パク・ボゴム パク・ボゴム

韓国エンターテイメントの祭典、第60回「百想芸術大賞」発表!TV部門大賞『ムービング』、人気賞『涙の女王』キム・スヒョン、ナムグン・ミン主演『恋人』作品賞&主演男優賞!
2024.5.8
韓国エンターテイメントの祭典、第60回「百想芸術大賞」発表!TV部門大賞『ムービング』、人気賞『涙の女王』キム・スヒョン、ナムグン・ミン主演『恋人』作品賞&主演男優賞!
韓国のTV・映画・演劇を網羅する唯一無二の総合芸術授賞式、第60回「百想(ペクサン)芸術大賞」が、5月7日、ソウル・江南のCOEXホールで開催された。 最高の栄誉である大賞(TV部門)には、ディズニープラスを…
『雲が描いた月明り』『マイ・デーモン』『タッカンジョン』の若手女優キム・ユジョン、超大ヒット映画の名子役が次世代ラブコメクィーンに成長!【韓流談義fromソウル】
2024.4.3
『雲が描いた月明り』『マイ・デーモン』『タッカンジョン』の若手女優キム・ユジョン、超大ヒット映画の名子役が次世代ラブコメクィーンに成長!【韓流談義fromソウル】
「どこかで見た顔だなあ」 ドラマや映画を観ていると、顔つきや佇まいがなぜか気になる俳優がいる。 最近の例だと、Netflix『タッカンジョン』で、タッカンジョン(フライドチキンの一種)に変身してしまった娘…
コン・ユ、パク・ボゴム、IU、キム・スヒョンがドラマに復帰!2024年も韓国ドラマがアツい!配信サービス&局別「2024年韓ドラ注目ラインナップ」
2024.1.16
コン・ユ、パク・ボゴム、IU、キム・スヒョンがドラマに復帰!2024年も韓国ドラマがアツい!配信サービス&局別「2024年韓ドラ注目ラインナップ」
この数年、Netflixやディズニープラスといったストリーミング配信サービスがオジリナルコンテンツの制作に乗り出し、韓国ドラマのジャンルも多様化、数多くの世界的ヒット作も生まれている。 すでに、2024年の放…
『赤い袖先』『二十五、二十一』『雲が描いた月明り』『八月のクリスマス』他、名作ロケ地は美食の宝庫!全羅北道で絶対食べるべきグルメ12選!〈前編〉
2024.1.15
『赤い袖先』『二十五、二十一』『雲が描いた月明り』『八月のクリスマス』他、名作ロケ地は美食の宝庫!全羅北道で絶対食べるべきグルメ12選!〈前編〉
数多くのドラマや映画のロケ地となっている、韓国南西部の全羅北道(チョルラプッド)。 パク・ウンビン主演『恋慕』(全州)、ジュノ(2PM)主演『赤い袖先』(全州、南原)、キム・テリ&ナム・ジュヒョク主演…
【韓国ドラマあるある!】“ツンデレデレ”選手権!Netflix『キング・ザ・ランド』2PMジュノ、『キム秘書はいったい、なぜ?』パク・ソジュンほか
2023.8.14
【韓国ドラマあるある!】“ツンデレデレ”選手権!Netflix『キング・ザ・ランド』2PMジュノ、『キム秘書はいったい、なぜ?』パク・ソジュンほか
生まれながらの御曹司と、平凡なホテリエの身分差ロマンスという韓ドラ王道ストーリーで、Netflixで配信開始以来、人気を呼んでいる『キング・ザ・ランド』。見どころは、なんといっても、イ・ジュノ(2PM)演じる…
『雲が描いた月明り』『最愛の敵』ロケ地「楽安邑城」がある全羅南道・順天、ユネスコ世界遺産の景勝地とワイルドなグルメ【韓ドラから始める韓国旅行】
2023.6.28
『雲が描いた月明り』『最愛の敵』ロケ地「楽安邑城」がある全羅南道・順天、ユネスコ世界遺産の景勝地とワイルドなグルメ【韓ドラから始める韓国旅行】
『恋のスケッチ~応答せよ1988~』の天才棋士役で大ブレイクしたパク・ボゴムが、朝鮮王朝の世子イ・ヨンを演じた『雲が描いた月明り』。幼い頃から男装し宮仕えするサムノム(キム・ユジョン)との切ない恋に心を…
“韓流四天王”列伝!元祖ペ・ヨンジュン、イ・ビョンホンから、ヒョンビン、チャン・グンソク、パク・ソジュンら新時代を作ったスター、最新次世代まで一挙紹介!〈後編〉
2023.6.19
“韓流四天王”列伝!元祖ペ・ヨンジュン、イ・ビョンホンから、ヒョンビン、チャン・グンソク、パク・ソジュンら新時代を作ったスター、最新次世代まで一挙紹介!〈後編〉
『冬のソナタ』が日本で初めて放送されてから今年で20年。当時、これほどまで長く、多くの人に愛されるコンテンツになるとは誰が思っただろう。今や、韓流はひとつのジャンルとして定着し、新しい作品が次々と日本…
【韓国ドラマあるある!】韓流トップスターを生み出す「最新 “世子俳優”四天王」は誰?パク・ヒョンシク『青春ウォルダム~運命を乗り越えて~』日本初配信ほか
2023.4.1
【韓国ドラマあるある!】韓流トップスターを生み出す「最新 “世子俳優”四天王」は誰?パク・ヒョンシク『青春ウォルダム~運命を乗り越えて~』日本初配信ほか
韓国ドラマ『力の強い女 ト・ボンスン』や『花郎<ファラン>』など俳優として、さらにパク・ソジュン率いる芸能界親友軍団「ウガファミリー」のメンバーとしても、素顔の愛らしさで人気のパク・ヒョンシク。 最…
パク・ボゴムと『ザ・グローリー』ソン・ヘギョ共演作『ボーイフレンド』、キューバの出会いは旅韓ドラきっての名場面!〈旅心誘う韓ドラ#2〉【ググっと深掘り!韓国ドラマ】
2023.1.31
パク・ボゴムと『ザ・グローリー』ソン・ヘギョ共演作『ボーイフレンド』、キューバの出会いは旅韓ドラきっての名場面!〈旅心誘う韓ドラ#2〉【ググっと深掘り!韓国ドラマ】
韓国では、キム・テヒ、チョン・ジヒョンと並び、韓国不変の三大女神といわれるソン・ヘギョ。そんな彼女初のNetflixオリジナル韓国ドラマである『ザ・グローリー ~輝かしき復讐~』が、Netflix日本ランキングの…
Netflix時代劇『シュルプ』で注目!世子(王位後継者)役は新星スターの系譜、パク・ボゴムは『雲が描いた月明り』で大ブレイクして"国民の世子”に!
2022.12.13
Netflix時代劇『シュルプ』で注目!世子(王位後継者)役は新星スターの系譜、パク・ボゴムは『雲が描いた月明り』で大ブレイクして"国民の世子”に!
今、Netflixで人気の時代劇『シュルプ』は、朝鮮王朝時代の王位後継者、世子(セジャ)の擁立を巡る王妃たちの権力争いを描いた社会派時代劇だ。王(チェ・ウォニョン)の正室・イム・ファリョン王妃(キム・ヘス…
韓国ドラマ「本当に好きな俳優」脇役選手権ベスト5!『サイコだけど大丈夫』キム・ジュホン、『ヴィンチェンツォ』クァク・ドンヨン他
2022.11.5
韓国ドラマ「本当に好きな俳優」脇役選手権ベスト5!『サイコだけど大丈夫』キム・ジュホン、『ヴィンチェンツォ』クァク・ドンヨン他
韓国ドラマを数多く観ていくと、気になっていくのがマルチな助演俳優たち。主人公の邪魔をするムカつく悪役だったり、見守る温かな存在だったりと、物語に妙味を加え、時にメッセージを持った役どころを担うなど、…
ヒョンビンが語る『愛の不時着』エピソード、チ・チャンウク除隊後初登場、ユン・シユンは少年から大人俳優へ【『韓国TVドラマガイド』100号振り返り!〈15〉Vol.83〜87(2019年6月〜2020年2月)】
2022.11.2
ヒョンビンが語る『愛の不時着』エピソード、チ・チャンウク除隊後初登場、ユン・シユンは少年から大人俳優へ【『韓国TVドラマガイド』100号振り返り!〈15〉Vol.83〜87(2019年6月〜2020年2月)】
日本で韓流ブームが巻き起こって約20年。韓国ドラマの人気とともに歩んできた韓流エンタメ情報誌『韓国TVドラマガイド』の表紙を飾ったスターたちを、当時のエピソードなどを交えて振り返っていくシリーズ。今回は…
“ラブコメ王”パク・ソジュン降臨!ピュア“年下男子”パク・ボゴム、イ・ジョンソクの大人の色香、ジュノ(2PM)の進化も!【『韓国TVドラマガイド』100号振り返り!〈14〉Vol.79〜82(2018年10月〜2019年4月)】
2022.10.29
“ラブコメ王”パク・ソジュン降臨!ピュア“年下男子”パク・ボゴム、イ・ジョンソクの大人の色香、ジュノ(2PM)の進化も!【『韓国TVドラマガイド』100号振り返り!〈14〉Vol.79〜82(2018年10月〜2019年4月)】
日本で韓流ブームが巻き起こって約20年。韓国ドラマの人気とともに歩んできた韓流エンタメ情報誌『韓国TVドラマガイド』の表紙を飾ったスターたちを、当時のエピソードなどを交えて振り返っていくシリーズ。 今回…
4年前のパク・ボゴムの笑顔、自然体な彼氏オーラが魅力のナム・ジュヒョク、色香あふれるジュノ(2PM)も初登場!【『韓国TVドラマガイド』100号振り返り!〈13〉Vol.75〜78(2018年2月〜2018年8月)】
2022.10.28
4年前のパク・ボゴムの笑顔、自然体な彼氏オーラが魅力のナム・ジュヒョク、色香あふれるジュノ(2PM)も初登場!【『韓国TVドラマガイド』100号振り返り!〈13〉Vol.75〜78(2018年2月〜2018年8月)】
日本で韓流ブームが巻き起こって約20年。韓国ドラマの人気とともに歩んできた韓流エンタメ情報誌『韓国TVドラマガイド』の表紙を飾ったスターたちを、当時のエピソードなどを交えて振り返っていくシリーズ。 今回…
『麗』“危険な皇子”イ・ジュンギ、『雲が描いた月明り』“国民の世子”パク・ボゴム、キス職人ソ・イングクも登場!【『韓国TVドラマガイド』100号振り返り!〈12〉Vol.70〜74(2017年4月〜2017年12月)】
2022.10.24
『麗』“危険な皇子”イ・ジュンギ、『雲が描いた月明り』“国民の世子”パク・ボゴム、キス職人ソ・イングクも登場!【『韓国TVドラマガイド』100号振り返り!〈12〉Vol.70〜74(2017年4月〜2017年12月)】
日本で韓流ブームが巻き起こって約20年。韓国ドラマの人気とともに歩んできた韓流エンタメ情報誌『韓国TVドラマガイド』の表紙を飾ったスターたちを、当時のエピソードなどを交えて振り返っていくシリーズ。 今回…
  1. 1
  2. 2
  3. パク・ボゴムの2ページへ