリッド考古学~アメリカ編~
 遺跡の分布調査では何をもって遺跡と認定するのか。古墳だったらマウンド(墳丘)を発見すればいいのだが、住居跡などのように目で見て確認できないところもある。そういうところは表面採集(表採)で遺物包含層の有無を確認する。大事なのは痕跡、つまり遺物を発見することが、遺跡発掘の第一歩だということだ。  そんな表採の経験が役に立った(?)話。それは、2016年にアメリカのオレゴン州ポートランドを取材した時のことだった。
丸山ゴンザレス【情報収集とマリファナ畑】ハイブリッド考古学~ジャマイカ編~
2021.7.19
丸山ゴンザレス【情報収集とマリファナ畑】ハイブリッド考古学~ジャマイカ編~
 海外を取材していて考古学的なことに偶然出くわした経験がある一方、考古学の知識やノウハウがジャーナリストとしての取材に生きた経験もいくつかある。そんなエピソードも紹介しよう。  これは、私がフリーライターとして活動していた頃の話だ。どうにも生活費が足りず、どんな仕事でも受けまくっていた。  たとえば真冬の山に行って熊に出合ってくださいとか、ホームレスになってしばらく暮らしてください、逃亡者になってください……。さすがにコレは!? と思うものもあったが、無理やり納得することにしていた。
丸山ゴンザレス【リハビリ考古旅】
2021.7.9
丸山ゴンザレス【リハビリ考古旅】
 YouTubeのチャンネル登録者数が54万人超!今や人気ユーチューバーの仲間入りを果たした丸山ゴンザレス氏だが、海外のスラム街や麻薬組織に潜入取材を敢行する「危険地帯ジャーナリスト」の彼が「考古学者」という別の顔を持つことは意外と知られていない。実は丸山氏、大学・大学院で考古学を専攻し、修士号を取得した、まぎれもない学者なのだ。そんな丸山氏が、自身の研究者人生と考古学の持論を綴ったエッセイ『MASTERゴンザレスのクレイジー考古学』(双葉社)が2021年1月に刊行された。TABILISTAのリニューアルを機に単行本のベースとなった連載全22回のアーカイブ(2)をお届けする。
丸山ゴンザレス【ジャーナリストは考古学から生まれた】
2021.7.8
丸山ゴンザレス【ジャーナリストは考古学から生まれた】
 YouTubeのチャンネル登録者数が54万人超!今や人気ユーチューバーの仲間入りを果たした丸山ゴンザレス氏だが、海外のスラム街や麻薬組織に潜入取材を敢行する「危険地帯ジャーナリスト」の彼が「考古学者」という別の顔を持つことは意外と知られていない。実は丸山氏、大学・大学院で考古学を専攻し、修士号を取得した、まぎれもない学者なのだ。そんな丸山氏が、自身の研究者人生と考古学の持論を綴ったエッセイ『MASTERゴンザレスのクレイジー考古学』(双葉社)が2021年1月に刊行された。TABILISTAのリニューアルを機に単行本のベースとなった連載のアーカイブ全22回をお届けする。
  1. 1
  2. 2
  3. 丸山ゴンザレスの2ページへ