市場 市場

数々の名作に登場したソウルの街、風景はどのくらい変わったのか?【コリアシネマ劇中飲食〈18〉ソウル旧市街「映画散歩」(前編)】チョン・ウンスク
2022.6.10
数々の名作に登場したソウルの街、風景はどのくらい変わったのか?【コリアシネマ劇中飲食〈18〉ソウル旧市街「映画散歩」(前編)】チョン・ウンスク
日本のみなさんと久しぶりに韓国でお目にかかれる日が近づいたようだ。 東京麻布の領事館でビザ申請のために長い行列ができたと聞いたが、煩雑な手続きに煩わされることなく、のびのびと韓国を旅してもらいたいの…
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁 アーカイブ#57「ソウル、すぐに見つかる美味しい駅前食堂〈2〉」】地下鉄駅を出たらすぐに見つかる美味しい店5軒
2022.6.2
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁 アーカイブ#57「ソウル、すぐに見つかる美味しい駅前食堂〈2〉」】地下鉄駅を出たらすぐに見つかる美味しい店5軒
文/チョン・ウンスク 【前編はコチラ】【韓国の旅と酒場とグルメ横丁 アーカイブ#56「ソウル、すぐに見つかる美味しい駅前食堂〈1〉」】ソウル中心部の地下鉄駅からのアクセスがよく、地元の人にも愛されてい…
グルメなら必見!『オモウマイ店』など、テレビなどでも多数登場する話題の “ 爆盛り食堂 ” もあり! 築地市場・豊洲市場・アメ横だけじゃない!! なんと毎月第3土曜日は、激安を超える “ 爆安 ” の「お客様感謝DAY」を開催。 首都圏の知られざる穴場市場「大宮市場」へ行ってみるべし!
2022.2.17
グルメなら必見!『オモウマイ店』など、テレビなどでも多数登場する話題の “ 爆盛り食堂 ” もあり! 築地市場・豊洲市場・アメ横だけじゃない!! なんと毎月第3土曜日は、激安を超える “ 爆安 ” の「お客様感謝DAY」を開催。 首都圏の知られざる穴場市場「大宮市場」へ行ってみるべし!
『オモウマイ店』など、テレビなどでも多数登場する話題の “ 爆盛り食堂 ” もあり! 首都圏の知られざる穴場市場「大宮市場」をレポート。
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#143「コリアシネマ劇中飲食(9)〈済州(チェジュ)〉編(2)】韓国映画『恋風恋歌』の舞台、済州島。観光客で賑わう東門市場の夜市、島の情緒が残る在来市場を歩く
2022.1.14
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#143「コリアシネマ劇中飲食(9)〈済州(チェジュ)〉編(2)】韓国映画『恋風恋歌』の舞台、済州島。観光客で賑わう東門市場の夜市、島の情緒が残る在来市場を歩く
文/チョン・ウンスク  どこの国であろうが、旅先でかならず行くところがある。在来市場だ。 済州には大小の常設市場があるが、その代表が南側の済州市の東門在来市場、そして北側にある西帰浦市の毎日オルレ市…
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#140「コリアシネマ劇中飲食(6)〈釜山オムク〉編(2)」】釜山の魚市場は旬のサバや太刀魚が豊漁!
2021.11.26
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#140「コリアシネマ劇中飲食(6)〈釜山オムク〉編(2)」】釜山の魚市場は旬のサバや太刀魚が豊漁!
文/チョン・ウンスク  世界を覆うコロナ禍は、1年半以上、人類の身心をむしばんでいる。 しかし、それ以前から人々を疲弊させてきた競争社会がスローダウンし、文明のスクラップ&ビルドのスピードが少し遅く…
「テルアビブの胃袋」と言われる市場街へ! サラーム海上【イスラエル・テルアビブ取材記〈7〉】[レシピ]茄子のトルコ料理「パトゥルジャン・オトゥルトゥマ」
2021.9.7
「テルアビブの胃袋」と言われる市場街へ! サラーム海上【イスラエル・テルアビブ取材記〈7〉】[レシピ]茄子のトルコ料理「パトゥルジャン・オトゥルトゥマ」
文と写真・サラーム海上 ■テルアビブの胃袋「カルメル市場」へ 2019年11月25日月曜、イスラエル滞在最終日。音楽家の友人と会う約束が直前にキャンセルとなり、一日の予定がまるっきり空いてしまった。帰りの飛…
サラーム海上【旅とメイハネと音楽と #79「ポーランド・クラクフ観光&グルメツアー〈1〉」】さあ、今日も食べまくるぞ~!ワルシャワから特急列車で映画『シンドラーのリスト』の舞台、古都クラクフへ!
2020.1.10
サラーム海上【旅とメイハネと音楽と #79「ポーランド・クラクフ観光&グルメツアー〈1〉」】さあ、今日も食べまくるぞ~!ワルシャワから特急列車で映画『シンドラーのリスト』の舞台、古都クラクフへ!
文と写真・サラーム海上 ■ワルシャワから特急列車で古都クラクフへ 9月2日、ワルシャワは今にも雨が振りそうな曇り空で、気温も肌寒いくらいに冷え込んでいた。前日までの真夏の気候が一日でガラッと変わってし…
「タイ・チャンタブリー」室橋裕和【越えて国境、迷ってアジア #75】「へい、ユー。ユーは何しにチャンタブリーへ?」東南アジアでも有数の宝石市場でタイ人のおっさんに唐突に腕をつかまれ英語で問いかけられる!
2019.5.8
「タイ・チャンタブリー」室橋裕和【越えて国境、迷ってアジア #75】「へい、ユー。ユーは何しにチャンタブリーへ?」東南アジアでも有数の宝石市場でタイ人のおっさんに唐突に腕をつかまれ英語で問いかけられる!
文と写真/室橋裕和タイ東部、カンボジア国境に近い地方都市チャンタブリー。小さな街だが、ここには世界中から人を集める国際市がある。国境を越えたビジネスが展開されているのだ。 「ガイドブックにちょろっと…
「インドネシア・バンダアチェ」室橋裕和【越えて国境、迷ってアジア アーカイブ#46】「日本人でしょ。うぇるかむ」世界で6番目にデカい島、スマトラ島を一気に北上!
2018.2.28
「インドネシア・バンダアチェ」室橋裕和【越えて国境、迷ってアジア アーカイブ#46】「日本人でしょ。うぇるかむ」世界で6番目にデカい島、スマトラ島を一気に北上!
文と写真/室橋裕和マレーシアから船でスマトラ島のドゥマイに降り立ったのが前回。今回はそのスマトラ島をひたすらに北へ。目指す街はインドネシア最北端、そして、日本と同じ苦難を背負った地でもある。 【越え…
「アフガニスタン~パキスタン」室橋裕和【越えて国境、迷ってアジア #19】「僕は半泣きで、その迷宮の中を引き回されていた…」国境ジャーナリストが見た18年前の国際市場「スマグラバザール」
2016.12.28
「アフガニスタン~パキスタン」室橋裕和【越えて国境、迷ってアジア #19】「僕は半泣きで、その迷宮の中を引き回されていた…」国境ジャーナリストが見た18年前の国際市場「スマグラバザール」
文と写真/室橋裕和【戦火のアフガニスタン、銃声の記憶】 アフガニスタンとパキスタンの国境沿いには、どの国の統治も及ばない無政府エリアが広がっている。テロリストの温床ともいわれるその危険地帯には、違法な品々を堂々扱うマーケットがあった。麻薬や銃器があふれる国境デンジャラス市場を探索する。
光瀬憲子【台湾の人情食堂#05「台北朝散歩、廟めぐり、朝ごはん」】台湾で「朝市に野菜を買いに行かないか?」は口説き文句⁉ その意味とは…!? 
2016.2.5
光瀬憲子【台湾の人情食堂#05「台北朝散歩、廟めぐり、朝ごはん」】台湾で「朝市に野菜を買いに行かないか?」は口説き文句⁉ その意味とは…!? 
文/光瀬憲子  「朝市に野菜を買いに行かないか?」 というのが、台湾人である元夫の口説き文句だった。 まだ台湾に暮らし始めたばかりの頃で、朝市がどんなものなのか知らず、戸惑った。台湾には至るところに…