宮城 宮城

3月に長渕剛、4月には明石家さんま、大物芸能人の来訪が続く宮城県石巻市。脱線した東北新幹線も復旧し、3年前に訪れた場所に復興の足跡を辿る!【東日本大震災から11年、石巻2022春(前編)】
2022.5.13
3月に長渕剛、4月には明石家さんま、大物芸能人の来訪が続く宮城県石巻市。脱線した東北新幹線も復旧し、3年前に訪れた場所に復興の足跡を辿る!【東日本大震災から11年、石巻2022春(前編)】
2022年3月11日。東日本大震災から11年となるこの日、宮城県石巻市で行なわれた追悼式典でサプライズで登場した長渕剛が鎮魂の祈りを込めて3曲を熱唱し、復興への新たな一歩を踏み出した(前回記事参照)…
長渕剛がステージへ上がり、遺族ら約80人の参列者の前で鎮魂の想いを込め3曲を熱唱!【石巻・牡鹿半島/絶景・美食・縄文2022 vol.1「3.11石巻市追悼式」】
2022.3.25
長渕剛がステージへ上がり、遺族ら約80人の参列者の前で鎮魂の想いを込め3曲を熱唱!【石巻・牡鹿半島/絶景・美食・縄文2022 vol.1「3.11石巻市追悼式」】
「歌手の長渕剛様による献歌です」 司会者がこう告げると、石巻南浜津波復興祈念公園で行なわれていた慰霊式典の会場が俄かにざわついた。 会場内に設置されたまっ白なステージに長渕さんが上り、式典に出席して…
名人小野寺望さんは、鹿を一発で仕留め、素早く解体し、その自然の命を、自分たちの命をつなぐものとして、敬意を払う。【日本のジビエ】宮城県石巻に「鹿を仕留める名人を訪ねる」山本益博
2022.3.19
名人小野寺望さんは、鹿を一発で仕留め、素早く解体し、その自然の命を、自分たちの命をつなぐものとして、敬意を払う。【日本のジビエ】宮城県石巻に「鹿を仕留める名人を訪ねる」山本益博
ヨーロッパでは、古くからジビエ料理を楽しむ食文化が育まれてきた。「ジビエ(GIBIER)」はフランス語で、狩猟で仕留めた食肉用の野生鳥獣のこと。山野を駆けまわり、大空を舞った天然の肉は、脂肪が少なく栄養価…
「オルレ? オルレって何ですか?」【石巻・牡鹿半島~絶景・美食・縄文~アーカイブ vol.01「宮城オルレ 奥松島コース」を歩いてみた】ー東日本大震災から11年ー
2022.3.12
「オルレ? オルレって何ですか?」【石巻・牡鹿半島~絶景・美食・縄文~アーカイブ vol.01「宮城オルレ 奥松島コース」を歩いてみた】ー東日本大震災から11年ー
文と写真/編集部  「宮城オルレのオープニングセレモニーがあるんですけど、参加しませんか?」「オルレ? オルレって何ですか?」  地方食品のブランディングを手掛けているA氏から虎ノ門ヒルズ2階にある…
韓国人紀行作家のチョン・ウンスクさんによる寄稿ルポ「写真で語る、奥松島・石巻の魅力<後編>」宮城オルレ、人情酒場、酒造見学、石巻焼きそば…【石巻・牡鹿半島 ~絶景・美食・縄文~ アーカイブ vol.12】ー東日本大震災から11年ー
2022.1.14
韓国人紀行作家のチョン・ウンスクさんによる寄稿ルポ「写真で語る、奥松島・石巻の魅力<後編>」宮城オルレ、人情酒場、酒造見学、石巻焼きそば…【石巻・牡鹿半島 ~絶景・美食・縄文~ アーカイブ vol.12】ー東日本大震災から11年ー
「石巻・牡鹿半島」シリーズ 。今回は、当サイト「TABILISTA」で『韓国の旅と酒場とグルメ横丁』を連載していただいている韓国人紀行作家のチョン・ウンスクさんによる2019年の寄稿ルポ(後編)をお届けする。ソウ…
丸山ゴンザレスが地元宮城の石巻で超穴場の縄文遺跡へ!【石巻・牡鹿半島~絶景・美食・縄文~アーカイブ vol.04「縄文人に立ち返る石巻の旅路 ~OSHIKA ROAD SIDE TRAVEL2019~(後編)」】
2021.12.1
丸山ゴンザレスが地元宮城の石巻で超穴場の縄文遺跡へ!【石巻・牡鹿半島~絶景・美食・縄文~アーカイブ vol.04「縄文人に立ち返る石巻の旅路 ~OSHIKA ROAD SIDE TRAVEL2019~(後編)」】
『クレイジージャーニー』(TBS系)で注目を集め、“危険地帯ジャーナリスト”として活躍する丸山ゴンザレスさんは宮城県の出身。石巻市街地から車で約30分ほどの前谷地にある超穴場の縄文遺跡をリポートしてもらった。そこは、東北を代表する大地主齋藤家の敷地内にあった…。
丸山ゴンザレスの地元、宮城県石巻の旅。【石巻・牡鹿半島~絶景・美食・縄文~アーカイブ vol.03 ~遺跡、グルメ、そして復興~「縄文人に立ち返る石巻の旅路~OSHIKA ROAD SIDE TRAVEL2019~(前編)」】
2021.12.1
丸山ゴンザレスの地元、宮城県石巻の旅。【石巻・牡鹿半島~絶景・美食・縄文~アーカイブ vol.03 ~遺跡、グルメ、そして復興~「縄文人に立ち返る石巻の旅路~OSHIKA ROAD SIDE TRAVEL2019~(前編)」】
あの東日本大震災から10年の時が経った。“危険地帯ジャーナリスト”として注目を集める丸山ゴンザレス氏は宮城県仙台市出身。2019年に石巻、牡鹿半島に栄えた縄文時代の歴史を検証しながら、復興の只中にある半島…
成田から仙台空港、そして石巻市へ。地産「アラ出汁ラーメン」、老舗「みそタンメン」、名物「石巻焼きそば」。わざわざ飛行機に乗って食べに行って来ます。【飛行機で麺の旅2019 特別編 (石巻編)】高山コジロー
2021.12.1
成田から仙台空港、そして石巻市へ。地産「アラ出汁ラーメン」、老舗「みそタンメン」、名物「石巻焼きそば」。わざわざ飛行機に乗って食べに行って来ます。【飛行機で麺の旅2019 特別編 (石巻編)】高山コジロー
東京から石巻へのアクセスは、新幹線で仙台駅まで行き、そこからJR仙石線で石巻というルートが一般的。しかし、なにしろ飛行機が好きなもので、飛行機で行ける限りは飛行機を利用するのが我が旅の流儀。石巻へは新…
宮城県気仙沼の焼き魚の名人・村上さんの「福よし」で日本一の焼き魚を堪能【料理評論家山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」vol.69】
2021.9.25
宮城県気仙沼の焼き魚の名人・村上さんの「福よし」で日本一の焼き魚を堪能【料理評論家山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」vol.69】
文と写真/山本益博 今回の旅は、10年前に東日本大震災で甚大な被害を被った気仙沼です。目的は、焼き魚の名人「福よし」の村上健一さんに久しぶりにお会いして、人生の四方山話を聴きながら、さんまをはじめ、吉…