電脳奇談の注目記事 注目記事

電脳奇談の新着記事 新着記事

「24時間365日インターネットで監視されるモルモット男」野田クリスタルが“師匠”と慕う地下芸人・かわさん(モダンタイムス)の数奇な運命とは?【1/5】
2022.5.20
「24時間365日インターネットで監視されるモルモット男」野田クリスタルが“師匠”と慕う地下芸人・かわさん(モダンタイムス)の数奇な運命とは?【1/5】
2022年3月17日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)にモグライダー、真空ジェシカ、オズワルド、ランジャタイ、ぺこぱ、ハリウッドザコシショウ、チャンス大城が出演。「地下芸人SP」と題され、出演した芸人たちが、自分たちが経験してきた苦難を語った。地下芸人の定義は難しいが、ざっくりいうと大手事務所が経営する立派な劇場ではなく、地下のライブハウスや公民館、小さな劇場、飲食店、自宅など、様々な場所でライブ活動をしている芸人たちのこと。芸能事務所に所属している芸人もいればフリーで活動する芸人もいる。ライブを開催するのは個人プロデューサーやイベント会社の場合もあるが、芸人たちによる自主企画で開催されることもあり、出演芸人は参加費を払う必要があるケースもある。
ワ〇ピース・海王類のモデルか? 伝説の魔獣・リヴァイアサンか? シロナガスクジラを遥かに超える巨大海竜の化石が発見! 推定体長50メートル超のモンスターが発見された意外な場所とは?
2022.5.8
ワ〇ピース・海王類のモデルか? 伝説の魔獣・リヴァイアサンか? シロナガスクジラを遥かに超える巨大海竜の化石が発見! 推定体長50メートル超のモンスターが発見された意外な場所とは?
人類より遥か以前に地球の海を支配した魚竜・イクチオサウルスの、定説を覆すような巨大な化石が発見され、分析の結果、全長50メートル(海上自衛隊の潜水艦を一回り小さくしたぐらい)と怪物級の大きさの可能性が強まった。果たしてこれは、伝説の魔物「リヴァイアサン」に繋がるものなのか?
あの貞子の大先輩? 日本が誇る怪談界のアイドル「お菊さん」は本家争いで大モメ!? 番町?それとも播州?皿屋敷怪談の源流そのものが最大のミステリーだった 【怪談美女「お菊さん」の謎を追う 第一回】
2022.5.6
あの貞子の大先輩? 日本が誇る怪談界のアイドル「お菊さん」は本家争いで大モメ!? 番町?それとも播州?皿屋敷怪談の源流そのものが最大のミステリーだった 【怪談美女「お菊さん」の謎を追う 第一回】
「いちま~い、にま~い……」でお馴染み日本三大怪談の一つ「皿屋敷」。そのヒロインにして怨霊の「お菊さん」には怪談の登場人物という以上に奇妙な謎が多い。そもそも「皿屋敷の元祖はどこだ?」ということですら、江戸時代から現在に至るまで論争が続いているのだ。そこでまず今回はお菊さんをも悩ませる(?)皿屋敷本家論争について見ていく。
大河では描けない渋沢栄一『ヤバすぎ都市伝説』【7】渋沢栄一と徳川家、600年越しの「血脈と因縁」
2021.9.17
大河では描けない渋沢栄一『ヤバすぎ都市伝説』【7】渋沢栄一と徳川家、600年越しの「血脈と因縁」
渋沢栄一にまつわる都市伝説の数々を巡るシリーズ最終回は、「なぜ、倒幕の志士だった渋沢が終生、徳川家に忠誠を誓ったのか?」という謎に迫るもの。そこには渋沢一族と徳川家を結び付ける600年を超える奇妙な「血と因縁の物語」が隠されていた!
大河では描けない渋沢栄一『ヤバすぎ都市伝説』【5】渋沢=フリーメイソン傀儡説の謎を追う(後編)
2021.9.14
大河では描けない渋沢栄一『ヤバすぎ都市伝説』【5】渋沢=フリーメイソン傀儡説の謎を追う(後編)
【渋沢=フリーメイソン傀儡説の謎を追う/後編】「渋沢栄一はフリーメイソンの傀儡だった」というまことしやかな都市伝説があるが、調べていくと渋沢と繋がった「もうひとつのフリーメイソン」の姿が現れてきた! 果たして、日本資本主義の父は、フリーメイソンに利用されたのか、それとも利用したのか?
大河では描けない渋沢栄一『ヤバすぎ都市伝説』【4】渋沢=フリーメイソン傀儡説の謎を追う(中編)
2021.9.13
大河では描けない渋沢栄一『ヤバすぎ都市伝説』【4】渋沢=フリーメイソン傀儡説の謎を追う(中編)
【渋沢=フリーメイソン傀儡説の謎を追う/中編】若き渋沢栄一がパリで出会ったとされるロスチャイルド家。フリーメイソンすら陰で操ったとされる国際金融財閥とはどんな歴史と野望をもつ一族だったのか? そして、明治期日本での渋沢の活躍の裏に、彼らとの密約を匂わせる動きがあったのか? 錯綜する数多くの謎を紐解いていく。
大河では描けない渋沢栄一『ヤバすぎ都市伝説』【3】渋沢=フリーメイソン傀儡説の謎を追う(前編)
2021.9.12
大河では描けない渋沢栄一『ヤバすぎ都市伝説』【3】渋沢=フリーメイソン傀儡説の謎を追う(前編)
【渋沢=フリーメイソン傀儡説の謎を追う/前編】農民から尊王攘夷の志士、倒すはずだった徳川家の名門・一橋家に仕官、さらに敵方だった明治新政府に奉職、さらにさらに実業界へ打って出て遂には資本主義の父と謳われることに。この華麗かつ謎の転身に次ぐ転身、さらには常人離れしたスピード出世や成功の陰に、フリーメイソンやロスチャイルド家との因縁があった!?
大河では描けない渋沢栄一『ヤバすぎ都市伝説』【2】使い込みに借金、フーゾク、高級ホテルで散財!? 若き日のクズ男伝説
2021.9.11
大河では描けない渋沢栄一『ヤバすぎ都市伝説』【2】使い込みに借金、フーゾク、高級ホテルで散財!? 若き日のクズ男伝説
渋沢栄一は幕末維新の「鈴木もぐら(空気階段)」だった!? 「革命のためだ!」と実家のカネを使い込み、父親から拝借した金でフーゾク三昧、大名旅行に高級旅館連泊と散財に次ぐ散財。資本主義の父・渋沢のクズ過ぎる若き日々を追う!
大河では描けない渋沢栄一『ヤバすぎ都市伝説』【1】「外国人は皆殺し!」若き渋沢が企んだ“日本壊滅”テロ計画
2021.9.10
大河では描けない渋沢栄一『ヤバすぎ都市伝説』【1】「外国人は皆殺し!」若き渋沢が企んだ“日本壊滅”テロ計画
NHK大河ドラマの主人公に取り上げられたり、新一万円札の顔となったりと、俄かに注目が集まる「日本資本主義の父」渋沢栄一。しかし、その生涯を眺めると、ギョッとするような伝説やきな臭い噂が数々と……そこで今回は全七回のシリーズで、幕末・明治の偉人、渋沢栄一の知られざる裏の顔を探る。第一回は渋沢栄一テロリスト伝説。
  1. の12ページへ
  2. 1
  3. 9
  4. 10
  5. 11
  6. 12
  7. 13