TABILISTA:タビリスタの注目記事 注目記事

TABILISTA:タビリスタの新着記事 新着記事

「ブルネイ→マレーシア→ブルネイ→マレーシア3国境越えの旅」〈後編〉室橋裕和【越えて国境、迷ってアジア vol.55 】国境の連続じゃないか。わくわくしてくる。テンションが上がる。
2018.7.11
「ブルネイ→マレーシア→ブルネイ→マレーシア3国境越えの旅」〈後編〉室橋裕和【越えて国境、迷ってアジア vol.55 】国境の連続じゃないか。わくわくしてくる。テンションが上がる。
文と写真/室橋裕和 東南アジアの中でもとりわけ影の薄い国ブルネイは、ボルネオ島の一角に領土を持っている。で、その国土は大きくふたつに分かたれているのだ。西のメインランドと、東のテンブロン地区。どちら…
「ブルネイ→マレーシア→ブルネイ→マレーシア3国境越えの旅」〈前編〉室橋裕和【越えて国境、迷ってアジア#54 】「これがホントに一国の首都なんだろうか……」 バンダル・スリ・ブガワンはアジアで最も静かな首都?
2018.6.24
「ブルネイ→マレーシア→ブルネイ→マレーシア3国境越えの旅」〈前編〉室橋裕和【越えて国境、迷ってアジア#54 】「これがホントに一国の首都なんだろうか……」 バンダル・スリ・ブガワンはアジアで最も静かな首都?
文と写真/室橋裕和 「地球の酸素タンク」とも呼ばれる、熱帯雨林の宝庫ボルネオ島。世界で3番目にデカいこの島には、インドネシア、マレーシア、そしてブルネイが領土を持っている。日本ではほとんどなじみのな…
田島麻美【ブーツの国の街角で #38「モンタルチーノ&サン・クイリコ・ドルチャ」】右も左も「エノテカ」の看板だらけ!丘の上の城壁にあるワインとともに生きる中世の村
2018.6.19
田島麻美【ブーツの国の街角で #38「モンタルチーノ&サン・クイリコ・ドルチャ」】右も左も「エノテカ」の看板だらけ!丘の上の城壁にあるワインとともに生きる中世の村
ワイン好きなら狂喜しそうなビオ(=有機栽培)を極めたワイナリー兼アグリツーリズモでのワイナリー宿泊体験とトスカーナの絶景ドライブ【ブーツの国の街角で vol.36「ヴァル・ドルチャ」前編】田島麻美葡萄畑で…
フランス人茶商【ステファン・ダントンの挑戦 #27・28「わたしの想いと言葉は伝わるか?」】好きな日本語は「やんちゃ」⁉ 日本語の尊敬や謙譲の表現がうまくできていないから、「えらそう」に思われがちだが…
2018.6.8
フランス人茶商【ステファン・ダントンの挑戦 #27・28「わたしの想いと言葉は伝わるか?」】好きな日本語は「やんちゃ」⁉ 日本語の尊敬や謙譲の表現がうまくできていないから、「えらそう」に思われがちだが…
「おひらきにする」っていうステファン語。終了を意味する言葉だとは知ってはいるけど、それは「オープンにする」っていうこと。私の店「おちゃらか」が今年で「おひらき」してから13年。「日本茶の世界を広げるための新しい日本茶の入り口を」という想いでフレーバー茶をつくり、オーソドックスな日本全国のお茶を紹介してきた。
「アジア陸路国境図説ガイド」室橋裕和【越えて国境、迷ってアジア#52〈番外編〉】「陸路国境」とはなんぞや、どういう場所にあり、越境手続きはどう行なうのか?
2018.5.18
「アジア陸路国境図説ガイド」室橋裕和【越えて国境、迷ってアジア#52〈番外編〉】「陸路国境」とはなんぞや、どういう場所にあり、越境手続きはどう行なうのか?
文と写真・室橋裕和 ■国境ってどんな場所なのだろう「ふたつの国が、ひとつのラインで接しあってんでしょ。そのラインが国境なんだよね。じゃ国境に沿ってずーーっと柵とかカベとかがあるの? それとも警備兵か…
「イラン・サナンダジュ~パランガン」室橋裕和【越えて国境、迷ってアジア#50】「日本は最高だよ! 家の電化製品はみんな日本製さ!」反政府デモから脱出してたどり着いたのは、立て続けに誰かが話しかけてくる街だった
2018.4.25
「イラン・サナンダジュ~パランガン」室橋裕和【越えて国境、迷ってアジア#50】「日本は最高だよ! 家の電化製品はみんな日本製さ!」反政府デモから脱出してたどり着いたのは、立て続けに誰かが話しかけてくる街だった
文と写真・室橋裕和2017年末、イラン全土で巻き起こった反政府デモに巻き込まれ、さんざんな目にあった僕は、混乱を避けるために地方都市へと移動した。やってきたサナンダジュはクルド人たちの住む街だった。  …
光瀬憲子【台湾の人情食堂#58「台北駅から15分の隠れグルメスポット、板橋〈2〉」】日本人旅行者には若干ハードルが高いが、だからこそ、板橋で麻油雞デビューしてほしい!
2018.4.20
光瀬憲子【台湾の人情食堂#58「台北駅から15分の隠れグルメスポット、板橋〈2〉」】日本人旅行者には若干ハードルが高いが、だからこそ、板橋で麻油雞デビューしてほしい!
文/光瀬憲子  台北の隠れグルメタウン、板橋。台北駅からMRT板南線で15分のところにある府中駅は、川向こうの下町らしい見どころがある。   府中駅からすぐのところにある慈恵宮や黄石市場はもちろんだが…
若いヴォーカリストがライヴの最中にプロポーズ!【旅とメイハネと音楽と アーカイブ#43「エルサレム『メクデシェット』取材記〈3〉」】サラーム海上
2018.4.17
若いヴォーカリストがライヴの最中にプロポーズ!【旅とメイハネと音楽と アーカイブ#43「エルサレム『メクデシェット』取材記〈3〉」】サラーム海上
文と写真/サラーム海上 【前の記事】【旅とメイハネと音楽と アーカイブ#42「エルサレム『メクデシェット』取材記〈2〉」】サラーム海上  2017年9月14日の深夜から15日早朝にかけて、エルサレムのフェステ…
「お母さん、日本茶をいれてあげるよ」「おいしいわ。いい香りね」子どもたちが本当の食文化を教える!? フランス人茶商【ステファン・ダントンの挑戦 #24「夢に向かう旅」】
2018.4.15
「お母さん、日本茶をいれてあげるよ」「おいしいわ。いい香りね」子どもたちが本当の食文化を教える!? フランス人茶商【ステファン・ダントンの挑戦 #24「夢に向かう旅」】
ステファン・ダントン  日本茶という素材・食材に魅せられて、生涯をかけた仕事にしようと決めてから20数年。目的地は明確に見えているのに、進んできた道のりは平坦でもまっすぐでもなくて、ときに大きな壁には…
田島麻美【ブーツの国の街角で vol.34「ピサ」】3月25日が新年の始まりの日!? イタリア・トスカーナ地方「ピサの斜塔」で有名な街は、世界で一番最初に新年を迎えるという話は本当か?
2018.4.13
田島麻美【ブーツの国の街角で vol.34「ピサ」】3月25日が新年の始まりの日!? イタリア・トスカーナ地方「ピサの斜塔」で有名な街は、世界で一番最初に新年を迎えるという話は本当か?
*この記事はwebマガジン「TABILISTA」の「ブーツの国の街角で」連載内で2018年4月に公開されたものです。  「3月が一年の最初の月だった」という話は、以前聞いたことがある。古代ローマで最初に採用された暦で…
光瀬憲子【台湾の人情食堂#57「台北駅から15分の隠れグルメスポット、板橋〈1〉」】 板橋と言っても、東京都の板橋区ではなく、韓国京機道の板橋洞でも忠清南道の板橋面でもない。台北のおとなりにある板橋(バンチャオ)区のこと
2018.4.6
光瀬憲子【台湾の人情食堂#57「台北駅から15分の隠れグルメスポット、板橋〈1〉」】 板橋と言っても、東京都の板橋区ではなく、韓国京機道の板橋洞でも忠清南道の板橋面でもない。台北のおとなりにある板橋(バンチャオ)区のこと
文/光瀬憲子  板橋と言っても、東京都の板橋区ではなく、韓国京機道の板橋洞でも忠清南道の板橋面でもない。台北のおとなりにある板橋(バンチャオ)区のことだ。台北のとなりの板橋は位置づけとしては東京の板…
「イラン・アフヴァーズ~サナンダジュ」室橋裕和【越えて国境、迷ってアジア#49】僕は目を疑った。ホテルの前が、火の海になっているではないか!古代オリエントマニアの筆者がプライベートの観光旅行で遭遇した悲劇とは!?
2018.4.4
「イラン・アフヴァーズ~サナンダジュ」室橋裕和【越えて国境、迷ってアジア#49】僕は目を疑った。ホテルの前が、火の海になっているではないか!古代オリエントマニアの筆者がプライベートの観光旅行で遭遇した悲劇とは!?
文と写真・室橋裕和 仕事抜きで、取材もせずに観光旅行に訪れたイランで待ち受けていたのは、大規模な反政府デモだった。危険を避けるために向かったのは、イラクとの国境地帯だったが……  僕は目を疑った。 …
  1. の47ページへ
  2. 1
  3. 47
  4. 48
  5. 49
  6. 53
  7. の49ページへ