台湾 台湾

光瀬憲子【台湾の人情食堂#96「知られざる台湾の保存食文化」】台湾では保存食がどんなふうに食べられている? 旧暦の正月に食べることが多い酸菜は、ひと月ほど漬けた後、旧正月のごちそうに添えられる。 
2019.12.13
光瀬憲子【台湾の人情食堂#96「知られざる台湾の保存食文化」】台湾では保存食がどんなふうに食べられている? 旧暦の正月に食べることが多い酸菜は、ひと月ほど漬けた後、旧正月のごちそうに添えられる。 
文/光瀬憲子   2019年の10月に『台湾漬 二十四節気の保存食』(種籽設計 著/翔泳社 刊)という書籍の日本語翻訳を担当する機会に恵まれた。 この本はレシピだけでなく、台湾の保存食の歴史、文化、そして作…
光瀬憲子【台湾の人情食堂 #80「台湾vsアジア 似たものグルメ対決!」】朝ごはん、サンドイッチ、スイーツ、チマキ、フルーツ…台湾とベトナム、カンボジアの食事情を比べてみた!
2019.4.5
光瀬憲子【台湾の人情食堂 #80「台湾vsアジア 似たものグルメ対決!」】朝ごはん、サンドイッチ、スイーツ、チマキ、フルーツ…台湾とベトナム、カンボジアの食事情を比べてみた!
カンボジアとベトナムで食べ歩きを楽しんできた。 東南アジアの国々でも華僑は存在感があり、特に中国に近いベトナム北部のハノイには中華系の食べ物も多かった。一方で、カンボジアとベトナムはかつてはフランス領だったため、フランス料理の要素も多分に含んでいる。 今回は台湾グルメと東南アジアグルメを比較してみたい。
光瀬憲子【台湾の人情食堂#58「台北駅から15分の隠れグルメスポット、板橋〈2〉」】日本人旅行者には若干ハードルが高いが、だからこそ、板橋で麻油雞デビューしてほしい!
2018.4.20
光瀬憲子【台湾の人情食堂#58「台北駅から15分の隠れグルメスポット、板橋〈2〉」】日本人旅行者には若干ハードルが高いが、だからこそ、板橋で麻油雞デビューしてほしい!
文/光瀬憲子  台北の隠れグルメタウン、板橋。台北駅からMRT板南線で15分のところにある府中駅は、川向こうの下町らしい見どころがある。   府中駅からすぐのところにある慈恵宮や黄石市場はもちろんだが…
光瀬憲子【台湾の人情食堂#57「台北駅から15分の隠れグルメスポット、板橋〈1〉」】 板橋と言っても、東京都の板橋区ではなく、韓国京機道の板橋洞でも忠清南道の板橋面でもない。台北のおとなりにある板橋(バンチャオ)区のこと
2018.4.6
光瀬憲子【台湾の人情食堂#57「台北駅から15分の隠れグルメスポット、板橋〈1〉」】 板橋と言っても、東京都の板橋区ではなく、韓国京機道の板橋洞でも忠清南道の板橋面でもない。台北のおとなりにある板橋(バンチャオ)区のこと
文/光瀬憲子  板橋と言っても、東京都の板橋区ではなく、韓国京機道の板橋洞でも忠清南道の板橋面でもない。台北のおとなりにある板橋(バンチャオ)区のことだ。台北のとなりの板橋は位置づけとしては東京の板…
光瀬憲子【台湾の人情食堂#56「途中下車のお楽しみ、駅前食堂の旅〈2〉」】駅近で気軽に入れる美味い駅前食堂をピックアップ!《台北、基隆、彰化、美麗島、池上》
2018.3.16
光瀬憲子【台湾の人情食堂#56「途中下車のお楽しみ、駅前食堂の旅〈2〉」】駅近で気軽に入れる美味い駅前食堂をピックアップ!《台北、基隆、彰化、美麗島、池上》
文/光瀬憲子 前回に引き続き、駅から歩いてすぐのところにある美味い食堂をご紹介する。今回も台北はもちろんのこと、ちょっと足を伸ばせば行ける基隆や、はるか南部の高雄まで、気軽に入れる駅前食堂をピックア…
光瀬憲子【台湾の人情食堂#55「途中下車のお楽しみ、駅前食堂の旅〈1〉」 】もはや台湾飯テロ!? 途中下車して腹ごなし、電車に乗る前にちょっと1杯! 台湾各地の駅に近い食堂に焦点を当ててみた《台北、​北投、新竹、基隆、嘉義、​美麗島(高雄)、礁渓》
2018.3.2
光瀬憲子【台湾の人情食堂#55「途中下車のお楽しみ、駅前食堂の旅〈1〉」 】もはや台湾飯テロ!? 途中下車して腹ごなし、電車に乗る前にちょっと1杯! 台湾各地の駅に近い食堂に焦点を当ててみた《台北、​北投、新竹、基隆、嘉義、​美麗島(高雄)、礁渓》
文・光瀬憲子 車の運転があまり得意ではないので、日本での移動は電車に頼りっぱなしだ。日本では電車の時刻は人々の暮らしと密接に関わりがあり、駅を中心に生活圏が形成される。 一方、台湾の電車、特に台鉄(…
光瀬憲子【台湾の人情食堂#54 「せっかちな私ですが、高鉄より台鉄の旅が好き」】「のぞみ」よりも「こだま」がいい。台湾でも高鉄より断然、台鉄(在来線)を選ぶ。私の鉄路の旅の楽しみ方
2018.2.16
光瀬憲子【台湾の人情食堂#54 「せっかちな私ですが、高鉄より台鉄の旅が好き」】「のぞみ」よりも「こだま」がいい。台湾でも高鉄より断然、台鉄(在来線)を選ぶ。私の鉄路の旅の楽しみ方
文/光瀬憲子  自分でも嫌になるくらいせっかちなタチだ。旅先では常にいちばん効率のよい動線を考えて移動する。なので台湾では高鉄(台湾新幹線)ばかり利用していると思われがちだが、電車に関してだけは各駅…
光瀬憲子【台湾の人情食堂#52「じつは寒い! 冬の台北の過ごし方」】日本に大寒波が訪れると、台湾も厳しい寒さに見舞われている⁉ 身体の芯からあたたまる漢方系の食べ物が充実!
2018.1.19
光瀬憲子【台湾の人情食堂#52「じつは寒い! 冬の台北の過ごし方」】日本に大寒波が訪れると、台湾も厳しい寒さに見舞われている⁉ 身体の芯からあたたまる漢方系の食べ物が充実!
文/光瀬憲子  台湾は沖縄よりも南にある。島全体は亜熱帯に属し、最南端の墾丁(ケンディン)という場所だけは熱帯に属する常夏の島だ。でも、冬場は意外と寒い日がある。関東地方で突然大雪が降ると、雪慣れし…
光瀬憲子【台湾の人情食堂#51「わたしの台北 街ものがたり〈2010年〜〉」】艋舺(万華)との出合い、大衆酒場が教えてくれたこと、地方へのまなざし
2018.1.5
光瀬憲子【台湾の人情食堂#51「わたしの台北 街ものがたり〈2010年〜〉」】艋舺(万華)との出合い、大衆酒場が教えてくれたこと、地方へのまなざし
文/光瀬憲子 【前の記事】「台湾が好きなら、また来ればいい」占い師の答えに涙が止まらなくなった【台湾の人情食堂アーカイブ vol.50「わたしの台北 街ものがたり〈2000年~2007年〉」】光瀬憲子  私が台湾…
光瀬憲子【台湾の人情食堂#50「わたしの台北 街ものがたり〈2000年~2007年〉」】「台湾が好きなら、また来ればいい」占い師の答えに涙が止まらなくなった…
2017.12.15
光瀬憲子【台湾の人情食堂#50「わたしの台北 街ものがたり〈2000年~2007年〉」】「台湾が好きなら、また来ればいい」占い師の答えに涙が止まらなくなった…
文/光瀬憲子【前の記事】『新光三越』と『そごう』が心のよりどころ【台湾の人情食堂アーカイブ vol.49「わたしの台北 街ものがたり〈1990年代〉」】光瀬憲子  2000年前後の台湾というのは、いろいろなこ…
光瀬憲子【台湾の人情食堂#05「台北朝散歩、廟めぐり、朝ごはん」】台湾で「朝市に野菜を買いに行かないか?」は口説き文句⁉ その意味とは…!? 
2016.2.5
光瀬憲子【台湾の人情食堂#05「台北朝散歩、廟めぐり、朝ごはん」】台湾で「朝市に野菜を買いに行かないか?」は口説き文句⁉ その意味とは…!? 
文/光瀬憲子  「朝市に野菜を買いに行かないか?」 というのが、台湾人である元夫の口説き文句だった。 まだ台湾に暮らし始めたばかりの頃で、朝市がどんなものなのか知らず、戸惑った。台湾には至るところに…
光瀬憲子【台湾の人情食堂 #03「台北の浅草、あえて艋舺(バンカ)と呼びたい街」】清水厳祖師廟の境内で極道談議!? ちょっぴり勇気を出して歩く、艋舺の裏通り
2016.1.15
光瀬憲子【台湾の人情食堂 #03「台北の浅草、あえて艋舺(バンカ)と呼びたい街」】清水厳祖師廟の境内で極道談議!? ちょっぴり勇気を出して歩く、艋舺の裏通り
文/光瀬憲子  台北は雨が多い街だ。5月、6月は梅雨に当たり、7月から9月はスコールのような激しい雨がザッーと街を濡らす。そして12月から2月の冬は骨を湿らせるような冷たい雨がしとしとと降り続く。 台…
光瀬憲子【台湾の人情食堂#02「台北駅前ドミトリ―と美味しい散歩道」】水餃子、炸醬麵、燒臘、変わり種スイーツ…懐かしくも食欲がそそられる
2015.12.15
光瀬憲子【台湾の人情食堂#02「台北駅前ドミトリ―と美味しい散歩道」】水餃子、炸醬麵、燒臘、変わり種スイーツ…懐かしくも食欲がそそられる
文・光瀬憲子  北は馬祖列島から南は墾丁まで、台湾各地を食べ歩くようになって、あらためて台北駅の大切さに気づいた。台北駅は日本で言えば東京駅のように、地下鉄、在来線(台鐵)、高速鉄道(高鐵)などの路…
  1. 台湾の3ページへ
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4