新着一覧 新着一覧

岸田政権が安倍元首相の国葬を強行する本当のワケは「怨霊への恐れ」だった⁉菅原道真、早良親王、平将門など非業の死を遂げた為政者を祀り、その力を利用する「御霊信仰」から国葬問題のウラを読み解く
2022.9.27
岸田政権が安倍元首相の国葬を強行する本当のワケは「怨霊への恐れ」だった⁉菅原道真、早良親王、平将門など非業の死を遂げた為政者を祀り、その力を利用する「御霊信仰」から国葬問題のウラを読み解く
各メディアの世論調査では反対が6割近く。足元の自民党からも反対の声が上がるなか国葬を強行する岸田政権。もちろん、亡き安倍元首相の業績をたたえ、故人を悼むためという理由づけもわからんではないが、なぜ、この状況でも「国葬」という形にこだわるのか? そこには日本史上、その時々の為政者を恐れおののかせ、政治を左右すらした怨霊への恐怖に根付いた「ある信仰」があったのではないか。古代から現代まで綿々と続く「御霊信仰」の歴史から、国葬問題の謎を読み解く。
朝倉未来率いる「BREAKING DOWN」のライバルがロシアから襲来!『ゴールデンカムイ』岩息舞治も「はあッ☆」と感動!?飛び散る鮮血!“実写版ファイトクラブ“素手で戦う格闘技「TOP DOG」が危険すぎて恐ロシア!
2022.9.19
朝倉未来率いる「BREAKING DOWN」のライバルがロシアから襲来!『ゴールデンカムイ』岩息舞治も「はあッ☆」と感動!?飛び散る鮮血!“実写版ファイトクラブ“素手で戦う格闘技「TOP DOG」が危険すぎて恐ロシア!
日本では格闘家の朝倉未来(あさくら・みくる)がアンバサダーを務める“1分間最強”を決める格闘技イベント「BREAKING DOWN」がYouTubeで爆発的な人気を集めているが、似たような動きが世界中で始まっている。 2…
アトランティス文明の末裔が築いたのか?ヨーロッパを襲った大干ばつで貯水池の底から古代遺跡が出現!本家ストーンヘンジより2000年古いスペインの謎の巨石群
2022.9.3
アトランティス文明の末裔が築いたのか?ヨーロッパを襲った大干ばつで貯水池の底から古代遺跡が出現!本家ストーンヘンジより2000年古いスペインの謎の巨石群
ヨーロッパを襲う記録的な干ばつ。甚大な被害を及ぼしている一方で、先史文明や古代のミステリーを解き明かすカギとなる遺跡が次々と浮上している。今回はその中でも世界一有名な超古代文明との関連が色濃い、スペインの謎の巨石遺跡に注目!
ドクター・ドレ―にスヌープ・ドッグ、ケンドリック・ラマ―まで!アメリカの2大ギャング“クリップスVSブラッズ”の対立に意を唱えた「スーパーボウル ハーフタイムショー」の意義【ワールド・ワイド・ギャング・リポート】
2022.8.27
ドクター・ドレ―にスヌープ・ドッグ、ケンドリック・ラマ―まで!アメリカの2大ギャング“クリップスVSブラッズ”の対立に意を唱えた「スーパーボウル ハーフタイムショー」の意義【ワールド・ワイド・ギャング・リポート】
世界中のギャング組織の情報を掘りに掘りまくることをライフワークとするライターN.A.B.E氏が贈る、日本人だけが知らない世界のギャングスタの実態を紹介するシリーズ企画「WORLD WIDE GANG REPORT(ワールド・ワイド・ギャング・リポート)」。アメリカの2大ギャング“クリップスVSブラッズ”血塗られた歴史の後篇。ハンドサインやダンスなどギャング独自の文化から、歴史的なステージの裏側まで解説。
アメリカの2大ギャング“クリップスVSブラッズ”血塗られた歴史を改めて振り返る【ワールド・ワイド・ギャング・リポート】
2022.8.27
アメリカの2大ギャング“クリップスVSブラッズ”血塗られた歴史を改めて振り返る【ワールド・ワイド・ギャング・リポート】
世界中のギャング組織の情報を掘りに掘りまくることをライフワークとするライターN.A.B.E氏が贈る、日本人だけが知らない世界のギャングスタの実態を紹介するシリーズ企画「WORLD WIDE GANG REPORT(ワールド・ワイド・ギャング・リポート)」。アメリカの2大ギャング“クリップスVSブラッズ”血塗られた歴史とは?
【日本人だけが知らない新格闘技】修学旅行の夜を再現?「枕で真剣に殴り合う格闘技」ピロウ・ファイトがけっこう本格的でビビる
2022.8.21
【日本人だけが知らない新格闘技】修学旅行の夜を再現?「枕で真剣に殴り合う格闘技」ピロウ・ファイトがけっこう本格的でビビる
アメリカン・プロレスのWWEにMMA(総合格闘技)のUFCなど、アメリカ発祥の格闘技興行は数あれど、さらに斬新かつユニークな格闘技がブームとなっている。その名は「ピロウ・ファイト」。日本人にもなじみ深いあるものを使って、現役海兵隊員からプロの総合格闘家まで熱闘を繰り広げるこの競技。いったいどんなものなのか?
【中国大陸が激震!】パンダの起源は中国に非ず!CNNまでが報じた「ジャイアントパンダの源流はヨーロッパにあり」の動かぬ証拠大発見と謎だらけの珍獣の歴史と生態を追う【日本人が意外と知らないパンダのこと】
2022.8.5
【中国大陸が激震!】パンダの起源は中国に非ず!CNNまでが報じた「ジャイアントパンダの源流はヨーロッパにあり」の動かぬ証拠大発見と謎だらけの珍獣の歴史と生態を追う【日本人が意外と知らないパンダのこと】
もう響きからして愛くるしい「パンダ」。大人も子どもも、みんな大好きな中国原産の珍獣だが、その「起源」について本家・中国を揺るがすような発見が相次いでいるのだという。CNNも報じたという「パンダ起源論争」を巡る大発見と、謎だらけの珍獣のあれこれをご紹介。
【本当は怖い大河ドラマ】『鎌倉殿の13人』ティモンディ高岸宏行が好演する仁田忠常の絶対放送されない「隊員4人が即死!呪われた洞窟探検隊」壮絶エピソードと悲惨な末路【ネタバレ注意】
2022.7.17
【本当は怖い大河ドラマ】『鎌倉殿の13人』ティモンディ高岸宏行が好演する仁田忠常の絶対放送されない「隊員4人が即死!呪われた洞窟探検隊」壮絶エピソードと悲惨な末路【ネタバレ注意】
第一回から登場し、脇役ながらティモンディ高岸宏行の好演が印象的な仁田忠常。伊豆国生まれの豪傑として知られる武士で数々の伝説を残している。なかでも浮世絵にも描かれ有名なのが「人穴探検」なのだが、これが川口浩探検隊も真っ青のとんでもないエピソードだった! 今回はその仁田忠常”やればできる”探検隊の知られざる記録と恐ろしい顛末をご紹介。
【緊急検証】警備の死角は何故生まれた?山上徹也容疑者の背後には何が?容疑者危機管理のプロ・元警視庁刑事の北芝健が分析する元首相暗殺事件の闇・後編【安倍元首相銃撃テロ事件】
2022.7.10
【緊急検証】警備の死角は何故生まれた?山上徹也容疑者の背後には何が?容疑者危機管理のプロ・元警視庁刑事の北芝健が分析する元首相暗殺事件の闇・後編【安倍元首相銃撃テロ事件】
7月8日11時30分、大和西大寺駅前で遊説中の安倍晋三元首相が銃撃され、治療の甲斐なく同日夕刻死亡するという日本中を震撼させる事件が発生した。事件直後からメディアやSNSで現場の映像が流れたが、事件の衝撃や元首相を失った悲しみ以上に、不可解な点に疑問を抱いた方は少なくないだろう。そこで、元警視庁刑事で公安警察や要人警護の経験も豊富な、危機管理のエキスパート・北芝健氏(社団法人日本安全保障・危機管理学界顧問)に、数々の謎について検証をしてもらった。
【緊急検証】警備の死角は何故生まれた?山上徹也容疑者の背後には何が?容疑者危機管理のプロ・元警視庁刑事の北芝健が分析する元首相暗殺事件の闇・前編【安倍元首相銃撃テロ事件】
2022.7.9
【緊急検証】警備の死角は何故生まれた?山上徹也容疑者の背後には何が?容疑者危機管理のプロ・元警視庁刑事の北芝健が分析する元首相暗殺事件の闇・前編【安倍元首相銃撃テロ事件】
7月8日11時30分、大和西大寺駅前で遊説中の安倍晋三元首相が銃撃され、治療の甲斐なく同日夕刻死亡するという日本中を震撼させる事件が発生した。事件直後からメディアやSNSで現場の映像が流れたが、事件の衝撃や元首相を失った悲しみ以上に、不可解な点に疑問を抱いた方は少なくないだろう。そこで、元警視庁刑事で公安警察や要人警護の経験も豊富な、危機管理のエキスパート・北芝健氏(社団法人日本安全保障・危機管理学界顧問)に、数々の謎について検証をしてもらった。
震源地は再び中国か!? ビル・ゲイツが予言する「死者1000万人・次のパンデミック」は脳が破壊される致死率75%の最恐ウイルス「二パ」が引き起こす!
2022.7.1
震源地は再び中国か!? ビル・ゲイツが予言する「死者1000万人・次のパンデミック」は脳が破壊される致死率75%の最恐ウイルス「二パ」が引き起こす!
コロナウイルスによるパンデミックを7年前に「予言」したとされるビル・ゲイツが先日、新聞社のインタビューに答えて「今後20年の間に、50%の確率で再びパンデミックが来るリスクがある」と断言した。以前から「次のパンデミック」について警鐘を鳴らしてきたゲイツだが、その「最有力候補」とされるものを、すでに関係団体を通じて指摘していたのだ。致死率75%という、その恐るべきウイルスとは──。
NYの海賊商品市場を独占!「ベトナム戦争のスローガン」を名に冠したギャングと、ベトナム人ゴッドファーザーの数奇な人生【ワールド・ワイド・ギャング・リポート】
2022.6.30
NYの海賊商品市場を独占!「ベトナム戦争のスローガン」を名に冠したギャングと、ベトナム人ゴッドファーザーの数奇な人生【ワールド・ワイド・ギャング・リポート】
世界中のギャング組織の情報を掘りに掘りまくることをライフワークとするライターN.A.B.E氏が贈る、日本人だけが知らない世界のギャングスタの実態を紹介するシリーズ企画「WORLD WIDE GANG REPORT(ワールド・ワイド・ギャング・リポート)」。ベトナム戦争における米軍のスローガン「ボーン・トゥ・キル」をギャング名に冠したベトナム難民たち。彼らの数奇な運命とは?
【NHK大河ドラマ・鎌倉殿の13人】“日本第一の大天狗”後白河法皇が恐れたのは源頼朝でも平清盛でもなく、本当の天狗になった「日本最怖の天皇」崇徳上皇の怨霊だった!【本当は怖い大河ドラマ】
2022.6.26
【NHK大河ドラマ・鎌倉殿の13人】“日本第一の大天狗”後白河法皇が恐れたのは源頼朝でも平清盛でもなく、本当の天狗になった「日本最怖の天皇」崇徳上皇の怨霊だった!【本当は怖い大河ドラマ】
西田敏行の怪演が印象的だった後白河法皇。源頼朝(演・大泉洋)や源義経(演・菅田将暉)たちを引っかき回しては“同族殺し”で血の雨を降らせた平安末期きってのトリックスター。付いたあだ名が「日本第一の大天狗」(by源頼朝)。大河ドラマの最後では「守り抜かれよ……」と謎の言葉を残したが、本当は誰から何を守り抜きたかったのか? その答えには歴史に秘められた恩讐と怨霊の物語があった──。
アメリカとロシアを股にかける謎多きストリートギャング「アルメニアンパワー」とは?【ワールド・ワイド・ギャング・リポート】
2022.6.25
アメリカとロシアを股にかける謎多きストリートギャング「アルメニアンパワー」とは?【ワールド・ワイド・ギャング・リポート】
世界中のギャング組織の情報を掘りに掘りまくることをライフワークとするライターN.A.B.E氏が贈る、日本人だけが知らない世界のギャングスタの実態を紹介するシリーズ企画「WORLD WIDE GANG REPORT(ワールド・ワイド・ギャング・リポート)」。記念すべき第一弾はガチで日本人が知らないだけで世界中の闇社会に根を張る「アルメニアンパワー」。誰それ? どこの国のギャング?と思った方は、まずご一読を。
ジョニー・デップ説も飛び出したテキサス州アマリロに現れたUMAは伝説のビッグフットなのか?都市伝説の怪物チュパカブラなのか?はたまたネイティブアメリカンの伝説に残るモンスターなのか?現地に伝わる伝説をもとにその正体に迫る!
2022.6.18
ジョニー・デップ説も飛び出したテキサス州アマリロに現れたUMAは伝説のビッグフットなのか?都市伝説の怪物チュパカブラなのか?はたまたネイティブアメリカンの伝説に残るモンスターなのか?現地に伝わる伝説をもとにその正体に迫る!
突如、SNSでバズった一枚の画像。そこには奇妙な生き物(?)の姿が……。テキサス州アマリロに現れた「UAO(未確認物体アマリロ)」とは何者なのか? ビッグフット説から全裸中年男性説、はたまた日本ではまだ知名度の薄い伝説のUMA説まで、その正体について検証する。
実は「パンダなみの珍獣」だった!?昔話や伝説でおなじみ日本全国に生息する身近な動物が、世界では激レアさんだった件
2022.6.17
実は「パンダなみの珍獣」だった!?昔話や伝説でおなじみ日本全国に生息する身近な動物が、世界では激レアさんだった件
奈良時代にまとめられた『日本書紀』ではすでに妖怪として登場。狐や河童などと並び人を化かす「あやかし」として昔話や伝説にちょくちょく登場する「あの生き物」。 最近では都市部でも出没しては害獣駆除されたり、よく道路で轢かれたりと雑な扱いをされているが、実は出るとこに出れば「世にも珍しい生き物」としてありがたがられるんだとか。そんな“やつら”の意外なエピソードを一挙出し!
【NHK大河ドラマ・鎌倉殿の13人】鎌倉最大のテロ事件!?陰謀渦巻く「曾我兄弟の仇討ち」の陰で続発していた怪異! 事件に関わる人物たちの悲惨な死は予言されていた【本当は怖い大河ドラマ】
2022.6.12
【NHK大河ドラマ・鎌倉殿の13人】鎌倉最大のテロ事件!?陰謀渦巻く「曾我兄弟の仇討ち」の陰で続発していた怪異! 事件に関わる人物たちの悲惨な死は予言されていた【本当は怖い大河ドラマ】
いよいよ鎌倉最大のテロ事件「曽我兄弟の仇討ち」が放送されるNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』。事件の真相もミステリアスだが、当時の記録にはその斜め上をいく怪事件が記録されていた……。そして、それは事件に関わる人々の悲惨な末路を予言していたのだ!
世にも珍しい「双頭のトカゲ」ピーター&チップが仲良く捕食するシーンをアメリカの動物園が公開!
2022.6.11
世にも珍しい「双頭のトカゲ」ピーター&チップが仲良く捕食するシーンをアメリカの動物園が公開!
「双頭の巨大怪蛇ゴーグ」なら川口浩探検隊だが、こちらはトカゲ。マヤ神話の最高神「イツァム・ナー」は双頭のトカゲ(あるいはイグアナ)の姿で現れるというが、米・カリフォルニア州の動物園で公開された映像にはまさしく二つのアタマをもった奇妙な姿が。「ピーター&チップ」と名付けられた二匹(いや一匹?)の愛くるしい食事姿をご紹介。
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 新着一覧の2ページへ