日本料理 日本料理

新潟県新発田の江戸前鮨店「鮨登喜和」酢飯が利いた見事な握り。三条にオープンした「スノーピーク」のオーベルジュ「雪峰」でモダンな日本料理を味わう。【料理評論家 山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」vol.78 新潟・新発田 三条】
2022.6.25
新潟県新発田の江戸前鮨店「鮨登喜和」酢飯が利いた見事な握り。三条にオープンした「スノーピーク」のオーベルジュ「雪峰」でモダンな日本料理を味わう。【料理評論家 山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」vol.78 新潟・新発田 三条】
今回の旅の目的地は下越の新発田です。東京から新潟まで新幹線で出かけ、新潟から羽越本線に乗り換え、急行で30分ほどの旅です。ここに全国有数の江戸前鮨の店があります。その名を「鮨登喜和」といいます。 はじ…
「飲食店の熱い想いよ 届け!」 飲食店とお客様をつなぐ「食べ物語」プロジェクトが、ちょっと変わったコンセプトのAWARDを開催。 美味しい食には、作り手からのメッセージとストーリーがある! アンバサダーとして教育学者の齋藤孝氏、審査員として賛否両論店主の笠原将弘氏も!
2022.6.9
「飲食店の熱い想いよ 届け!」 飲食店とお客様をつなぐ「食べ物語」プロジェクトが、ちょっと変わったコンセプトのAWARDを開催。 美味しい食には、作り手からのメッセージとストーリーがある! アンバサダーとして教育学者の齋藤孝氏、審査員として賛否両論店主の笠原将弘氏も!
「飲食店の熱い想いよ 届け!」 飲食店とお客様をつなぐ「食べ物語」プロジェクトが、ちょっと変わったコンセプトのAWARDを開催。
福岡・博多「ゑびす堂」で冬のふぐ尽くし、佐賀・唐津「つく田」で本格江戸前鮨を小粋に【料理評論家山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」vol.73】
2022.1.25
福岡・博多「ゑびす堂」で冬のふぐ尽くし、佐賀・唐津「つく田」で本格江戸前鮨を小粋に【料理評論家山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」vol.73】
今から50年も前のことで恐縮ですが、初めて京都へ出かけたとき、日本の古都なのに、東京っ子にとっては、なんともよそよそしい町だなと感じました。その後、何度出かけても印象は変わりませんでした。 ところが、…
10月の京都、江戸前鮨「鮨まつもと」と、一子相伝の京料理「なかむら」へ。【料理評論家山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」vol.70】
2021.10.25
10月の京都、江戸前鮨「鮨まつもと」と、一子相伝の京料理「なかむら」へ。【料理評論家山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」vol.70】
来春に「江戸前鮨」の本を出そうと企て、1年ほど前から東京は勿論のこと全国の鮨屋巡りをしています。福島いわき市の「鮨いとう」群馬舘林の「おばな」新潟新発田の「鮨登喜和」石川野々市の「すし処めくみ」愛媛…
宮城県気仙沼の焼き魚の名人・村上さんの「福よし」で日本一の焼き魚を堪能【料理評論家山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」vol.69】
2021.9.25
宮城県気仙沼の焼き魚の名人・村上さんの「福よし」で日本一の焼き魚を堪能【料理評論家山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」vol.69】
文と写真/山本益博 今回の旅は、10年前に東日本大震災で甚大な被害を被った気仙沼です。目的は、焼き魚の名人「福よし」の村上健一さんに久しぶりにお会いして、人生の四方山話を聴きながら、さんまをはじめ、吉…