人情横丁 人情横丁

平成から令和へ…時代の変遷が目まぐるしい神戸で昭和の横丁を探訪する~日本横丁ルポ~【元バンコクNo.1キャバ嬢が行く!「呑んだくれ横丁探訪」vol.15】カワノアユミ
2022.5.17
平成から令和へ…時代の変遷が目まぐるしい神戸で昭和の横丁を探訪する~日本横丁ルポ~【元バンコクNo.1キャバ嬢が行く!「呑んだくれ横丁探訪」vol.15】カワノアユミ
あらゆる都市で再開発計画が進む日本。だが、工事がなかなか進まないゆえに街の景観がちぐはぐなエリアを見かけることがある。その代表例といえるのが現在の神戸だろう。阪急神戸線とJR神戸線が交差する旧・神戸阪…
上野アメ横が若者の街に…誰もが知る横丁の今を探る~日本横丁ルポ~【元バンコクNo.1キャバ嬢が行く!「呑んだくれ横丁探訪」vol.14】カワノアユミ
2022.5.3
上野アメ横が若者の街に…誰もが知る横丁の今を探る~日本横丁ルポ~【元バンコクNo.1キャバ嬢が行く!「呑んだくれ横丁探訪」vol.14】カワノアユミ
東京に行く機会があったので上野に泊まることとなった。上野は東京出身の人からすれば「観光客が遊びに行く街」「地元のおっちゃん達が昼間から飲んでいる街」という印象があるかもしれない。私もその1人だったが…
名古屋うまいもん探訪…レトロ地下街で「激うみゃー」な地元のおつまみに舌鼓【元バンコクNo.1キャバ嬢が行く!「呑んだくれ横丁探訪」vol.13】カワノアユミ
2022.4.19
名古屋うまいもん探訪…レトロ地下街で「激うみゃー」な地元のおつまみに舌鼓【元バンコクNo.1キャバ嬢が行く!「呑んだくれ横丁探訪」vol.13】カワノアユミ
トークイベントのために名古屋にやってきた。名古屋には何度か来たことがあり、名物といわれるものはほぼ食べたつもりだ。好きな名古屋メシは、風来坊の手羽先、台湾ラーメン、ベトコンラーメンがTOP3である。今回…
艋舺(万華)との出合い、大衆酒場が教えてくれたこと、地方へのまなざし【台湾の人情食堂vol.51「わたしの台北 街ものがたり〈2010年〜〉」】光瀬憲子
2022.3.28
艋舺(万華)との出合い、大衆酒場が教えてくれたこと、地方へのまなざし【台湾の人情食堂vol.51「わたしの台北 街ものがたり〈2010年〜〉」】光瀬憲子
文/光瀬憲子 【前の記事】「台湾が好きなら、また来ればいい」占い師の答えに涙が止まらなくなった【台湾の人情食堂アーカイブ vol.50「わたしの台北 街ものがたり〈2000年~2007年〉」】光瀬憲子  私が台湾…
「ホンパッ(혼밥)」「ホンスル(혼술)」“お一人さま”でも居心地のよい店【韓国の旅と酒場とグルメ横丁 vol.31「ソウル、一人で気楽に飲み食いできる店」】チョン・ウンスク
2022.3.24
「ホンパッ(혼밥)」「ホンスル(혼술)」“お一人さま”でも居心地のよい店【韓国の旅と酒場とグルメ横丁 vol.31「ソウル、一人で気楽に飲み食いできる店」】チョン・ウンスク
最近、韓国の外食シーンで注目されている言葉がある。 一人メシを表すホンパッ(혼밥)と一人酒を表すホンスル(혼술)だ。ホンは「一人」を意味する혼자(ホンジャ)の頭文字、パッは「ごはん」、スルは「酒」の…
底辺キャバ嬢、金欠で大阪名物「地下飲み屋街」でせんべろする【元バンコクNo.1キャバ嬢が行く!「呑んだくれ横丁探訪」vol.11】カワノアユミ
2022.3.22
底辺キャバ嬢、金欠で大阪名物「地下飲み屋街」でせんべろする【元バンコクNo.1キャバ嬢が行く!「呑んだくれ横丁探訪」vol.11】カワノアユミ
……今月、私は金欠に陥っていた。年末年始に行ったタイで豪遊、帰国後の出張や趣味のボートレースで負け続けた結果、ついに有り金が数千円を切ってしまった。何気に金がかかるこの横丁探訪。だが、金がなくても酒…
「目を見てしまった…!」一生に一度だけどうしても食べられなかった韓国の大衆酒場で出てきた貴重な料理「サロン」とは?【リレーエッセイ~ 旅リスタ★食べリスタ~「食にまつわるハプニング」vol.3】チョン・ウンスク
2022.3.21
「目を見てしまった…!」一生に一度だけどうしても食べられなかった韓国の大衆酒場で出てきた貴重な料理「サロン」とは?【リレーエッセイ~ 旅リスタ★食べリスタ~「食にまつわるハプニング」vol.3】チョン・ウンスク
なんでも美味しく食べる人間である。 誰が言ったか「世界三大悪臭料理」のひとつとされるエイもしょっちゅう食べるし、東京は上野のガード下では魚醤に漬けた魚の干物(くさや)もいただいた。 そんな私だが、一…
駅近で気軽に入れる美味い駅前食堂をピックアップ!【台湾の人情食堂 vol.56「途中下車のお楽しみ、駅前食堂の旅〈2〉台北、基隆、彰化、美麗島、池上」】光瀬憲子
2022.3.17
駅近で気軽に入れる美味い駅前食堂をピックアップ!【台湾の人情食堂 vol.56「途中下車のお楽しみ、駅前食堂の旅〈2〉台北、基隆、彰化、美麗島、池上」】光瀬憲子
文/光瀬憲子 前回に引き続き、駅から歩いてすぐのところにある美味い食堂をご紹介する。今回も台北はもちろんのこと、ちょっと足を伸ばせば行ける基隆や、はるか南部の高雄まで、気軽に入れる駅前食堂をピックア…
コロナ禍の横丁探訪…雨の奈良で大和の特産品を堪能する【元バンコクNo.1キャバ嬢が行く!「呑んだくれ横丁探訪」vol.10】カワノアユミ
2022.3.8
コロナ禍の横丁探訪…雨の奈良で大和の特産品を堪能する【元バンコクNo.1キャバ嬢が行く!「呑んだくれ横丁探訪」vol.10】カワノアユミ
日本には様々な横丁がある。表通りから少し逸れた道に入ると並ぶ小さな看板の数々。ノスタルジックな赤ちょうちんやスナックが並ぶ”昭和横丁”から、バブル崩壊以降は寂れた趣の”平成横丁”。今どきの若者に人気の渋谷や恵比寿にある”令和横丁”まで、横丁にはその街の歴史が詰まっている。その空気に惹きつけられるかのように、今日も日本のどこかの横丁で呑んだくれる女が1人……。これは、元底辺キャバ嬢カワノアユミが織りなす横丁探訪記である。。
公園、市場、呑み屋街。沖縄で猫に出会える3大スポット!呑み屋街で出会った、島猫たちのつぶやきを聞いてみる【琉球島猫百景 vol.32 《呑み屋街の猫》「通い野良、夜の町をゆく」】
2022.2.19
公園、市場、呑み屋街。沖縄で猫に出会える3大スポット!呑み屋街で出会った、島猫たちのつぶやきを聞いてみる【琉球島猫百景 vol.32 《呑み屋街の猫》「通い野良、夜の町をゆく」】
写真/仲程長治 文/シマネコキネマ 沖縄で猫に出会える3大スポットといえば、公園、市場、そして呑み屋街だ。この3つが隣接しているエリアには、島猫がいる確率がかなり高い。食べる、寝る、遊ぶ…往年のコマ…
日本に大寒波が訪れると、台湾も厳しい寒さに見舞われている⁉ 身体の芯からあたたまる漢方系の食べ物が充実!【台湾の人情食堂・アーカイブ vol.52「じつは寒い! 冬の台北の過ごし方」】光瀬憲子 
2022.2.9
日本に大寒波が訪れると、台湾も厳しい寒さに見舞われている⁉ 身体の芯からあたたまる漢方系の食べ物が充実!【台湾の人情食堂・アーカイブ vol.52「じつは寒い! 冬の台北の過ごし方」】光瀬憲子 
文/光瀬憲子  台湾は沖縄よりも南にある。島全体は亜熱帯に属し、最南端の墾丁(ケンディン)という場所だけは熱帯に属する常夏の島だ。でも、冬場は意外と寒い日がある。関東地方で突然大雪が降ると、雪慣れし…
台湾で「朝市に野菜を買いに行かないか?」は口説き文句⁉ その意味とは…!? 【台湾の人情食堂 アーカイブ  vol.5「台北朝散歩、廟めぐり、朝ごはん」】光瀬憲子
2022.2.4
台湾で「朝市に野菜を買いに行かないか?」は口説き文句⁉ その意味とは…!? 【台湾の人情食堂 アーカイブ vol.5「台北朝散歩、廟めぐり、朝ごはん」】光瀬憲子
文/光瀬憲子  「朝市に野菜を買いに行かないか?」 というのが、台湾人である元夫の口説き文句だった。 まだ台湾に暮らし始めたばかりの頃で、朝市がどんなものなのか知らず、戸惑った。台湾には至るところに…
「台湾で食べるべき10大フード!」光瀬憲子【台湾の人情食堂アーカイブ vol.4】 蚵仔煎、魯肉飯、牛肉麺…、筆者がセレクトした台湾食は?
2022.2.3
「台湾で食べるべき10大フード!」光瀬憲子【台湾の人情食堂アーカイブ vol.4】 蚵仔煎、魯肉飯、牛肉麺…、筆者がセレクトした台湾食は?
台湾に(海外に)自由に行けなくなって2年。原点回帰で【台湾の人情食堂】の連載第4回目「台湾で食べるべき10大フード!」をふり返ってみたい。行けないからこそ、台湾への想いが募るもの。明けない夜がないように、先の見えないウイルスとの闘いもいつかは明けるはず。コロナ後の台湾旅行に思いを馳せながら読んでいただければ幸いである。
光瀬憲子【台湾の人情食堂 アーカイブ vol.3「台北の浅草、あえて艋舺(バンカ)と呼びたい街」】清水厳祖師廟の境内で極道談議!? ちょっぴり勇気を出して歩く、艋舺の裏通り
2022.2.2
光瀬憲子【台湾の人情食堂 アーカイブ vol.3「台北の浅草、あえて艋舺(バンカ)と呼びたい街」】清水厳祖師廟の境内で極道談議!? ちょっぴり勇気を出して歩く、艋舺の裏通り
台湾に(海外に)自由に行けなくなって2年。行けないからこそ、台湾への想いが募るもの。原点回帰で「台湾の人情食堂」の連載第3回目「台北の浅草、あえて艋舺(バンカ)と呼びたい街」(2016年1月)をお届けする。裏路地はレトロな雰囲気、ちょっぴりディープな台北の繁華街を歩く。コロナ後の台湾旅行に思いを馳せながら読んでいただければ幸いである。
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 人情横丁の2ページへ