和歌山 和歌山

南海電鉄の主要路線「高野線」の一部でありながら、まったく様相の異なる「こうや花鉄道」。正真正銘の「秘境駅」もあり!【関西鉄道路線周辺曼荼羅#12】歯黒猛夫
2022.7.26
南海電鉄の主要路線「高野線」の一部でありながら、まったく様相の異なる「こうや花鉄道」。正真正銘の「秘境駅」もあり!【関西鉄道路線周辺曼荼羅#12】歯黒猛夫
同じ路線でありながら、異なる印象を与えてくれる区間がある。まるで支線のようなあつかいであり、直通列車もあるにはあるが違う形式の車両が走っていたりもする。南海高野線の橋本駅~極楽橋駅間がそれだ。 これ…
和歌山・岩出の自家菜園に囲まれ自然と共存するイタリア料理店「villa aida」。【料理評論家 山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」vol.79 和歌山・岩出】
2022.7.25
和歌山・岩出の自家菜園に囲まれ自然と共存するイタリア料理店「villa aida」。【料理評論家 山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」vol.79 和歌山・岩出】
文・写真/山本益博  本来なら、この回は「津・名古屋」だったのですが、たまには旅の目的が外れることがあるもので、和歌山の岩出となりました。1泊2日で出かけるつもりが、旅の前後のスケジュールがタイトに…
【わざわざ飛行機に乗って麺の旅2022 vol.13和歌山(後編)】1953年創業、行列のたえない和歌山ラーメン「山為食堂」の濃厚中華そば、和歌山の町中華の王道「九龍」の餡かけチャンポンとパラパラ焼飯は旨かった。
2022.6.4
【わざわざ飛行機に乗って麺の旅2022 vol.13和歌山(後編)】1953年創業、行列のたえない和歌山ラーメン「山為食堂」の濃厚中華そば、和歌山の町中華の王道「九龍」の餡かけチャンポンとパラパラ焼飯は旨かった。
文と写真/タカヤマコジロー なにしろラーメンが好きなもので。わざわざ飛行機に乗って、和歌山にラーメンを食べに行ってきました。  後編は和歌山2日目、「麺屋 鳥見本」の無化調の鶏白湯、老舗「山為食堂」の…
【わざわざ飛行機に乗って麺の旅2022 vol.12和歌山(前編)】 和歌山は駅改札からすぐのデパ地下、駅ビルのラーメンが旨い! 和歌山駅前「清乃 近鉄百貨店和歌山店」、和歌山市駅直結「麺屋 丈六 キーノ和歌山」で芳醇な醤油ラーメンを堪能する。
2022.5.28
【わざわざ飛行機に乗って麺の旅2022 vol.12和歌山(前編)】 和歌山は駅改札からすぐのデパ地下、駅ビルのラーメンが旨い! 和歌山駅前「清乃 近鉄百貨店和歌山店」、和歌山市駅直結「麺屋 丈六 キーノ和歌山」で芳醇な醤油ラーメンを堪能する。
文と写真/タカヤマコジロー なにしろラーメンが好きなもので。わざわざ飛行機に乗って、和歌山にラーメンを食べに行ってきました。 GW後半は比較的航空運賃が安く、関空から宮古島へは格安9,940円! これは宮古…
新旧の住民が混在する歴史あるエリア。ベッドタウンとして発展したものの、正念場を迎えてしまった南海高野沿線【関西鉄道路線周辺曼荼羅 vol.4】歯黒猛夫
2022.3.28
新旧の住民が混在する歴史あるエリア。ベッドタウンとして発展したものの、正念場を迎えてしまった南海高野沿線【関西鉄道路線周辺曼荼羅 vol.4】歯黒猛夫
南海電鉄における主力路線の1つが高野線。難波駅を始点として岸里玉出駅を経由し、極楽橋駅まで通じる。 ただし、正式な起点は汐見橋駅だ。にもかかわらず、岸里玉出駅~汐見橋駅間は現在、「汐見橋線」という支…
関空から和歌山へ、東京からわざわざ飛行機に乗って158杯目、有田市「和dining清乃」豊潤醤油ラーメン、和歌山市「井出商店」濃厚中華そばを食べに行ってきます。【飛行機で麺の旅2019 vol.24 (和歌山編)】高山コジロー
2021.11.19
関空から和歌山へ、東京からわざわざ飛行機に乗って158杯目、有田市「和dining清乃」豊潤醤油ラーメン、和歌山市「井出商店」濃厚中華そばを食べに行ってきます。【飛行機で麺の旅2019 vol.24 (和歌山編)】高山コジロー
文と写真・高山コジロー わざわざ飛行機に乗って、和歌山に麺を食べに行ってきました。2019年、麺の旅も今回がラストとなる。 未訪の鹿児島、岡山、山口など候補地はあったが、和歌山県有田市にどうしても行って…
 和歌山のカオサン? ノスタルジックな町並みとアジアの横丁が融合した元寺町で呑んだくれる【元バンコクNo.1キャバ嬢が行く!「呑んだくれ横丁探訪」vol.1】カワノアユミ
2021.10.20
 和歌山のカオサン? ノスタルジックな町並みとアジアの横丁が融合した元寺町で呑んだくれる【元バンコクNo.1キャバ嬢が行く!「呑んだくれ横丁探訪」vol.1】カワノアユミ
 日本には様々な横丁がある。表通りから少し逸れた道に入ると並ぶ小さな看板の数々。ノスタルジックな赤ちょうちんやスナックが並ぶ”昭和横丁”から、バブル崩壊以降は寂れた趣の”平成横丁”。今どきの若者に人気の渋谷や恵比寿にある”令和横丁”まで、横丁にはその街の歴史が詰まっている。その空気に惹きつけられるかのように、今日も日本のどこかの横丁で呑んだくれる女が1人……。これは、元底辺キャバ嬢カワノアユミが織りなす横丁探訪記である。