麺

夏バテのせいで家事をする気力が無くなってしまった主婦、準備が簡単なそうめんと蕎麦のローテーションはいつまで続く?【美健タビリスタ#50「夏バテでやる気がでない」】
2022.8.24
夏バテのせいで家事をする気力が無くなってしまった主婦、準備が簡単なそうめんと蕎麦のローテーションはいつまで続く?【美健タビリスタ#50「夏バテでやる気がでない」】
子連れで家族旅行に出かけるなら夏が一番かもしれない。子どもの夏休み中なら旅行のスケジュールも立てやすい。ただ、ちょっと心配なことがある。それは猛暑による体調への影響だ。熱中症とまではいかなくとも、暑…
一条もんこ【いつだってカレー日和#『冷やしカレー麺』(レシピ編)】 AMEMIYAも唸る、夏バテでも食欲をそそる “涼” を感じる『冷やしカレー麺はじめました』の巻
2022.8.7
一条もんこ【いつだってカレー日和#『冷やしカレー麺』(レシピ編)】 AMEMIYAも唸る、夏バテでも食欲をそそる “涼” を感じる『冷やしカレー麺はじめました』の巻
夏の風物詩といえば、飲食店の店先に掲げられる「氷」や「冷やし中華始めました」の旗などがイメージ。 AMEMIYAも唸る、夏バテでも食欲をそそる “涼” を感じる『冷やしカレー麺はじめました』の巻(レシピ編)
夏の風物詩といえば、スイカを筆頭に飲食店の店先に掲げられる「氷」や「冷やし中華始めました」の旗などがイメージ。 AMEMIYAも唸る、夏バテでも食欲をそそる “涼” を感じる『冷やしカレー麺はじめました』の巻(前編)
2022.8.6
夏の風物詩といえば、スイカを筆頭に飲食店の店先に掲げられる「氷」や「冷やし中華始めました」の旗などがイメージ。 AMEMIYAも唸る、夏バテでも食欲をそそる “涼” を感じる『冷やしカレー麺はじめました』の巻(前編)
夏の風物詩といえば、飲食店の店先に掲げられる「氷」や「冷やし中華始めました」の旗などがイメージ。 AMEMIYAも唸る、夏バテでも食欲をそそる “涼” を感じる『冷やしカレー麺はじめました』の巻
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#151「コリアシネマ劇中飲食(16)南北の呉越同舟を描いた韓国映画の飲食シーン見どころベスト選!」】「百想芸術大賞2022」大賞作『モガディシュ 脱出までの14日間』他
2022.5.13
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#151「コリアシネマ劇中飲食(16)南北の呉越同舟を描いた韓国映画の飲食シーン見どころベスト選!」】「百想芸術大賞2022」大賞作『モガディシュ 脱出までの14日間』他
文/チョン・ウンスク  先日の第58回「百想芸術大賞」映画部門で、『モガディシュ 脱出までの14日間』が大賞、作品賞、撮影技術賞を受賞した。 この映画は韓国映画独自のジャンルである南北分断もののひとつで…
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#150「コリアシネマ劇中飲食(15)韓流の萌芽を感じさせる1999年の映画『アタック・ザ・ガス・ステーション!』編】韓国映画史上もっともスタイリッシュなチャジャンミョン場面
2022.4.22
チョン・ウンスク【韓国の旅と酒場とグルメ横丁#150「コリアシネマ劇中飲食(15)韓流の萌芽を感じさせる1999年の映画『アタック・ザ・ガス・ステーション!』編】韓国映画史上もっともスタイリッシュなチャジャンミョン場面
文/チョン・ウンスク  今回は90年代末にのちの韓国エンタメ隆盛を予感させたダイナミックな映画を紹介しよう。 題名は『アタック・ザ・ガス・ステーション!』。物語の舞台はガソリンスタンド。コンビニのカウ…
ビーフンから太麺、平たい麺まで、台湾は米粉の麺のバリーエーションが豊富【台湾の人情食堂#145「台湾人が本当に好きな食べ物〈14〉麺文化その2」】光瀬憲子
2022.3.4
ビーフンから太麺、平たい麺まで、台湾は米粉の麺のバリーエーションが豊富【台湾の人情食堂#145「台湾人が本当に好きな食べ物〈14〉麺文化その2」】光瀬憲子
文/光瀬憲子  台湾人は米よりも麺好きと前回書いたが、実は米で作った麺をよく食べている。日本では麺といえば小麦粉を使ったものや蕎麦が一般的だが、台湾では米粉で作った麺のバリーエーションが豊富なのだ。…
「7年間の台湾暮らしで私が愛したとっておきの麺教えます!」台湾のハマる麺ベストセレクション【台湾の人情食堂#144「台湾人が本当に好きな食べ物〈13〉麺文化」】光瀬憲子
2022.2.18
「7年間の台湾暮らしで私が愛したとっておきの麺教えます!」台湾のハマる麺ベストセレクション【台湾の人情食堂#144「台湾人が本当に好きな食べ物〈13〉麺文化」】光瀬憲子
文/光瀬憲子  昔、中国大陸北部では粉もの、南部では米が食されていると学んだので、台湾でも当然、主食は米だろうと思っていた。でも、90年代に初めて台湾に渡ると、実際は米より麺を食べる機会が多いように…
2021年師走は東京・板橋区でラーメン巡り。「Soupmen」濃厚牡蠣そば、「中華そば さわ」絶妙中華そば、「あさひ町内会」札幌味噌らーめんを堪能。【自転車で巡るニッポン麺の旅vol.12】高山コジロー
2021.12.24
2021年師走は東京・板橋区でラーメン巡り。「Soupmen」濃厚牡蠣そば、「中華そば さわ」絶妙中華そば、「あさひ町内会」札幌味噌らーめんを堪能。【自転車で巡るニッポン麺の旅vol.12】高山コジロー
12月に入り朝晩の冷え込みが厳しく暖かい晴れの日を狙って、埼玉からほど近い板橋区まで今年最後の自転車で麺の旅だ。煮干そばの名店「中華ソバ 伊吹」は、この連載の第6回で訪れているので、今回は板橋でまだ未訪…
東京の気になるニューオープンのラーメン店へ。芦花公園「成城青果」黄金出汁の塩そば、「西永福の煮干箱」絶妙ニボニボ、新宿「駄目な隣人」ブイヨンスープ、そして浜田山「たんたん亭」老舗の秀逸なワンタン麺。【自転車で巡るニッポン麺の旅 vol.11 】高山コジロー
2021.12.3
東京の気になるニューオープンのラーメン店へ。芦花公園「成城青果」黄金出汁の塩そば、「西永福の煮干箱」絶妙ニボニボ、新宿「駄目な隣人」ブイヨンスープ、そして浜田山「たんたん亭」老舗の秀逸なワンタン麺。【自転車で巡るニッポン麺の旅 vol.11 】高山コジロー
すっかり秋本番。今回は暖かい晴れの日を狙って、埼玉から八幡山・浜田山・新宿方面へ1週間で東京へ3往復の自転車で麺の旅。トータル160キロ!16時間笑。 東京・世田谷の京王線芦花公園駅周辺に気になる未訪のラ…
成田から仙台空港、そして石巻市へ。地産「アラ出汁ラーメン」、老舗「みそタンメン」、名物「石巻焼きそば」。わざわざ飛行機に乗って食べに行って来ます。【飛行機で麺の旅2019 特別編 (石巻編)】高山コジロー
2021.12.1
成田から仙台空港、そして石巻市へ。地産「アラ出汁ラーメン」、老舗「みそタンメン」、名物「石巻焼きそば」。わざわざ飛行機に乗って食べに行って来ます。【飛行機で麺の旅2019 特別編 (石巻編)】高山コジロー
東京から石巻へのアクセスは、新幹線で仙台駅まで行き、そこからJR仙石線で石巻というルートが一般的。しかし、なにしろ飛行機が好きなもので、飛行機で行ける限りは飛行機を利用するのが我が旅の流儀。石巻へは新…
関空から和歌山へ、東京からわざわざ飛行機に乗って158杯目、有田市「和dining清乃」豊潤醤油ラーメン、和歌山市「井出商店」濃厚中華そばを食べに行ってきます。【飛行機で麺の旅2019 vol.24 (和歌山編)】高山コジロー
2021.11.19
関空から和歌山へ、東京からわざわざ飛行機に乗って158杯目、有田市「和dining清乃」豊潤醤油ラーメン、和歌山市「井出商店」濃厚中華そばを食べに行ってきます。【飛行機で麺の旅2019 vol.24 (和歌山編)】高山コジロー
文と写真・高山コジロー わざわざ飛行機に乗って、和歌山に麺を食べに行ってきました。2019年、麺の旅も今回がラストとなる。 未訪の鹿児島、岡山、山口など候補地はあったが、和歌山県有田市にどうしても行って…
ラーメン激戦区兵庫県、初日は塚口「ロックンビリーS1」伝説の醤油ラーメン、神戸「つけ麺 繁田」極太自家製麺を堪能。わざわざ飛行機に乗って、兵庫に麺を食べに行ってきます。【飛行機で麺の旅2019 vol.22 (兵庫編)/前編】高山コジロー
2021.11.16
ラーメン激戦区兵庫県、初日は塚口「ロックンビリーS1」伝説の醤油ラーメン、神戸「つけ麺 繁田」極太自家製麺を堪能。わざわざ飛行機に乗って、兵庫に麺を食べに行ってきます。【飛行機で麺の旅2019 vol.22 (兵庫編)/前編】高山コジロー
文・写真/高山コジロー  わざわざ飛行機に乗って、兵庫県に麺を食べに行ってきました。2017年は兵庫県の神戸の三宮・元町周辺を巡ったが、今回は大阪に隣接する地域、尼崎市を中心に「ラーメン」を食べ歩く。す…
約800軒讃岐うどん店の頂点「須崎食料品店」の熱々しょうゆうどん、山間部「谷川米穀店」の至福の釜玉。わざわざ飛行機に乗って香川にうどんを食べに行ってきます。【飛行機で麺の旅2019 vol.21 (香川編)/後編】高山コジロー
2021.11.14
約800軒讃岐うどん店の頂点「須崎食料品店」の熱々しょうゆうどん、山間部「谷川米穀店」の至福の釜玉。わざわざ飛行機に乗って香川にうどんを食べに行ってきます。【飛行機で麺の旅2019 vol.21 (香川編)/後編】高山コジロー
文・写真/高山コジロー  前の記事、【香川「讃岐うどん」/前編】を読む  讃岐うどん巡礼(前編より続く)。ホテルにチェックイン後、夕方から高松駅前の繁華街で、名物の骨付き鷄をつまみにセンベロはしご酒…
  1. 1
  2. 2
  3. 麺の2ページへ