「浦和レッズ」

浦和レッズ

ホームスタジアム/埼玉スタジアム2002(入場可能数:62,010人)。ホームタウン/埼玉県/さいたま市。チームカラー/レッド。クラブ名の由来/「ダイヤモンド」と、クラブカラーの「レッド」を組み合わせた名称。チーム名は浦和レッドダイヤモンズだが、ファンからは「浦和レッズ」で親しまれている。歴史/1950年、中日本重工サッカー部として創部。1964年に三菱重工業サッカー部、1990年に三菱自動車工業サッカー部と名称を変え、1991年にJリーグ正会員に。1993年に開幕したJリーグ、現在の名称で参戦。

「浦和レッズ」の記事一覧
J2からJ1へ!沸騰「個人昇格」(2)「昨季0」C大阪・大久保嘉人すでに5ゴール爆発の「裏側」
戸塚啓
J2からJ1へ!沸騰「個人昇格」(1)日本代表に選出“第2の坂元達裕”は浦和加入の「23歳レフティー」
戸塚啓
【J1分析】浦和の連勝は3でストップ(3)浦和の光明と課題・ボール保持63%も…指揮官が求める“最後の精度”
サッカー批評編集部
【J1分析】浦和の連勝は3でストップ(2)浦和の光明と課題・関根貴大「VAR後が鍵を握る」C大阪vs浦和
サッカー批評編集部
【J1分析】浦和の連勝は3でストップ(1)浦和の「光明と課題」34歳で500試合出場GK・西川の冷静な対応
サッカー批評編集部
【J1プレビュー】直近3試合は明暗!「浦和は4年ぶりの4連勝」なるか
サッカー批評編集部
なでしこジャパン「オリンピック決勝会場の国立競技場」で戦った意味
原悦生
【J1分析】浦和3連勝!「リカルドの古巣」徳島に勝利(3)試合後リカルドと抱擁した徳島・甲本コーチ「涙の理由」
サッカー批評編集部
【J1分析】浦和3連勝!「リカルドの古巣」徳島に勝利(2)関根貴大「スタメンで掴んだ」飛び込む感覚
サッカー批評編集部
【J1分析】浦和3連勝!「リカルドの古巣」徳島に勝利(1)武田英寿のアクシデントを乗り越えた「ベテランの眼」
サッカー批評編集部
【J1浦和】リカルド・ロドリゲス監督「監督はずっと成長し続けなければいけない職業。徳島で成長した経験がレッズでも生きている」徳島戦に臨む覚悟
サッカー批評編集部
【J1プレビュー】大注目の“リカルドサッカー”対決!連勝を伸ばすのは?浦和VS徳島
サッカー批評編集部
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 16