日本橋 日本橋

フランス人茶商【ステファン・ダントンの挑戦 #64「魔法のお茶の開発秘話(後編)」】究極の新商品「インスタントエキスパウダー日本茶」料理やドリンクにひと振りすれば、まったく新たなメニューが目の前に!
2021.10.22
フランス人茶商【ステファン・ダントンの挑戦 #64「魔法のお茶の開発秘話(後編)」】究極の新商品「インスタントエキスパウダー日本茶」料理やドリンクにひと振りすれば、まったく新たなメニューが目の前に!
文/ステファン・ダントン 写真/冨田 望 ■アイディアは実現する 2021年、長引くコロナ禍が、スプレードライのフレーバー日本茶づくりについて再考する時間をくれた。 調べてみると、2009年当時にスプレード…
フランス人茶商【ステファン・ダントンの挑戦 #63「魔法のお茶の開発秘話 (前編)」】究極の新商品「インスタントエキスパウダー日本茶」
2021.10.21
フランス人茶商【ステファン・ダントンの挑戦 #63「魔法のお茶の開発秘話 (前編)」】究極の新商品「インスタントエキスパウダー日本茶」
文/ステファン・ダントン 写真/冨田 望  いつでも気軽に日本茶を楽しんでほしい。日本茶を世界のソフトドリンクにしたい。 この願いを実現するために「おちゃらか」開業当初からチャレンジを重ね続けて15年…
フランス人茶商【ステファン・ダントンの挑戦 #62「古き良きまち「人形町」でリスタート 2」】たっぷりできた時間でまちを歩けば人情が味方に! 地元職人の協力で提灯と暖簾を新調!
2021.10.9
フランス人茶商【ステファン・ダントンの挑戦 #62「古き良きまち「人形町」でリスタート 2」】たっぷりできた時間でまちを歩けば人情が味方に! 地元職人の協力で提灯と暖簾を新調!
2020年の7月26日、古き良きまち人形町で「おちゃらか」を再オープンした。路地裏には飲食の老舗が軒を連ね、新しいお店も進出する中、人情は残り続けている。リスタートから1年が過ぎ、ようやくコロナ禍の終わりが見えてきた。それでもまだ観光客は戻らず、商売としては大変だけどケ・セラ・セラ。目当てだった観光客が来ないこの1年余り、新生「おちゃらか」を支えてくれたのは地元の人たちだった。
フランス人茶商【ステファン・ダントンの挑戦 #61「古き良きまち「人形町」でリスタート 」】地元で知られる顔になる。基本はあいさつ「おはよう元気?」〜昔気質のフランス人と江戸っ子たちと~
2021.10.8
フランス人茶商【ステファン・ダントンの挑戦 #61「古き良きまち「人形町」でリスタート 」】地元で知られる顔になる。基本はあいさつ「おはよう元気?」〜昔気質のフランス人と江戸っ子たちと~
人形町で「おちゃらか」を再オープンしたのは2020年の7月26日のことだった。コロナ禍が終わって東京に戻った観光客に「フランス人の日本茶屋さん」を最大限アピールできると考えていた。古き良きまちでのリスタートから1年余り。ようやくコロナ禍の終わりが見えてきた。それでもまだ観光客は戻らず、商売としては大変だけどケ・セラ・セラ。ステファンらしく明るく地道に足場づくりを進めてきた。
人気カレー店「般゜若(パンニャ)」の店主でもあり。カレー偏愛の松尾貴史「もう一度会いたい! 忘れられない思い出のカレーたち」【リレーエッセイ「スパイス・カレー編」vol.11】松尾貴史
2021.8.30
人気カレー店「般゜若(パンニャ)」の店主でもあり。カレー偏愛の松尾貴史「もう一度会いたい! 忘れられない思い出のカレーたち」【リレーエッセイ「スパイス・カレー編」vol.11】松尾貴史
カレーは、私たちがノスタルジーを感じる代表的な料理のひとつではないだろうか。「閉店します」の文字の貼り紙を見て、「なぜもっと通わなかったのか!」という自責と、「たくさん食べて満足しておけばよかった」…
フランス人茶商【ステファン・ダントンの挑戦 #46「日本茶で旅人を迎えて(2)」】フレーバーティーで日本茶を世界へ!「おちゃらか」第2章は日本橋COREDO室町  
2019.3.18
フランス人茶商【ステファン・ダントンの挑戦 #46「日本茶で旅人を迎えて(2)」】フレーバーティーで日本茶を世界へ!「おちゃらか」第2章は日本橋COREDO室町  
文/ステファン・ダントン  日本橋のコレド室町に移転してからもうすぐ5年になる。独特の文化のある郊外のまち吉祥寺から、再開発で再び東京の中心になろうとしている日本橋へ本拠地を移してわかったことがある…